シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2016年01月  】 更新履歴 

  01.04.  【 地球年代記 ~カルマ~ 小説本編 】  地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)   さわりを読む▼


地球年代記 ~カルマ~ 第6話 「嘆きのクローン」 (2)

地球年代記 ~カルマ~ 小説本編

 「あぁ、喉が渇いているんだね。ミルクでいいかな?」 女の子がうなづいたので、祖父は冷蔵庫の中からミルクを出して来て女の子に飲ませた。 女の子は祖父に渡されたミルクを、ごくごくと一気に飲み干した。 (どのくらいの間、罠に挟まっていたのだろうか?よほど喉が渇いていたんだろう) そう思いながら、不憫な目で女の子を見る祖父に、いきなり彼女は自分の身の上話をし始めた。 祖父の牧場から30マイルほど離れた所に、...全文を読む

前月     2016年01月       翌月

 更新履歴カレンダー