シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

恋の神話

恋の神話

恋の神話

その昔 神に造られた男と女は 別々に暮していた
あり余る自由と 穏やかな日々 そして不老不死の体
何一つ困る事のない生活 でも 何か物足りなくて寂しい

そこで 二人は神の前に出てこう言った
「今の生活には満足してますが、別の暮しはないのでしょうか」
神はしばらく考えられてから 二人にこう言われた
「天に住まえば 永遠に不死であり 朽ち果てる事も無い
お前たちには 穢れのない 平安と幸福な生活が与えられる
地に住まえば お互いが鎖で繋がれ 自由は無く平安も無い
だが 「恋」 と言う この上ない喜びが与えられる
どちらか 好きな方を選ぶがよい」…と

恋を知らない二人は 「恋」 と言う言葉に何だかワクワクした
そして二人は 「地に住まわせて下さい」 と言ってしまった
こうして 人は天の安らぎと幸福を捨てて 地上に降り立った
胸をときめかす 恋の喜びの代償として 不老不死さえも捨てた

だが 地上で生きる事は 思った以上に苦しかった
穢れもあり 諍いもあり 数多の苦労が二人に振り注いできた
でも なぜか恋をすれば 全ての苦しみが溶けて流れていった
全てを御存知だった神は あらかじめ人に救いを与えられたのだ
「恋」は 地に生きる人への 神からの贈り物に違いない


映画「タイタニック」よりMy Heart Will Go On 歌:Celine Dion

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アニマとアニムス    →クロニクル ~カルマ~ 第2話「星を継いだ者」(2)

~ Comment ~


恋・・・
って愛よりも何だか純粋な塊な気がします。

人は何も不自由がなくても
やっぱり何かを求めてしまうのですね。

そして凄く落ち込んでいても
恋焦がれる思いって何もかも消してくれますね(*^-^*)

反対も然りですが(;^-^)

#234[2014/05/19 01:49]  yume-mi  URL 

Re: yume-mi 様 ありがとうございます^^

> 恋・・・
> って愛よりも何だか純粋な塊な気がします。
> 人は何も不自由がなくても
> やっぱり何かを求めてしまうのですね。

何でもあるけど「恋」の無い世界か?
不自由だけど「恋」のある世界を選ぶか?
って言われたらどちらを選びます?

シェークスピア、ゲーテ、トルストイ.
文豪達はみんな後者を選んだみたいです。
と言うか、文学の世界は恋だらけ(笑)
人にとって「恋」は、どんな財宝より価値があるんですよね^^
#235[2014/05/19 13:04]  sado jo  URL  [Edit]

自分も、不自由だけど「恋」のある世界を選びますね

恋とか愛は、絵画・音楽・小説などと同じで、正直なくても生きていくことはできると思います

しかし、それがなければ人が人として生きている意味がない

そう思いますです
#236[2014/05/19 21:58]  blackout  URL 

凄くロマンティックな内容ですね!

恋をする事って素晴らしいことなんだなと、改めて感じられるお話でした。
自分も恋をして苦難を乗り越えたいものですw


それにしても・・・
物凄い創作力ですね・・・

一日一篇くらいのペースでお話を書いているのではないでしょうか??

泉のように湧き出る創作意欲に驚かされます(´∀`;)
#237[2014/05/19 22:35]  gaean  URL 

Re: おっしゃる通りです。

> 自分も、不自由だけど「恋」のある世界を選びますね
> 恋とか愛は、絵画・音楽・小説などと同じで、正直なくても生きていくことはできると思います
> しかし、それがなければ人が人として生きている意味がない

例え全てが揃っていても、男性には女性のいない世界。女性には男性のいない世界。
そんな世界に住むとしたら…?これほどつまらない世界はないでしょうね~(笑)
そう思うと(私は男だから)生きる意味を与えてくれる女性に感謝…ですね^^
#238[2014/05/20 00:51]  sado jo  URL  [Edit]

