シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年06月  】 更新履歴 

  06.30.  【 オリジナル詩集 】  カタストロフ   さわりを読む▼
  06.28.  【 アニメ /コミック 】  「進撃の肉食女子」オタク達の落日:特別公開!   さわりを読む▼
  06.26.  【 まぼろし 小説本編 】  まぼろし 第6話 「写し世」 (2)   さわりを読む▼
  06.24.  【 まぼろし 小説本編 】  まぼろし 第6話 「写し世」 (1)   さわりを読む▼
  06.22.  【 アニメ /コミック 】  アニメ「進撃の巨人」と不毛な現代資本主義社会   さわりを読む▼
  06.21.  【 随想/論文集 】  終章 プロジェクト「人類保護計画・メトセラの子」   さわりを読む▼
  06.19.  【 オリジナル詩集 】  星の物語(2) ~遥かなる星の彼方に~   さわりを読む▼
  06.17.  【 随想/論文集 】  日本を取り戻す?だと…   さわりを読む▼
  06.15.  【 随想/論文集 】  「島唄」 ~戦火に散ったはかない恋~   さわりを読む▼
  06.14.  【 随想/論文集 】  続 プロジェクト「人類保護計画・聖書の謎」   さわりを読む▼
  06.12.  【 随想/論文集 】  プロジェクト「人類保護計画」   さわりを読む▼
  06.10.  【 随想/論文集 】  「ドナドナ」 ~生と死を見つめて~   さわりを読む▼
  06.08.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その5   さわりを読む▼
  06.06.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その4   さわりを読む▼
  06.04.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その3   さわりを読む▼
  06.02.  【 アニメ /コミック 】  「魔法少女まどか☆マギカ」 脚本家・虚淵玄 神の不条理に挑む!   さわりを読む▼


カタストロフ

オリジナル詩集

 カタストロフあの日は 雪が降っていた俺は 街へ出て行った女は 死んだそうだきっと 運が悪かったんだろうちょっと 前まではニブロールを 飲んで ※(釈有)ラリったまま あいつらとディスカッションも 良くしたが同志だ何て思った事は 一度もなかったやりたいやつには やらせとけ今の世の中 どうにもならないさってうそぶいてうらぶれた 路地のサロンに入ったらやっぱり 俺みたいなやつが居た※ (▲)画面をクリックし...全文を読む


「進撃の肉食女子」オタク達の落日:特別公開!

アニメ /コミック

 <進撃の巨人風 お笑いアニメ?>西暦20XX年…突如!現れた「進撃の肉食女子」によって、人類男子は恐るべき童貞の危機に見舞われた。そこで、人類男子は神聖な壁を築いて、外を徘徊する「肉食女子」から大切な?を守る為、二次元に引きこもった。しかし、時が経つにつれ、三次元の女子を知りたいと言う欲求が募り、ついに肉食女子調査兵団が結成された。だが、無謀にも壁外調査に行った調査兵団の男子は、ことごとく肉食女子に食わ...全文を読む


まぼろし 第6話 「写し世」 (2)

まぼろし 小説本編

 「何だって!西暦2000年?書き間違えてるんじゃないのか?…今年は2014年だろうが」「いや、1999年だ!今年は西暦1999年だよ」若い男は言った。「そんな事あるもんか~。だってほら携帯の日付は…」 仮初がポケットから携帯を取り出して見ると、日付は、1999年〇月〇日となっていた。「俺はどうかしちまったのか~?一体ここは何処なんだ?俺の住んでたマンションは何処にある?」「ここにあったさ。間違い無くな…多分、何年後かに...全文を読む


まぼろし 第6話 「写し世」 (1)

まぼろし 小説本編

 <オリジナル/ホラー/ファンタジー/ミステリー>人の目はすべてを見ている訳ではありません。この世には人に見えない世界があります。これから、あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議な時間と空間に入って行くのです。 あなたが今いる世界、あなたが見ているこの世は、本当に実在しているのでしょうか? もしかして、それはあなた自身も含め、誰かに描き出されているただの「写し絵」に過ぎないかも知れません。 今夜は...全文を読む


アニメ「進撃の巨人」と不毛な現代資本主義社会

アニメ /コミック

 ネット・サーフィンをしていると、あちらこちらで「進撃の巨人」に関する記事や、二次作品を見掛けます。なぜ、この作品がこれほど若者達に絶大な支持を得ているのだろう?と考えると、色々と思い当たる節があります。作者の「諫山創」さんは、とても若い漫画家で、視聴者(読者)層である若者と共通の時代感覚を持って生きています。人類がクリーチャーと戦う物語は、特に目新しいジャンルでは無く、展開されるバトルも驚異的と言...全文を読む


終章 プロジェクト「人類保護計画・メトセラの子」

随想/論文集

 これからするお話は、或いは「オカルト」と呼ばれる分野に入るかも知れません。なので、信じられないと思われる方は、無理に信じようと努力する必要はございません。まず最初に、厳重にブロックされた組織のコンピューターに侵入し、自在に操れる人間はいるだろうか?と言う疑問があります。それが居るのです!…私は、国家だろうと、巨大組織のコンピューターだろうと、自由に操れそうな人をこの目で見ました。それは、私がBarを経...全文を読む


