シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

アニマとアニムス

百合

「恋の詩」を書いたので、自分自身の奇妙な恋愛感覚を告白してみたいと思います。
変人だと言う事は認めますが…みなさま、くれぐれもこの話を聞いた後で、私を変態扱いしないで下さ~い。

新生児として産まれた時に、初期化されていたはずの私の「恋愛プログラム」は、子供の頃に妙な事から起動してしまいました。
それは、ラジオから流れて来た「学生時代」=ペギー葉山=の歌を聴いたのが切っ掛けでした。
急に胸が高鳴り始めて、ドキドキしてどうしようも無くなったのを、今でもはっきりと覚えています。


学生時代 歌:フォレスタ(本家はペギー葉山)

~♪その美しい横顔 姉のように慕い……~
なぜこの歌に反応したのか?どう考えてみても、男子の恋愛感覚の目覚めとしてはおかしい?と思いません。
いや当時(昭和60年代)としては、歌も怪しいのですが、それ以上に、それで恋愛感覚が目覚める自分も怪しすぎるのです。
これは、同性愛(百合)の恋愛感覚ではないかな…?でも子供だった私は、素直にその恋愛感覚を受け入れて育ちました。

小学生の頃はまだ良かったのです。男子と女子の差異もたいして無く、男の子も女の子も、同様に友達として付き合えました。
でも、中学に上がってから、早速困る事が起きのです。
私には、女子を異性として認知する感覚が薄く、つい、女子を仲間だと思い込んで明け透けに接してしまったのです。
その為に、女子達に嫌われもし、時には苛められました。性に目覚めた彼女達から、私はとうに異性として認知されていたのです。
反面、私は男子の友達に接するのが苦手でした。ガサツだし、図々しいし、自分の感性にはまったく釣り合いませんでした。
なので、中学以降は男友達が出来ず、一人で読書や、アニメや、空想にふけってました…つまり、今で言うオタクだった訳です。

しかし、良くも悪くも健全な体を持った男子…一端の大人になると、否が応でも彼女の一人や二人は出来ます。
ところが、その彼女に「貴方と付き合ってると、まるで女友達と付き合ってるみたいな気がする」と言われました。
相手を異性として認知する感覚が薄いから、普通の男性が女性に遠慮して、一歩引くと言う態度が見られないのだそうです。
つまり、私の恋愛における行動様式は「男でありながら百合」そのものだった訳です。
いや、機能としてはちゃんとした男なのですが、相手を同性視?もしくは、より仲の濃い友達として見ていた様です。
まぁ、友達としては良い友だろうと思います。気軽に買い物にも付き合うし、嫌な話も邪険にせずに聞いてあげました。
相手から見れば、多分、私は男でありながら、面倒見の良い「ビアンのタチのお姉さん」だったのだろうと思います。
そんな調子で、人並みに結婚するにはしましたが、亡くなった妻は、随分と私の振る舞いに戸惑った事だろうと思います。
一緒に買い物する時も平気で下着売り場に入るし、妻の女友達の部屋へ遊びに行った時も、平然と箪笥を開けて酷く怒られました。
そうそう、家庭では主婦ならぬ、主夫の様な有様でしたね…あぁ、私は家事をするのが好きで、一日中やっても苦になりません。
でも、これは性同一性障害とは違います。社会的にはきちんと男性として振舞えます…ただ精神的な部分が女子的なのです。

おそらく、私は体は男子なのですが、魂がアニマ(男性魂)では無く、アニムス(女性魂)として生まれのだろうと思います。
過去の記憶をさかのぼれるものならば、前世では間違いなく女子であったのだろうと今では自覚しています。
なので、同じアニメファンでも、百合の好きなオタクさん達とはまったく気が合わないのです。
彼らの百合は、アニマ(男性魂)から見た百合なのですが、私のは自身のアニムス(女性魂)から見た百合だからなのでしょう。
私にとっては、女子の方が自分に近しい友達に見え、むしろ、男子に対する方が遠慮しがちになってしまったりします。
そのせいか、親しくなった女子に明け透けにものを言う傾向があるので、お気に障ったらどうか勘弁していただきたいのです。
貴女を話せる友達だと思っているだけで、決して悪気はございません。どうか口の悪い女友達だと思って許して下さい(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ

 


