シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

アニメ /コミック

「魔法少女まどか☆マギカ」 脚本家・虚淵玄 神の不条理に挑む!

魔法少女

「魔法少女まどか☆マギカ」 これほどの作品を語るには、よほどの覚悟を決め、腹を括って語らなければならないでしょう。
テーマの壮大さ、構想の物凄さ、物語の奥の深さ、いずれをとってもアニメの歴史に金字塔を打ち立てた作品だからです。

およそ人類の理想は、差別も無く、貧困も無く、戦争も無い、本当の人間社会を創り上げる事にあると言えましょう。
しかし、現実に人類の歴史を見る限りでは、その理想とは裏腹に、むしろ逆向きに進んでいる方が多い事に気が付きます。
(もし、上の理想を「綺麗事」だと言う人は、すでにある摂理の法則に犯されて、その奴隷となってしまっています)
なぜでしょうか…?それはこの世界に、どうにもならぬ不条理極まり無い摂理が与えられているからに他なりません。
存在するもの全てを崩壊に向かわせ、宇宙を均質化し、無に帰する「エントロピーの絶対的法則」がそれです。
この摂理が存在するが故に、我々は常に破滅に向かって指向させられ、人々の理想は、破壊され、踏み躙られて潰えるのです。
仮にもし、この世界を創った造物主がいるならば、その神は未熟な思考力しか無い、幼児の様な神だと断言できるでしょう。
積み木を積み上げては崩し、積み上げては、また崩して遊んでいる、幼稚な子供さながらの存在にしか見えないからです。
そうなりますと、我々人類は、その幼児たる神の遊び道具…単なる慰み物の玩具でしかないと言う事になります。
しかし、例えそうだとしても、積み木細工の玩具である我々にも、人間としての意地があります。

この真相に気づいた人々は、全てを破滅に導くエントロピーの法則を覆そうと、神に対して反逆を企てました。
ですが、神への反逆の象徴・バベルの塔は挫折し、人類はバラバラにされ、神の監視者(エージェント)の支配下に置かれる事となったのです。
遊びを邪魔されたくない幼児の神は、エントロピーの摂理に毒された一部の人間に「力」と「富」と「権力」を与え、人間の監視役にしました。
そうして、この神に踊らされた監視者達は、真理に目覚めた創造者「ソクラテス」を「ヨハネ」を「イエス」を「トマス・モア」を捕らえ、磔にし、或いは、断頭台に送って処刑いたしました。
人々は、言い知れぬ世の不条理を感じ、矛盾を感じながらも、神のエージェントである監視者(力を持つ者)に従うしか無かったのです。
そして、近年においては、人類の敵・神の監視者達の弾圧は、一層激しさを増し、数知れない真理の創造者が圧殺されてしまいました。

この不条理の構図を見事に描き出したのが「ウォシャウスキー兄弟」の製作した映画「マトリックス」でした。
映画では、理不尽な神「アーキテクト=マシン」に支配され「スミス」らエージェントに監視されながら生きているのに、それにすら気が付かない多くの人々の姿が描かれました。
真相に目覚めた僅かの人類は「ザイオン」に逃れ、理不尽な神に対して抵抗運動を試みますが、エージェントと神のマシン兵器・センティネルに追詰められ、もはや風前のともし火となっていたのです。
そこへ、キアヌ・リーブス扮する「救世主・ネオ」が現れ、理不尽な神「アーキテクト=マシン」に戦いを挑む!と言う物語になっています。
ラストシーンでエージェント「スミス」が放った「たかが人間の分際で!」「始まりのあるものには終りがある。ネオ!」と言う言葉は意味深で、動かしがたい神の摂理を表し、人類の救済者に向かって「無駄な抵抗はよせ!」と言っている様に見えます。

それでも、神から見れば、積み木細工の人形である我々人間は、なお屈する事無く、自身の理想に向かって前進するのだ!
という事を、理不尽な摂理を押し付ける神に向かって、高らかに宣言したのが、虚淵玄作「魔法少女まどか☆マギカ」なのです。
「魔法少女まどか☆マギカ」では、エントロピーを司る幼稚な神の手先「キュゥべえ」が、力を与える事を条件に「願いを叶えてあげるから、僕と契約して魔法少女になってよ」と、少女達を誘惑して来ます。
そうして、キュゥべえの誘いに乗って魔法少女(神のエージェント)になった者は、やがて堕落して、人類に害を齎す魔女になってしまい、最期には自らも破滅して消えてゆくのです。
こんにち、誰しもが実際の現実社会で、昨日、理想を唱えた者が、明日は出世して、堕落した人類の監視者(力を持つ者)であるエージェントになってしまう図式を何度も見ているはずです。
そうして、神の摂理に毒された人類の敵・監視者(力を持つ者)達は、世に不条理と理不尽を撒き散らし、人々を不幸に陥れるのです。
彼らとて役目が終われば、「魔法少女まどか☆マギカ」の魔女同様、理不尽な神に使い捨てられる運命が待っているのにも関らず…です。
神に力を与えられた世の権力者や有力者は、エントロピーの法則による崩壊を加速させる為に存在しているのかも知れません。
だだ、重要なのは、神は自ら手を下す事無く、人類と人類を争わせてエントロピーを加速させていると言う事実です。
アニメでも、エントロピーの法則に毒された元魔法少女が、急速に堕落して魔女と化し、魔法少女と争う姿が描かれています。
そんな理不尽な世界の渦中で「暁美ほむら」は、たった一人の友「鹿目まどか」を救おうと、何度も何度も神の不条理に挑みます。
ボロボロになっても、なお神の突き付ける不条理と戦う「暁美ほむら」は、おそらく虚淵氏自身の分身なのでしょう。
長い間、自らの進むべき道について迷っていたまどかは、そんなほむらの姿を見て、真実を知り、ついに決意いたします。
「私が不条理の根源を断つ!」そして、自身の身を捨て、自らが「神の概念」と化して、ついにエントロピーを覆すのです。

