シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年12月  】 更新履歴 

  12.28.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その4   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その4

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 宮国の遺跡の地下深くに埋もれていた古代神殿 アーエルとネヴィリルは、大空陸に帰ってきてから、やっと人心地がついた思いがしていた。 二人の仮住まいは、嶺国の発掘作業員が使い捨てた粗末な作業小屋だったが、ひとまずは雨露もしのげたし、何よりも追われる心配をせずに過ごせるのがうれしかった。 この日、二人は泉で入浴を済ませ、身体の汚れを綺麗に落として着替えをしていた。 グラギエフが持ってきてくれた着替えは、...全文を読む

前月     2013年12月       翌月

 更新履歴カレンダー