※通常は男子も女子もアニマ(男性魂)とアニムス(女性魂)の両方を持っていて、その異性像は理想形として現れます。
だから、双方とも異性の気持ちになって小説や詩が描ける訳ですが、私は少しばかりアニムス(女性魂)の発露が強い様です。
「シムーン」や「やさしい刑事」はアニムス的発露だし「まぼろしシリーズ」もアニムス的な影が濃い様な気がします。
「地球年代記」はアニマとして厳格に描こうと思ってますが、描いてる内にアニムスに侵食されそうな予感がしますね(笑)
(腐女子さんは、同世代の男子のBLに魅かれる様ですが、それはアニムスから見たBLの理想像なのだろうと思います。
アニマから見たBLは、実際には男が男に惚れる形…主君と臣下。師と弟子といったより年齢差のある形で顕現します)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←『棺姫のチャイカ』人と社会の不条理をえぐり出すニトロプラス    →恋の神話

~ Comment ~


他人様の恋愛感覚ってなかなか聞かないので
凄く真剣に読んじゃいました。
体は男性で魂が女性だと。

時には凄く聞き上手な男子がいて
そして周りに女友達が多くて。。
っていう方がやっぱりいますがその方は女脳なところがあるなぁと
見ていて思いました。
気のつきかたがやはり男性とは違うから。

私は綺麗な可愛らしい女性を見るのが大好きです。
筋肉モリモリなイケメン君よりも(笑)
どうして可愛いのかなとか、興味津々ですし見ていて
可愛い。(笑)私はもちろん心も体も一応女性ですが(;^-^)

性別を超えた異性の友達ってでも素敵ですよね。

奥様そうだったのですね。
お話の中でトンボのお料理など出てきていたので・・
寂しいことですが小説の中でいつも会えますね。

歌は知らなかったですが綺麗な歌ですね♪
#243[2014/05/21 01:44]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: Y様 COありがとうございます^^

> 他人様の恋愛感覚ってなかなか聞かないので
> 凄く真剣に読んじゃいました。
> 体は男性で魂が女性だと。

普通は人間も動物も、自然に性を意識しながら行動するそうです。
確かに、犬や猫もマーキングしたり、おしっこしたりする日常的な性の行動様式を持ってます。
でも、私はノーマルでも、百合でも、BL?でも、好きになったら好き…どうも性意識が薄い様です。
よく、相手は私を男子と思ってるのに、こちらは相手を女子と意識して無いから、失敗も多かった><
意識して、男子として女子に気を使う様に努めたので、今はマトモになりました(笑)
#244[2014/05/21 14:06]  sado jo  URL  [Edit]

もしかすると、自分も体はアニマ、心は若干アニムスがいるような気がします(汗)

明確に、〜だから心にアニムス、というのは現時点では言えないですが、なんとなくの感覚で

あと、関係があるかはわかりませんが

自分は、必要以上に男だから、女だからみたいな考え方が好きではないです
確かに性別の違いはあるけれど、結局は同じ人間同士だろ?って思っちゃいますね

そして、見ていて体も心もアニマだろうと思われる、ガサツで図々しくてみたいな男に嫌悪感を感じるところがあります
#246[2014/05/21 16:20]  blackout  URL 

Re: その繊細な部分は…

> もしかすると、自分も体はアニマ、心は若干アニムスがいるような気がします(汗)
> そして、見ていて体も心もアニマだろうと思われる、ガサツで図々しくてみたいな男に嫌悪感を感じるところがあります

内なるアニムスの発露かも知れませんね^^総じて作家や詩人はそんな人が多いです。
川端康成さんはアニムスその儘だし、三島由紀夫さんは、出ようとするアニムスを押さえ様として無理しちゃいましたね~
私は、もう無駄な抵抗は止めました。心の赴くまま…百合も有り、BLも有りです。
仮に、そこに釈迦やイエスがいたら、相手が男でも好きにならざるを得ません。
今では聖人扱いですが、当時は身近な人だった訳で、提婆達多やユダの裏切りは、嫉妬だったんじゃないかと思います。
受容れてもらえなかったか?好きな人を独り占めしようとして、想いが叶わなかったか?…言わば男の嫉妬ですね(笑)
#247[2014/05/21 18:45]  sado jo  URL  [Edit]

私も男も女も無いですね…υ
ホームページ作ってBL小説を書いてたこともあります。今の30倍はアクセスがありましたw BL人気恐るべし♪

よく両手を組み合わせたときに左手の親指が上にくると、その人の前世は女性、なんて言いますよね♪

いかがでした?w
#248[2014/05/21 21:22]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

