シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年12月  】 更新履歴 

  12.30.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その5   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その5

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 嶺国の少女達が描く 旅立つ友を送る朝凪のリ・マージョン アーエルが指差した先には、祭壇と思しきものがあった。 当然、テンプスパティムが祭られている。とばかり思っていたネヴィリルには見つけられなかった訳だ。 その巨大な石の祭壇の上には、大きな車輪のついたピラミッドが祭られていた。 車輪は七重の輪でできていて、輪の中に七つの渦巻き文様が刻まれていた。 その下の台座に、輪を指し示す4人の巫女らしき人物のレ...全文を読む

前月     2013年12月       翌月

 更新履歴カレンダー