シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2015年09月  】 更新履歴 

  09.14.  【 未来戦艦大和 小説本編 】  未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (7)   さわりを読む▼


未来戦艦大和 第1章 「可能性の未来へ」 (7)

未来戦艦大和 小説本編

  ガチャリッ!と部屋のドアが開いて、口髭をたくわえた人物が二人の部下を連れて入って来た。 その人物は、色こそ銀色だが、旧日本海軍とよく似た制帽と肩章の付いた軍服を着て、左胸にいくつかの徽章を付けていた。 指揮官らしい人である事は、遼と亮には一目で分かった。そして、彼はなぜか背嚢のようなリュックを背負っていなかった。「あっ!これは艦長殿」憲兵兵曹長は即座に立ち上がって、その人物に敬礼をした。「米軍の...全文を読む

前月     2015年09月       翌月

 更新履歴カレンダー