シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年12月  】 更新履歴 

  12.30.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (9)   さわりを読む▼
  12.28.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (8)   さわりを読む▼
  12.26.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (7)   さわりを読む▼
  12.24.  【 アニメ /コミック 】  PSYCHO-PASS-サイコパス-2 「全能者のパラドクス」   さわりを読む▼
  12.22.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (6)   さわりを読む▼
  12.20.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (5)   さわりを読む▼
  12.18.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (4)   さわりを読む▼
  12.16.  【 随想/論文集 】  アドルフ・ヒトラー   さわりを読む▼
  12.15.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (3)   さわりを読む▼
  12.13.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (2)   さわりを読む▼
  12.11.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (1)   さわりを読む▼
  12.09.  【 随想/論文集 】  駆逐艦 「雪風」 はなぜ生き残ったのか?   さわりを読む▼
  12.07.  【 アニメ /コミック 】  Fate/stay night U.B.W ~正義と言う名の悪~   さわりを読む▼
  12.05.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (10)   さわりを読む▼
  12.03.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (9)   さわりを読む▼
  12.01.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (8)   さわりを読む▼


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (9)

ビーストハンター 小説本編

  そんなある日の事、事務所の受付でヒナを相手に遊んでいるウィルを見ながら沙羅が言った。「ねぇ、ウィルちゃんはもう小学校にいく年齢じゃないかしら?」「そう言えば、そんな気もするなぁ」ジョーは漫然と答えた。 ウィルは、栄養不足と教育を受けていないせいで随分幼く見える。 けれども、子供を育てる女の目から見ると素振りだけで本当の年齢が分かるのだろう。「だとしたらいかせてやらなきゃならないわよね…小学校」「...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (8)

ビーストハンター 小説本編

 「なっ、何だよ?この子は…いったいどうなってんだ?」 見ると薄汚れていたウィルは、お人形さんのようなフリル付きの服を着て足には可愛い靴を履いていた。 おまけにボサボサだった頭はヘアーリボンで飾られ、赤毛の髪は綺麗にカットされてカールまで掛けられていた。「おぃおぃ、まるでお姫様じゃぁないか?誰もここまでしてくれって頼んだ覚えはないぞ」「まぁまぁ、いいじゃない。衣装以外は私たちのおごりだから…ね、ウィル...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (7)

ビーストハンター 小説本編

  それを見ていたジョーが、ポケットから財布を取り出して、二、三枚のお札をウズメに差し出した。「ウズメ姉さん。これでコイツの服買って来てやってくれないか。俺には女の子の服なんて全然分からん」「いいわよ。じゃ、サイズ合わせに連れて行くわね」 ウズメは、ジョーに少女の買い物を頼まれた事が、よほどうれしい様子だった。「あァ、頼むよ」「私も行くわ」突然、沙羅がそう言い出した。「私も~」ヒナまでが、一緒に付い...全文を読む


PSYCHO-PASS-サイコパス-2 「全能者のパラドクス」

アニメ /コミック

 SF作家「冲方丁」さんの手が加わったPSYCHO-PASS2は、ある意味、前作よりも面白くて哲学的なドラマでした。PSYCHO-PASS2では、裁けないものは無いはずのシビュラシステムに対し「鹿矛囲桐斗」と言う裁けない存在が現れます。完全な社会管理システムであるシビュラは、管理された社会を破壊しようとする鹿矛囲を密かに暗殺しようと企てます。自らが設けた法を、自らの手で破ろうとするシビュラに対して、常守朱監視官はこう問うの...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (6)

ビーストハンター 小説本編

 「だめだ、全然通じないわ」沙羅はお手上げ…という顔をした。「本人がウィルだって言うんだから、それでいいじゃないか」 ジョーは名前なんかより、少女のこれからの事が気になって仕方がなかった。「グゥ~ッ!」と、目が覚めてから少し元気の無かった少女のお腹が鳴った。「何も食ってないんじゃないのか?」その音を聞いたツクモが言った。「そうだな。あれからだいぶん経つからな…何か食う物ないか?」ジョーは女性たちに聞い...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (5)

ビーストハンター 小説本編

  新都「ネオ東京」の12番街のはずれにある音羽警備の車庫に着いたイェーガーたちは、それぞれビークルを降りた。 ジョーはまるで荷物でも担ぐように眠っている少女を抱えて、シャルクを連れたシュンやヒジリと階段を上がって行った。 三人が事務所のドアを開けてシャルクを中に入れると、早速、事務員のヒナが出迎えた。「お帰りなさい」「おぅ、今回は大漁だったぜぃ!」シュンが自慢気に言った。「おぉ、ご苦労さん」 別の任...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (4)

ビーストハンター 小説本編

 「おぉ、お帰りソルジャー…こっちは片付いたよ。そっちはどうだった?」シュンが言った「あぁ、終った」 ジョーはそっけなく答えて、少女を肩から下ろした。「帰りを待っとたで~…で、何やねんその子は?」少女を見たヒジリが怪訝そうに尋ねてきた。「俺が母親を巻き込んでしまってな」「難民だろ…なら、問題ないじゃん。市民以外ならビースト法には引っ掛からない」 シュンはあっさりそう言ったが、生真面目なジョーは気に病ん...全文を読む


