シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2017年06月  】 更新履歴 

  06.24.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第12夜   さわりを読む▼
  06.21.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第11夜   さわりを読む▼
  06.18.  【 オリジナル詩集 】  祝福されし者   さわりを読む▼
  06.15.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第10夜   さわりを読む▼
  06.12.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第9夜   さわりを読む▼
  06.09.  【 まぼろし 小説本編 】  まぼろし 第8話 「テラフォーミング」   さわりを読む▼
  06.06.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第8夜   さわりを読む▼
  06.03.  【 ▼ゴジラの子守歌 】  ゴジラの子守歌 第7夜   さわりを読む▼


ゴジラの子守歌 第12夜

▼ゴジラの子守歌

  思えば人の一生は短い…ほとんどの人は寿命が尽きれば、やがて誰からも忘れられた存在になる。 しかし神の花嫁になれば、人々に豊穣を齎す女神として永遠に崇められる存在になれる訳なのだ。 してみると、これは死生観の違いであり、一概に野蛮な生贄のだと決め付ける訳にもいかないところがある。 最も、野蛮だと決め付けているキリスト教徒にしてからが、近世まで人道に外れた行為を行った歴史を持っている。 自然災害や伝...全文を読む


ゴジラの子守歌 第11夜

▼ゴジラの子守歌

 ポナペ島遺跡。人間と比べるとその大きさと規模がよく分かる ポール・ブリッグス博士は、マオリ族の友人に誘われてニュージーランドのクライストチャーチに来ていた。 そこでは、この街で生まれたロンドン在住の歌姫「ヘイリー・ウェステンラ」の里帰りコンサートが開かれようとしていた。 歌姫のファンである博士は、彼女が歌う「ポ・カレ・カレ・アナ」と言う海洋民族マオリの唄が大好きだった。 博士が海にあこがれて海洋生...全文を読む


祝福されし者

オリジナル詩集

 祝福されし者わが身を養う 貴重な食べ物を 分け与えようとする未だに 満足に歩けもしない  幼児(おさなご)の 何気ない仕草に はっ!として 歩を止めてじっと見入る小さな手にお菓子を持ち はじけるような笑みを浮かべながら一生懸命になって 食べ物を 人に分け与えようとしている母親が それを買うために支払った お金の値打ちは知らないけれどもその食べ物が 命を養う大切なものだとは知っているその大切なものを...全文を読む


ゴジラの子守歌 第10夜

▼ゴジラの子守歌

 「何だ、そこにいたのか~…こりゃぁ灯台下暗しだったな」 探していたせむしの幼女は、車の陰に縮こまって小さくなっていた。 けれども、安住が側に行こうとすると、何かに怯えるように後ずさりした。「そうか。そうか…恐い思いをさせて済まなかったな~」 安住はやさしく笑って幼女にそう言った。「よし、よし、安心しろ…もうあんな頼りねぇお巡りの所なんざ連れて行ったりしねぇから」 そう言うと、安住は車のドアを開けて幼...全文を読む


ゴジラの子守歌 第9夜

▼ゴジラの子守歌

 「お前ら若いもんは何でもかんでもマニュアル通り、上の指示通りかぃ。ちったぁ状況を考えろっ!相手は子供で、しかも身障者なんだぞっ…お前らにゃぁ、人情とか人間味はないのかぃ。えぇっ!」「邪魔するんなら公務執行妨害で逮捕しますよ」「おぅっ!逮捕するならしてみろぃ」 こうなったら安住は一歩たりとも引かない。例え相手が誰だろうが道理に合わない事をするヤツは許せない。 とうとう若い巡査とすったもんだの口論にな...全文を読む


まぼろし 第8話 「テラフォーミング」

まぼろし 小説本編

 <オリジナル/ショートショート/SFファンタジー>「何だこれは…何かの間違いではないのか?」コラット元帥はわが目を疑った。「いぇ、間違いありません…確かに量子知能ミーアの出したテラフォーミングプランです」 艦長のラムキンは、自信満々に答えた。「に、したってこれは支離滅裂だぞ…とてもフォーミングプランとは言えん」「そう言われてみれば、何をやったらいいのかさっぱり意味不明ですな…おぃ、キムリック先遣総督を呼...全文を読む


ゴジラの子守歌 第8夜

▼ゴジラの子守歌

 (もしかしたら これは人生最後の大仕事になるかも知れない) この時、癌を宣告されていたチャン教授はそう思った。 教授の身を案じた家族や友人は、一線を退いて治療に専念するように促した。 けれども学問に一生を捧げてきた教授にとって、探求をやめる事は死ぬよりも辛い事だった。 『朝(あした)に道を聞かば 夕べに死すとも可なり』~孔子~「もし真実を知る事ができるならば、死んでも構わない」教授はそんな本物の学...全文を読む


ゴジラの子守歌 第7夜

▼ゴジラの子守歌

 アンコールワット遺跡の列柱に描かれたステゴザウルス(ありえないっ! ありえるはずがない) チャン・ミンチャオ教授は、発掘された殷代の壺に描かれている生物にじっと目を凝らした。 中国の宝と言われるチャン教授は、国学院考古学科の首席を勤める権威であり世界きっての古生物学者だった。 新種の古生物の化石を数多く発掘して名前を付け、海外ではレイモンド・チャンとしてその名を知られていた。 その老学者が、病を押...全文を読む

前月     2017年06月       翌月

 更新履歴カレンダー