Re: CO ありがとうございます^^

> 恋をする事って素晴らしいことなんだなと、改めて感じられるお話でした。
> 自分も恋をして苦難を乗り越えたいものですw

「この人の為なら」って思うと、どんなに苦しい事でも乗り越えられますよね。
だから「恋」は、神様からもらった贈り物なのではないかと思います^^

> 泉のように湧き出る創作意欲に驚かされます(´∀`;)

いぇいぇ、最近はどうも常識との板挟みになって、奇抜な発想が萎んでるみたいです><
#239[2014/05/20 00:54]  sado jo  URL  [Edit]

おはようございます。
恋はどんな状況下でも力を与えるんだなと思いました
#240[2014/05/20 07:19]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> 恋はどんな状況下でも力を与えるんだなと思いました

そうですよね~
映画「タイタニック」の様に、好きな人の為なら命も投げ出せるのが「恋」
自己犠牲も厭わないと言うか、「恋」って、人に凄い力を与えてくれますね^^
#241[2014/05/20 13:42]  sado jo  URL  [Edit]

苦しい世界であるからこそ
恋とは生じるのではないかと思う

すべてが満ち足りた人は恋をするのだろうか?

生きていることの理由を
誰かを愛するためかもしれないと思える人は幸いな人かもしれない
#242[2014/05/21 01:24]  月歩(つきほ)  URL  [Edit]

Re: なるほどね~

> 苦しい世界であるからこそ
> 恋とは生じるのではないかと思う
> すべてが満ち足りた人は恋をするのだろうか?

月歩さんの考え方も一理あるよね~^^
恋や愛もそうだし、お酒も、遊びも、果ては宗教も、この世が苦しみに満ちた世界だから存在する。
形而上学から見たら、確かにそうなるかも知れないね~
何かが欠けてるから「恋」をするのか?「恋」さえあれば何もいらないのか?どっちだろうね(笑)
#245[2014/05/21 14:16]  sado jo  URL  [Edit]

まさに・・

まさに・・「地上」は禁断の果実ですね

最近読んだ本で興味深い話が

すべての動物は自分の身の安全を第一に考える。
ヘビの前に自ら身を置きに行くカエルなどありえない。

唯一、人間だけが自分の命をかえりみず、わざわざ危険な場所へと向かっていくのだ。
それを人は「冒険」と言う。
ナイアガラの滝を綱渡りする心理はいかに・・

「冒険家」は命を落とすリスクがあろうとも、それによって得られる喜びを選ぶのだ。
人間とって「退屈」は「死」よりも恐るべきものなのかもしれない。

苦しみがあるけど「恋」ができる。

いいなぁ・・

とりとめのない話でごめんなさい。
#270[2014/05/27 01:42]  尾道貴志  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

> 最近読んだ本で興味深い話が
> すべての動物は自分の身の安全を第一に考える。
> ヘビの前に自ら身を置きに行くカエルなどありえない。
> 唯一、人間だけが自分の命をかえりみず、わざわざ危険な場所へと向かっていくのだ。
> それを人は「冒険」と言う。
> ナイアガラの滝を綱渡りする心理はいかに・・
> 「冒険家」は命を落とすリスクがあろうとも、それによって得られる喜びを選ぶのだ。
> 人間とって「退屈」は「死」よりも恐るべきものなのかもしれない。
> 苦しみがあるけど「恋」ができる。

何かの本に「孤独」と「恋」は死に至る病である。と書いてあった気がします。
退屈な孤独に耐えるか?胸を焦がす恋に耐えるか?と言われたら、誰しも恋を選びます。
カエルならじっとしてるでしょうが、危険を承知で身を乗り出して行くのが人のサガ…
「恋にその身を焼かれて死んだら本望だ」とシェークスピアも言ってます(笑)
#274[2014/05/27 20:20]  sado jo  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アニマとアニムス    →クロニクル ~カルマ~ 第2話「星を継いだ者」(2)