シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年10月  】 更新履歴 

  10.25.  【 「呪詛」ダヴィンチコードの謎を解く 】  「赤とんぼ」に込められた呪詛   さわりを読む▼


「赤とんぼ」に込められた呪詛

「呪詛」ダヴィンチコードの謎を解く

 童謡「赤とんぼ」夕焼小焼の、赤とんぼ負われて見たのは、いつの日か 「赤とんぼ」がゼロ戦(零式艦上戦闘機)を指す事は、以前からよく知られています。 「負われて」…と言うのが、暗に日本が戦争に負けるであろうと言う予言だと言うのもうなづける節があります。 だがなぜか、冒頭の「夕焼小焼の」と言う歌詞には、妙に引っ掛かるものがあるのです。山の畑の、桑(くわ)の実を小籠(こかご)に摘んだは、まぼろしか 素直に...全文を読む

前月     2014年10月       翌月

 更新履歴カレンダー