シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年08月  】 更新履歴 

  08.28.  【 シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編 】  乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その6   さわりを読む▼


乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その6

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

 元はコール・テンペストのメンバーだった「泉の大宮煌・ユン」 すでに日は昇って、辺りは明るくなってきていた。 礁国のシミレが空を飛ぶ爆音が少女たちの耳に聞こえて来た。空の上には黒い航跡が見えた。「敵のシミレが飛んでいる…きっと私たちを探しているんだわ」ハイデローゼが言った。「ラクリマ鉄橋が爆撃された報告が届いたんだろうね…早く逃げなきゃまずいな」イリスが警告した。「でも、バルザミーネとネルケはどうする...全文を読む

前月     2014年08月       翌月

 更新履歴カレンダー