シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年08月  】 更新履歴 

  08.02.  【 「ニッポン」不思議な国の成立ち 】  (14)邪馬台国 渡世人無頼帳 (木枯し紋次郎編)   さわりを読む▼


(14)邪馬台国 渡世人無頼帳 (木枯し紋次郎編)

「ニッポン」不思議な国の成立ち

 その頃、邪馬台宗社の拝殿には、同じく手下を連れた狗奴組の若衆頭が、殴り込みを掛けておりました。そして、あられも無く逃げ惑ううら若い姫巫女を捉まえて、狼藉を働こうとしていたのでございます。そこへふらりと通り掛った、縞の合羽に三度笠。股旅姿の風来坊…口に咥えた長楊枝がヒュッ!と飛んだのでございます。若衆頭 「いてぇっ!てめぇ、何しやがんでぇ!俺達の邪魔をしようってのか?」紋次郎 「いぇいぇ、死んだお袋...全文を読む

前月     2014年08月       翌月

 更新履歴カレンダー