Re: 確かに来ますね。上に親指…

> 私も男も女も無いですね…υ
> ホームページ作ってBL小説を書いてたこともあります。今の30倍はアクセスがありましたw BL人気恐るべし♪
> よく両手を組み合わせたときに左手の親指が上にくると、その人の前世は女性、なんて言いますよね♪
> いかがでした?w

やっぱり前世は女子?(笑)
男子ってBL=ホモと短絡的に思うから、拒絶反応を示すのかな?
プラトニックなら、男に惚れた事幾らでもありますよ。
やっぱり、精神的に尊敬できる人は側に居たい…って思いますもん。
#249[2014/05/21 22:29]  sado jo  URL  [Edit]

こんにちは♪

>変態扱いしないで下さ~い。
もちろんです!
恋愛感覚に異常も正常もないですから。(^^)

考え方が男・女というのも全て社会がそうさせた事なんですよね。
本来考え方に男も女もないんですから。
親や社会が“男はこうあるべき”などと教えるから、そういう考えや悩みが出てくる。
私も、昔は“女の子らしくない”とか親に言われたことあったなぁ…

私はゲイムービーは見るのですが、BLものはあまり好きじゃないです。
中身の薄っぺらいものばかりで…
見る気がしないんですよね。

この記事を読んで思ったのですが、
sado joさんはノンセクシャルなのですか?
#250[2014/05/22 13:50]  misako  URL 

Re: m様 COありがとうございます^^

> 恋愛感覚に異常も正常もないですから。(^^)
> この記事を読んで思ったのですが、
> sado joさんはノンセクシャルなのですか?

う~ん、どちらかと言うと、後から付け足した…って感じの男子ですかね~
心情的には百合傾向でしょう「あ、この人綺麗」「この人凄く可愛い」「この人凛として素敵」とか(笑)
でも、好きと言う感情には男も女もないですね~
ズキン!と来たり、感性に共鳴したり、あっ、いいなぁ~♪と思ったらどっちでも好きになります。
#251[2014/05/22 17:41]  sado jo  URL  [Edit]

自分は、残念ながら右手の親指が上に来ますねw
しかし、アニムスは確実に受け継がれていたようでw

自分も、sadoさんと同様、「精神的に尊敬できる人は側に居たい」っていう感覚、よくわかりますね

なんというか、性別や肉体という枠を超えた、精神というか魂の繋がりを求めているのかもしれません

この辺が女性的なんでしょうねw

しかし、この内なるアニムスは、自分の場合、生きている間は目覚めない気がします

なんとなくですが、自分の子供の代で目覚める予感がします
#253[2014/05/22 21:35]  blackout  URL 

Re: 人は肉体より

> 自分も、sadoさんと同様、「精神的に尊敬できる人は側に居たい」っていう感覚、よくわかりますね
> なんというか、性別や肉体という枠を超えた、精神というか魂の繋がりを求めているのかもしれません

精神的に繋がってる時の方が心地良いと思います。肉体の繋がりは、時折痛い事もありますし(笑)

> しかし、この内なるアニムスは、自分の場合、生きている間は目覚めない気がします
> なんとなくですが、自分の子供の代で目覚める予感がします

それは余計に恐い感じがしますね(笑)
でも、その時代になれば、BLも百合も珍しく無くなってるんじゃないかな?
#254[2014/05/23 01:32]  sado jo  URL  [Edit]

そうですね
確かに、BLも百合もビアンも、今より市民権を得ている時代になりそうですねw

より変態が変態らしく生きられる時代になっている気がしますですw

いかんせん、自分の精神は、よくよく考えてみると、デフォルトでアニマとアニムスが同居している、バイセクシャルな気がしますw

ベースはアニマなんですが、随所でアニムスが顔を出すようです(汗)

とはいえ、中性化がかっこいい、みたいなことは言い出さないと思いますw
#257[2014/05/23 21:01]  blackout  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#502[2014/07/23 19:22]     

Re: m様 COありがとうございます^^

占っていただきありがとうございます^^
「魚座」…そうですか~
水のある方角に行きたいのですが、病気なので海にも行けません><
その分、ものを書く方でがんばってみようと思ってます^^
#504[2014/07/23 20:43]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←『棺姫のチャイカ』人と社会の不条理をえぐり出すニトロプラス    →恋の神話