シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2015年01月  】 更新履歴 

  01.30.  【 未分類 】  砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(1) ~ビーストハンター外伝~   さわりを読む▼
  01.28.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (3)   さわりを読む▼
  01.26.  【 随想/論文集 】  レジスタンス -抵抗運動-   さわりを読む▼
  01.24.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (2)   さわりを読む▼
  01.22.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (1)   さわりを読む▼
  01.20.  【 アニメ /コミック 】  「寄生獣」と「東京グール」に見る共存共生の思想   さわりを読む▼
  01.17.  【 オリジナル詩集 】  亡き妻を恋うる詩   さわりを読む▼
  01.15.  【 オリジナル詩集 】  零時50分発 不幸行   さわりを読む▼
  01.13.  【 オリジナル詩集 】  珈琲人生論   さわりを読む▼
  01.11.  【 死とは何か? 】  生と死 序章   さわりを読む▼
  01.09.  【 随想/論文集 】  イスラム過激派「仏社襲撃事件」は何の前触れ?   さわりを読む▼
  01.07.  【 随想/論文集 】  潜水艦「イ-58号」艦長:橋本以行少佐   さわりを読む▼
  01.05.  【 随想/論文集 】  駆逐艦「雪風」艦長:寺内正道中佐   さわりを読む▼
  01.03.  【 ビーストハンター 小説本編 】  ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (10)   さわりを読む▼
  01.01.  【 随想/論文集 】  ロシア君と、アメリカ君と、中国君   さわりを読む▼


砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(1) ~ビーストハンター外伝~

未分類

 <オリジナル/SF/アクション>※ この物語はフィクションであり、実在の人物・組織・国家とは何ら関係はありません。まだ東京が海の底に沈まず、ビースト法も、テロリストや犯罪者を狩るイェーガーも存在しなかった遠い昔。今日の荒れた時代への幕を開け、日本の歴史をも変える転換点となった一つの出来事があった。<第一節:甦ったゼロ戦> シリア北部の空は雲一つなく晴れ渡っていた。 空の彼方からかすかに聞こえて来た爆...全文を読む


ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (3)

ビーストハンター 小説本編

  「商品は揃ったか?」店を訪ねてきたジャーダンの幹部が言った。 「大体は…今回は上玉が揃っていると思います」建勝はそう答えた。 「よし。俺が品定めをしてやろう…一週間後に東京港を立つ『永泰号』で向こうに送る」 客の振りをしたジャーダンの幹部は何人かの女の子を呼んだ…その中には千恵子も入っていた。 彼女のかいがいしい接客振りを見て、いたく千恵子が気に入ったジャーダンの幹部は建勝に言った。「あの女はなか...全文を読む


レジスタンス -抵抗運動-

随想/論文集

 イスラム国の日本人人質事件に対して、それを皮肉る若者達のコラージュ画像がネットで話題を呼んでいます。さすがに二次元文化大国・日本だけあって、アニメや漫画を巧みに取り入れたセンスのいい作品が目に付きます。日本人からは「人の命が懸っているのに不謹慎だ」「悪ふざけをして遊ぶのはヤメロ!」と言う意見も出ています。一方、海外の反応はまったく違います「君達もシャルリー・エブドだ」「自由を守れ」「日本人に続け」...全文を読む


ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (2)

ビーストハンター 小説本編

 「もし、お前に万が一の事があった時はこれを使え。栄達」 そう言いながら、建勝はテーブルの上に置いていたグロッグの小型拳銃を栄達に渡した。「兄貴はどうするの?」栄達が心配そうに尋ねた。「なぁに、俺はもう一丁持っているから心配はいらない」「これからどうするの?」栄達は尋ねた。「今晩はここに隠れて、明日の夜に東京港を出る「永泰号」に乗るつもりだ」「福建へ帰るのかい?」「あぁ、中国は広いからな…千恵子と二...全文を読む


ビーストハンター 第3話 帰らざる波止場 (1)

ビーストハンター 小説本編

 <オリジナル/SF/アクション> 雨期の終りを告げる雷が鳴ってにわか雨が通り過ぎたネオ東京には、雲間から一条の光が差し込んでいた。「韓国・朝鮮人や中国人は日本から出て行け~っ!」「テロをやるイスラム教徒は日本から出て行け~っ!」 シュプレヒコールを挙げながら警視庁の前を行進するヘイトデモは、もうすっかり見慣れた光景となった。 だが、ツクモはそんな日本人たちを見る度に、胸の中に拭いきれないイヤな思い...全文を読む


「寄生獣」と「東京グール」に見る共存共生の思想

アニメ /コミック

 文明が発達した21世紀の今日に、世界のあちこちで宗教戦争が勃発している有様は、中世に逆戻りした感がします。年明けの1月7日には、フランスでイスラム過激派による残虐なテロ事件が起り、多数の方々がその犠牲になりました。今テレビでは、偶然とは思えないほど、世相をそのまま映し出した二つのアニメ作品がオンエアされています。「寄生獣 -セイの確率-」 (岩明均原作:4月15日実写映画公開)と「東京グール(喰種)」 (石田...全文を読む


