FC2ブログ

シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2019年02月  】 更新履歴 

  02.27.  【 随想/論文集 】  ペルソナ(仮面)の下の隠れた本性   さわりを読む▼
  02.20.  【 随想/論文集 】  虐待事件を児童相談所や教育委員会のせいにするのは誤り   さわりを読む▼
  02.09.  【 随想/論文集 】  すべてが間違っている!   さわりを読む▼


ペルソナ(仮面)の下の隠れた本性

随想/論文集

 DVや虐待などで人を傷つけ、或いは殺害して逮捕された人間が必ず発する言葉がある。「私は暴力をふるう様な乱暴な性格じゃない。なのにこの人(妻や子供など)が私を怒らせるからこうなった」一見、言い訳がましく聞こえるこのコメントは実は言い訳ではない。本人にとっては嘘偽りのない真実なのである現に「まさかあの人が?」「あんないい人がなぜ?」と、逮捕された者を知る周りの人達も同調するコメントを発している。確かに「...全文を読む


虐待事件を児童相談所や教育委員会のせいにするのは誤り

随想/論文集

 八井隆一(事件当時29歳)懲役8年。皆川忍(事件当時30歳)懲役9年。坂本雄(事件当時33歳)懲役10年。最近の5年間で無抵抗の子供に殴る・蹴る、熱湯・冷水を掛けるなどの残虐な暴行を加えて死に至らしめた親達の判決事例である。昨年、東京目黒区で結愛ちゃん(5歳)を、今年、千葉県野田市で心愛ちゃん(10歳)に残酷な虐待を加えて、その幼い命を奪った船戸雄大(33歳)と栗原勇一郎(41歳)にも、裁判では上記の親達と余り変わ...全文を読む


すべてが間違っている!

随想/論文集

 「書いた秘密は守ります」と言う約束は教育委員に破られて虐待犯の父に筒抜けになっていた昨年3月に東京目黒区のアパートで、船戸結愛ちゃん(5才)が父親の船戸雄大(33才)の虐待暴行されて殺されてから約1年。再び千葉県野田市のマンションで、栗原心愛ちゃん(10才)が父親の栗原勇一郎(41才)の虐待暴行を受けて殺される事件が起きた。事件の度に、児童相談所や学校に批判の矛先が向けられ、職員が社会の袋叩きに遭っている...全文を読む

前月     2019年02月       翌月

 更新履歴カレンダー