もし、あなたが目の前にある不条理に義憤を感じるなら、諦めずに、ほむらやまどかの如く理想に向かって立ち上がるべきです。
あなたの周りには、エントロピーの法則に犯され、堕落した…しかし、あなたより強い神のエージェント達がたくさんいます。
その輩と戦い、社会全体の諦観と戦い、理不尽な神をその座から引き摺り下ろし、エントロピーを覆すまで戦いは終りません。
神の世界に居ながら、神の定めた摂理に楯突くのは容易な事ではありません。長く、苦しく、割りに合わない戦いになります。
いっそ神の摂理に懐柔され、エントロピーに身を任せ、堕落して朽ち果てて行った方が楽です…なので無理にお奨めはしません。
もし戦いに勝ったとしても、あなたには地位も名誉も与えられず「まどか」の様に、後の人にただ概念として認識されるだけです。
なので、例え報われなくてもいい…と言う人だけ「魔法少女」の様に、理不尽な不条理を覆し「理想を勝ち取る戦い」に参加して下さい。

この作品に触れた時、私は遠い昔、円谷プロダクションでお世話になった、故 金城哲夫。上原正三。両脚本家先生を思い出しました。
(ウルトラマンを作られた両先生は、幼い頃、エントロピーが齎す人類災厄の不条理である戦争(沖縄戦)の渦中で悲惨な体験をされました)
聞けば、虚淵氏も円谷プロで仕事をした時代があったとか…「円谷の伝統はまだ生きてるんだな」と、とっても嬉しくなりました。
「Fate/Zero」で多数決による民主主義を否定し、「サイコパス」で民衆を管理する社会主義を否定し、あらゆる社会体制を否定した虚淵玄の真の敵は、世の中の不条理の根源、全てを破滅に導く神(エントロピーの摂理)そのものであったのです。
「魔法少女まどか☆マギカ」は、脚本家・虚淵玄が乾坤一擲!理不尽な神に対して挑戦状を叩き付けた壮大なドラマでありました。


劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」予告編

※ちなみに、以前大ヒットした貞本義行・作「新世紀エヴァンゲリオン」も不条理な神に対する反逆をテーマにした作品です。
 なぜ神の不条理を糾弾した作品が流行るのか?どうやら、人類は神が齎す世界の矛盾に感づき始めている様ですね。

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<魔法少女は実在するか?>
魔法少女は実在いたします。神が定めたこの世界の不条理を糾弾する人は、みんな魔法少女だからです。
ねぇ、小奈鳩さん。misakoさん。 T.azamiさん。 M.nakajimaさん 或いはkasakasaさんやblackoutさんもそうかな?
神の矛盾を感じない人は、あなた方の発言を闇の声(悪魔の囁き?)の如く考えて、時に忌み嫌うかも知れません。
でも、私は神が齎す不条理を追求するその声こそが、実は真実であり、正しい言葉である事を知っています。
あなた方は、神が定めた理不尽極まりない摂理に楯突く魔法少女=Rebellion(反逆者)に違いありません。
だから応援させていただいてます^^
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その3    →乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その2

~ Comment ~


小さいころに見たアニメとは全く違い
大人が考えさせられる内容になっているのですね。

名前は聞いたことがありましたが
内容を全く知らなかったのですが是非見たいと思いました。

母がよく神様が見ていてどこかで
平等にしてくれるとか、言うのですが全くそうは思わないので
いつも言い合いになります(;^-^)

#279[2014/05/31 01:51]  yume-mi  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#280[2014/05/31 02:16]     

Re: y様 いつもありがとうございます^^

> 大人が考えさせられる内容になっているのですね。
> 名前は聞いたことがありましたが
> 内容を全く知らなかったのですが是非見たいと思いました。

「魔法少女まどか☆マギカ」は映画化された位で、大ヒットしました。
ぜひ見て下さい^^深夜版のアニメは大人の為になるアニメが多いです。

> 母がよく神様が見ていてどこかで
> 平等にしてくれるとか、言うのですが全くそうは思わないので
> いつも言い合いになります(;^-^)

