シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年03月  】 更新履歴 

  03.07.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その4   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第4話 【境遇】 その4

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 コール・ブルーメの少女達が描く「隼のリ・マージョン」 アーエルとネヴィリルは、格納庫で仕事をしていたワポーリフをバルザミーネとネルケの古代シムーンの前に連れて来た。「お願いしたい事があります。ワポーリフ」「何でしょうか?シュヴィラ・ネヴィリル。それにシュヴィラ・アーエル」「この古代シムーンをチューニング・アップしてもらえないでしょうか?少しでもシュミット・シムーンに近づくように」「多分、それは難し...全文を読む

前月     2014年03月       翌月

 更新履歴カレンダー