シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年05月  】 更新履歴 

  05.31.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その2   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その2

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 シムラクルム大聖堂前の広場 嶺国に占領されたシムラクルム大聖堂にも、年に一度の『神の降臨祭』がやってきた。 聖堂前の広場には大勢の民衆が集まって、一人一人が聖なる巫女に祝福を受ける儀式を待っていた。 その前日の事、首都防空隊長のブリュンヒルデは、宮守のエルフリンデと口論をしていた。「じゃぁ、あなたの部隊からは一人も巫女を派遣できないの?」エルフリンデが困った顔をして言った。「いつ礁国の飛行爆弾が飛...全文を読む

前月     2014年05月       翌月

 更新履歴カレンダー