亡き妻を恋うる詩

オリジナル詩集

 亡き妻を恋うる詩向かうところ 敵無き勇者はやがては 倒れる時を知る天空に輝く 綺羅星もやがては 消え去る時を知る野辺に咲く 一輪の花さえもやがては 枯れ散る時を知っている春風は 冬の終わりではなく始まりである事を告げ愛の門出を契る 聖堂には白く冷たい 十字架が掛かっているだから…人は 命の炎を燃やし続ける事を忘れず結婚式と葬式は 同じ黒衣を着るのだろう命あるものすべては 死の予兆を宿し形あるものす...全文を読む


零時50分発 不幸行

オリジナル詩集

 零時50分発 不幸行軽い気持ちで 切符を買って人は誰もが 汽車に乗る発車のベルが 鳴り響く気ままな旅の つもりでも旅立つ列車は零時50分発 不幸行ときめくひと時に われを忘れ過ぎ去る景色も 目に入らない列車はひた走る 恋路沿線希望に胸を 踊らせていても走る列車は零時50分発 不幸行誰でも一度は 振り返る中継駅は 人生分岐点でも 立ち止まる旅人は幸せの予感に 急き立てられて急ぐ列車は零時50分発 不幸行別れ...全文を読む


珈琲人生論

オリジナル詩集

 珈琲人生論私にとってあれほど 嫌いなものはなかった珈琲がいつの間にか とっても好きになりました苦いばかりに思ってた 褐色に濁った液体の味さえも 分かるようになりました今夜も 誰も向かい合う人のいない木椅子に ひとりで腰掛けて珈琲カップを 傾けていますこの一杯の 珈琲はまるで 忘れかけていた人生論いにしえの昔から 人はこうして手にしたカップの 濁り水の中によどんでは ぼやけかけていた二度とかえらぬ ...全文を読む


生と死 序章

死とは何か?

 私の父は人を殺した。私の知る父は、狙った獣を一撃で仕留める腕のいい猟師(鉄砲撃ち)だった。その父は若い頃に戦争に行った…多分、軍隊でも指折りの銃撃手だったろう事は想像に難くは無い。すると、殺した相手はアメリカ兵?…父は太平洋戦争時代の出来事は余り語ろうとはしなかった。お国の為に人を殺したとは言え、殺人は殺人である…逆に父の戦友も多く死んだらしい。心に負い目があったのだろう。だから、私は罪人の子である…...全文を読む


イスラム過激派「仏社襲撃事件」は何の前触れ?

随想/論文集

 年初も明けやらぬ7日、フランスでイスラム過激派のテロが発生し、13人が死亡し、多数の負傷者が出た。場所は、パリの繁華街にある新聞社「シャルリー・エブド」のオフィス…ルーブル美術館が目と鼻の先にある。事件の詳細はさて置くとして、欧米各国は一斉に非難声明を出し、世界の世論は反イスラム原理主義に傾いている。思えば2001年の「9.11テロ事件」より今日に至るまで、イスラム社会と欧米キリスト社会の対立は深刻の度を深め...全文を読む


潜水艦「イ-58号」艦長:橋本以行少佐

随想/論文集

 1945年7月30日、アメリカの重巡洋艦「インディアナポリス」(9800トン)がフィリッピン沖で1隻の潜水艦に撃沈された。艦は、広島・長崎に投下する原爆をテニアン島に運んだ帰りであり、魚雷攻撃を加えたのは旧日本海軍のイ-58潜水艦でした。言わば勲章に値する武勲ですが、イ-58の艦長「橋本以行少佐」にとっては、この事が、後に重たい心の棘ともなりました。橋本以行(1931年、海軍兵学校 59期卒)は、決して英雄的な人間では無...全文を読む


駆逐艦「雪風」艦長:寺内正道中佐

随想/論文集

 真の英雄とは、どの様な人を言うのでしょうか?多かれ少なかれ、人は「英雄」にあこがれるものです。「一将功成りて、万骨枯る」 名を成した一人の人物の陰には、犠牲となった名も無き数多の人間が存在している。英雄と呼ばれる人間の本質を突いたこの格言は、古今東西の歴史の真実を見事に言い表したものと言えます。では、英雄はいないのでしょうか?いいえ、本物の英雄は、決して歴史の表舞台には現れず、我々の目に触れないだ...全文を読む


ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (10)

ビーストハンター 小説本編

  イェーガーが全員揃った音羽警備の会議室では、早速、社長の沙羅を中心に作戦会議が開かれた。 そうして、話し合った結果、それぞれがその得意分野に応じて、ジャーダンの動向を探る事となった。 元刑事だったツクモは、そのコネを利用して、警察からジャーダンの捜査に関する情報を引き出す事になった。 一方、元娼婦で裏社会の事情に詳しいウズメは、ジャーダンが追っている密告者に関する詳しい情報を集める。 ジョーとシ...全文を読む


ロシア君と、アメリカ君と、中国君

随想/論文集

 新年 明けましておめでとうございます^^皆様は、今年の抱負はお決まりになりましたか?私は今年は、勝手に世界を振り回す「大国を徹底してイジメ」てやろうと考えています。題して 「ドラえもんとのび太の逆襲作戦」 (笑)なにぶん病身ではありますが、去年辺りから、身体の調子の良い時は出来るだけ外に出る様に心掛けています。なので時折、パンを持って近くの公園まで、散歩に出掛けたりもしています。ベンチに腰掛け、パンを...全文を読む

前月     2015年01月       翌月

 更新履歴カレンダー