アドルフ・ヒトラー

随想/論文集

 多くの日本人はナチス党総統「アドルフ・ヒトラー」は、クーデターなどの非合法手段によって政権を取ったと思っている。その認識は間違っている。彼は民主主義に則った総選挙により、正当な国民の支持を受けてドイツの指導者となった。当時の世界は、第一次世界大戦後の世界恐慌に喘いでおり、どの国も経済は閉塞して行き詰まり、先の見えない状態にあった。ましてや、敗戦国であるドイツの経済は著しく落ち込み、失業者は増大して...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (3)

ビーストハンター 小説本編

  ジョーの前にいた母親がとっさに子供をかばうように抱え込んだ。その胸を一発の銃弾が貫いた。「アッラー・アクバル~ッ!」 ゴミ山の上に立ったテロリストが、勝ち誇ったように叫んだ。 だが次の瞬間、ゴミ山の横から回り込んだボルテがものすごい勢いで男に向かって行った。 男はボルテの突進を避けようとしてよろっ!と体勢を崩した。その一瞬をジョーは見逃さなかった。「バシュッ!」ジョーのモーゼル C-96から放たれた...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (2)

ビーストハンター 小説本編

  彼らが外に出ると、テロリストたちが表通りを二手に分かれて逃げて行くのが見えた。「わてはネトゲと二人組みを追うわっ…もう一人の方はソルジャーに任せたでっ!」ヒジリが言った。「あぁ!分かった」ジョーはすぐさま返事を返した。 放たれたカイザーとサムソンが、たちまち一方に逃げた二人組のテロリストを追い掛け始めた。「ヒュッ!」と言うジョーの口笛よりも早く、獲物を見つけたボルテも反対側に逃げた男を追って駆け...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (1)

ビーストハンター 小説本編

 <オリジナル/SF/アクション>荒れ果てた街の中は、汐の香りが入り混じったすえった臭いを漂わせていた。人々に見捨てられた街のはずれにある、東京租界はゴーストタウンさながらのたたずまいを見せている。水没をまぬがれた旧東京の一角にあるこの地区は、かっては各国から来た難民が住まう国連の租借地だった。その昔、世界規模の気候変動と自然災害によって住む土地を失った世界各地の人々が、仕事と安全を求めて日本にきた...全文を読む


駆逐艦 「雪風」 はなぜ生き残ったのか?

随想/論文集

 1945年4月7日、戦艦「大和」を中心とした10隻の艦隊が、九州坊ノ岬沖で、圧倒的な米艦載機の攻撃を受け全滅しました。戦闘機の護衛も無しで、沖縄洋上に展開する米機動部隊に特攻を仕掛けると言う無謀な「天一号作戦」の悲劇でした。この戦闘で、3700名以上の尊い将兵の命が失われ、旧日本海軍「連合艦隊」は事実上壊滅したのです。だが、そんな地獄の戦場で大きな損傷も無く、ただ1隻だけ生き残った船がいました。それが駆逐艦「...全文を読む


Fate/stay night U.B.W ~正義と言う名の悪~

アニメ /コミック

 Fate/stay night U.B.W ~正義と言う名の悪~ここでは、第7話で語られる少年・衛宮士郎と、後に英霊となった本人・アーチャーの葛藤に言及してみたいと思います。「Fate/zero」において、民主主義の原理に則って、多数の人を救う事こそが正義だと信じて闘った士郎の養父・衛宮切嗣。だが、結果として、彼は誰一人救う事すら出来ず、却って冬木市に大最悪を招いてしまいました。「正義はむずかしい。誰か(多数)を救うと言う事は、...全文を読む


ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (10)

ビーストハンター 小説本編

 「体売る事もできないし、それに見つかったら再犯は殺処分だろ…ゴミ拾いや掃除婦やりながら細々と食ってるよ」「そうかぁ…そりゃぁ気の毒なこった。今時は犯罪やったら人生終りだもんな」「まぁ、女子のブタ小屋の話だから、男子のブタ小屋までは知らないがね」「う~ん、何かあるんかな~…いや、実はさっき沙羅さんと音羽さんの話をしててな」「あんたっ!沙羅ちゃんに父親さんの話をしたんかい?幾ら何でもそりゃぁ惨すぎるだろ...全文を読む


ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (9)

ビーストハンター 小説本編

 「運転手はハンドルを切り損ねて、ジープは崖下に真っ逆さま…びっくりした娘が崖下に下りてみると、人民解放軍の兵隊は全員死んでいたが、犬は傷だらけになりながらも生きていたそうだ」「大したもんだな~…動物の生命力ってのは」「少女はルージュを村に連れて帰って手当てしたんだが、事情を知った村長は、中国政府の報復を恐れて少女と犬を村から追い出した」「そりゃぁ、可哀そうにな~」「村を追い出された少女と犬は、着の身...全文を読む


ビーストハンター 第1話 狩猟免許と言う名の殺人許可証 (8)

ビーストハンター 小説本編

 「お~ぃ、ウズメねえさん…いるかい?」「いるよ。今シャワーを浴びて上がったところさね」「ちょっくら邪魔していいかな?まさか裸じゃぁねぇだろうな?」「何言ってんだい。あたいが裸になる時は、客から金取る時だよ…で、何か用かい?」「ちょっと聞きたい事があってな」「まぁ、入んなよ」「そいじゃぁ、お邪魔させてもらうよ」ツクモはドアを開けて中に入った。 小奇麗に飾られた部屋の中では、バスローブを身にまとったウズ...全文を読む

前月     2014年12月       翌月

 更新履歴カレンダー