FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2018年08月  】 更新履歴 

  08.26.  【 随想/論文集 】  今!求められる人間力   さわりを読む▼
  08.14.  【 オリジナル詩集 】  記憶の遺産   さわりを読む▼
  08.04.  【 随想/論文集 】  被害者から見た被爆と 加害者から見た原爆投下   さわりを読む▼


今!求められる人間力

随想/論文集

 先日、山口県周防大島町の山中で行方不明になっていた2歳の男の子が、たった一人のボランティア男性によって救出された。男の子の行方が分からなくなってから3日、山口県警は地元の消防団など延べ380人を動員して捜索したが足取すらつかめなかった。それを捜索ボランティアに来た尾畠春夫さん(78)は僅か20分で見つけ出した。もし後一日遅れていたら手遅れになっていただろう。なぜ他所から来た尾畠さんが、土地勘のある380人が捜索...全文を読む


記憶の遺産

オリジナル詩集

 記憶の遺産終戦から73年経った日本が ここにあるもう空を覆い尽くしていた 巨大なB-29の群れはいない彼らは新たな戦いを求めて どこか遠くへと行ってしまった。空はどこまでも青く 山々の頂からは入道雲が立ち昇っている今や空から降ってくるのは B-29が落とす焼夷弾ではなくなった温暖化したコンクリートの街を焼くのは 降り注ぐ太陽の日差し時が経ち 73年前に家を焼かれ 家族を焼かれ 我が身を焼かれ地獄の中で悶え苦し...全文を読む


被害者から見た被爆と 加害者から見た原爆投下

随想/論文集

 本年2018年は、8月6日と8月9日は広島と長崎に原爆が投下されてから73年目に当たるその時の体験を語り継ぐ被爆者の方々も高齢化したり、世を去られたりで若い人の間では原爆の記憶は風化していっている。反面最近は、科学的な検証によって新たな事実が明らかになり、長らく封印されていたアメリカの公文書も公開される様になった。そこから浮かび上がってきた幾つかの真実を語る事は、これからの未来を生きてゆく若い人達の無駄には...全文を読む

前月     2018年08月       翌月

 更新履歴カレンダー