シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年02月  】 更新履歴 

  02.02.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第3話 【花叢】 その4   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第3話 【花叢】 その4

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 大聖堂のシムーン・エアポート ネヴィリルとアーエルのシムーンが、鮮やかな飛行を見せながら、大聖堂のエアポートに着陸した。 かってはアルクス・プリーマが係留されていたドックは、今はシムーンのエアポートになっていた。(見事な飛行。そつのない着陸…あんなに巧みにシムーンを操るなんて、一体誰だろう?) 物陰からそれを見ていた一人の少女がつぶやいた。 彼女こそ嶺国12神将の一人で、占領下にある首都ソムニアの空...全文を読む

前月     2014年02月       翌月

 更新履歴カレンダー