シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年03月  】 更新履歴 

  03.03.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その2   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その2

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 コール・ブルーメの訓練場となった古代遺跡 翌日、整備主任に任命されたワポーリフは、整備士たちに命じてシュミット・シムーンを調整させた。「これでだいぶん操縦しやすくなるはずです。アウリーガとサジッタの連携部に手を加えたましたから」「大丈夫でしょうか?」 ネヴィリルが心配そうにワポーリフに言うと、彼は自信たっぷりに言った。「ご心配なら、お二人とも一度シュミット・シムーンに乗ってみてはいかがですか?ええ...全文を読む

前月     2014年03月       翌月

 更新履歴カレンダー