シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年12月  】 更新履歴 

  12.20.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その1   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その1

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 平和だった時代の飛空客船アルクス・プリーマ私もすっかり年老いた。外を歩く事さえままならない。こうして椅子にもたれて、窓から見える空を見上げていると、あの日の事が脳裏によみがえる。私はあの日の出来事を…あの日見た光景を…いまだにはっきりと覚えている。数え切れないほどたくさんの乙女たちが、風に乗って大空に羽ばたいて行ったあの日の事を…あの日、空に大きな虹が掛かった。乙女たちは、まるで白鳥のように舞い上が...全文を読む

前月     2013年12月       翌月

 更新履歴カレンダー