シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年06月  】 更新履歴 

  06.08.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その5   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その5

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 嶺国を狙って侵入して来た礁国の巨大飛空母艦「山の陰から何かが出てきたよ?ネヴィリル」驚いたアーエルが言った。「すっごく大きい飛空船だっ!」少女たちもびっくりした。「あれは…きっと礁国軍の飛空母艦だわ」ネヴィリルがそう答えた。(狭い谷間の乱気流の中で飛空船を操るとは、よほど腕のいい艦長なのか?それともここの地形をよく知っているのか?) もしや…?と言う思いが頭をよぎった。ネヴィリルは何か胸騒ぎを覚えた...全文を読む

前月     2014年06月       翌月

 更新履歴カレンダー