星の物語(2) ~遥かなる星の彼方に~

オリジナル詩集

 ~遥かなる星の彼方に~その方は ネット上に現れるだろうそれまでの概念を 全て覆すほどのハッカーで厳牢に構築された いかなるセキュリティも乗り越え世界各国の 軍事指揮系統を麻痺させるだろう世界各国の法や制度の 矛盾を改めてしまうだろう自らの存在意義を否定された 為政者達は怒り狂いその方を 世界を混乱させるテロリストと呼ぶだろうだが心ある人は その方の声に耳を傾けるだろう新しい世界を望む人々は その方...全文を読む


日本を取り戻す?だと…

随想/論文集

 誰も過去を取り戻してくれとは頼んで無いぞ!栄光と一緒に、悲惨な過去もついて来る後ろ向きに進んでどうするんだ~?もっとしっかり未来を向いて進め!国民は他国との平和・共存を望んでいるふ~~ぅ……疲れる総理大臣じゃわい>_...全文を読む


「島唄」 ~戦火に散ったはかない恋~

随想/論文集

 アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のテーマ曲で有名な「THE BOOM」その代表曲は何と言っても、沖縄民謡をアレンジした「島唄」でしょう。<島 唄>でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来たでいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来たくり返す悲しみは 島渡る波のようウージの森で あなたと出会いウージの下で 千代にさよなら島唄よ 風に乗り鳥とともに 海を渡れ島唄よ 風に乗り届けておくれ わたしぬ涙でいごの花...全文を読む


続 プロジェクト「人類保護計画・聖書の謎」

随想/論文集

 さて、前回の随想(妄想)で、人類以外の先進文明(神?)が行なった「人類保護プロジェクト」の概要を述べました。現存している書物の中で、その痕跡がはっきりと、尤も詳しく記されているのは、やはり何と言っても「新約聖書」でしょう。イエスが起した奇跡は、後世の信徒による作り話とされてますが、それこそが先進文明の証と考えられなくはないでしょうか?もし、彼がクローンニングされたミュータントであったなら、物質の組...全文を読む


プロジェクト「人類保護計画」

随想/論文集

 歴史の中に作為された痕跡を見つけたのは、う~んと若い頃の事でした。勿論、歴史は勝者(支配者)の手によって書かれるので、粗方、真実は捻じ曲げられているのですが…しかし、私が見つけた痕跡は、全世界に渡っていて、規模も大きく、何処かの皇帝や、王侯貴族が為せる技では無かったのです。これは何者の仕業なのか?これだけの規模になると、もう歴史家の手には負えず、違う発想を用いなければ解き明かせない謎でした。古今の...全文を読む


「ドナドナ」 ~生と死を見つめて~

随想/論文集

 ある女性ブロガーの記事を拝見していたら、とっても懐かしい歌に出会いました。昔、アメリカのフォーク歌手「ジョーン・バエズ」が歌い、それを作詞家の「安井かずみ」さんが邦訳された曲。「ドナドナ」 ~Dana Dana~ ある晴れた 昼さがり 市場へ つづく道 荷馬車が ゴトゴト 子牛を 乗せてゆく 何も知らない 子牛さえ 売られてゆくのが わかるのだろうか ドナ ドナ ドナ ド~ナ 悲しみをたたえ ドナ ドナ ド...全文を読む


乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その5

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 嶺国を狙って侵入して来た礁国の巨大飛空母艦「山の陰から何かが出てきたよ?ネヴィリル」驚いたアーエルが言った。「すっごく大きい飛空船だっ!」少女たちもびっくりした。「あれは…きっと礁国軍の飛空母艦だわ」ネヴィリルがそう答えた。(狭い谷間の乱気流の中で飛空船を操るとは、よほど腕のいい艦長なのか?それともここの地形をよく知っているのか?) もしや…?と言う思いが頭をよぎった。ネヴィリルは何か胸騒ぎを覚えた...全文を読む


乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その4

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 煙を吹きながらエアポートに着陸するシムーン 大聖堂のエアポートに、煙を吹き上げながら、傷ついたシムーンが舞い降りて来た。「お~いっ!担架を急げ」「早く火を消し止めろ!」救急隊や整備員たちが、慌てて駆け寄った。 知らせを聞いて駆けつけたブリュンヒルデは、もうハッチによじ登って、怪我を負った二人のシュヴィラを助け出そうとしていた。「アルテ、フリッカ、待ってて!今すぐ助けてあげるから」「シュヴィラ・ブリ...全文を読む


乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その3

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 礁国軍の攻撃にさらされる「イラの街」 礁国軍に囲まれて孤立したイラの街が遠くに見えてきた。 コール・ブルーメの少女たちは、ブリュンヒルデ率いる首都防空隊に護衛されながら中部の平野を横切ってここまできた。「では、お先にまいります。シュヴィラ・アウレア…どうかお気をつけて」ブリュンヒルデがネヴィリルに告げた。「あなたもどうかご武運を…ブリュンヒルデ」ネヴィリルはそう言ってエールを返した。「私はシュヴィラ...全文を読む


「魔法少女まどか☆マギカ」 脚本家・虚淵玄 神の不条理に挑む!

アニメ /コミック

 「魔法少女まどか☆マギカ」 これほどの作品を語るには、よほどの覚悟を決め、腹を括って語らなければならないでしょう。テーマの壮大さ、構想の物凄さ、物語の奥の深さ、いずれをとってもアニメの歴史に金字塔を打ち立てた作品だからです。およそ人類の理想は、差別も無く、貧困も無く、戦争も無い、本当の人間社会を創り上げる事にあると言えましょう。しかし、現実に人類の歴史を見る限りでは、その理想とは裏腹に、むしろ逆向...全文を読む

前月     2014年06月       翌月

 更新履歴カレンダー