母上のおっしゃるのは、人が作った慈悲深い神様の偶像で、実際には存在しないものです。
実際の神は「相対性理論」や「量子論」で言う目に見えない宇宙の法則(摂理)でしょうね。
神はある意味、無機質で感情の無い存在ですが「神が全てを平等にする」は間違ってはいません。
宇宙は72兆年後には、エントロピーによって、全てが塵(平等)と化し、無になる事が、予測されてます。
不思議なのは「仏教僧達」が科学の無い2千年以上前にそれを知っていた事。それはなぜでしょうか?
外宇宙がら来た何者かが教えたのか?現在より優れた超古代文明が存在したのか?SFはネタが尽きないです(笑)
#281[2014/05/31 13:52]  sado jo  URL  [Edit]

名前を出されたらコメントしない訳にはいきませんなw 魔法少女としては(笑)

まどマギはTV版を見てましたよ♪少女達の欲と嫉妬、救いと自己犠牲が細やかに描かれていましたね。
いつになったらまどかは魔法少女になるんだ?
などと思いながら見ていましたが
ラストは死ぬほど号泣!!

私は、この世界は神様候補生達(人間)の修練場なのでは?と考えています。
取敢えず太陽が死に、時間が停止する頃には
また新たなヴィジョンが示されているのかな~と。
魂がエントロピーと関わっているかは分かりませんが、それまでには転生を必要としないくらいには…なっていたいような(笑)

佐渡さんが神様になった何処かの世界は優しいんだろうな~♪ 私は変神って言われそうw
#282[2014/05/31 17:44]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

お呼びでしょうか?w

ええ、見立ての通り、自分も魔法少女ですw

確かに、自分の職場には、この愚かなエージェントどもがうじゃうじゃいます

間違いなく彼らには、自分の声は邪悪な者の声として認識されていることでしょうねw

とは言え、職場などは、所詮、この大きな世界もしくは宇宙から見れば、ちっぽけなものです

なので、どう思われようが、どうでもよかったりしますw

自分は、小説という媒体を通して、呪術のように、不条理を糾弾し続けるだけなのでw
#283[2014/05/31 20:23]  blackout  URL 

Re: 済みません、指名してしまって(笑)

> まどマギはTV版を見てましたよ♪少女達の欲と嫉妬、救いと自己犠牲が細やかに描かれていましたね。
> いつになったらまどかは魔法少女になるんだ?
> などと思いながら見ていましたが
> ラストは死ぬほど号泣!!
>
> 私は、この世界は神様候補生達(人間)の修練場なのでは?と考えています。
> 取敢えず太陽が死に、時間が停止する頃には
> また新たなヴィジョンが示されているのかな~と。
> 魂がエントロピーと関わっているかは分かりませんが、それまでには転生を必要としないくらいには…なっていたいような(笑)

「全ては壊れて行く」と言うエントロピーの法則(不可逆性)は、ある意味間違ってないと思います。
食べた刺身が可逆して、お腹で魚に戻ったら食べられないし、死んだ人が生き返ったらゾンビの世界になります(笑)
時間は、未来に向かって一方方向にしか流れない。形ある物は壊れ、人は必ず死ぬ。過去は翻らない。
と言うのは不条理であり、哀しい事ですが、魂にとって良い修練の場になっているのかも知れません。
「神の世界」を覆すのでは無く、自己の魂のエントロピーを覆せ!と虚淵さんは言ってる様に思えます。

> 佐渡さんが神様になった何処かの世界は優しいんだろうな~♪ 私は変神って言われそうw

私が神になったら、救い様の無い人類をみ~んな滅ぼしてしまいそう…後には犬と猫しか残らない。
こりゃあ、餌代が大変だ~(笑)
#284[2014/05/31 20:38]  sado jo  URL  [Edit]

Re: えぇ、魔法少年さん。お呼びしました(笑)

> お呼びでしょうか?w
> ええ、見立ての通り、自分も魔法少女ですw
> 確かに、自分の職場には、この愚かなエージェントどもがうじゃうじゃいます
> 間違いなく彼らには、自分の声は邪悪な者の声として認識されていることでしょうねw
> とは言え、職場などは、所詮、この大きな世界もしくは宇宙から見れば、ちっぽけなものです
> なので、どう思われようが、どうでもよかったりしますw
> 自分は、小説という媒体を通して、呪術のように、不条理を糾弾し続けるだけなのでw

昔アカデミー賞を取った「イングリッシュ・ペイシェント」と言う映画での名台詞。
洞窟の中で恋人に去られ、たった一人死んでゆく女(彼は見捨てたんでは無く、救助を呼びに行った)
「人は死ぬ。愛があろうが、無かろうが、幸せだろうが、不幸だろうが、富んでいようが、貧しかろうが、善人も悪人も必ず死ぬ」
神が創ったエントロピーの摂理は確かに理不尽ではありますが、ある意味平等です。
「お前ら、せっかく公平な世界を創ってやったのに、自分達で勝手に不公平にして、嘆いている」
って…神がいたら言うかも知れません。もしや不条理は人間自身が作ってるのではないかな?(笑)
#285[2014/05/31 21:43]  sado jo  URL  [Edit]

いま見ているところです

しばらくぶりです。

といっても2週間ぐらいかと思いますが。

『魔法少女』最近見始めました。
#286[2014/06/01 00:48]  まじかなかじま  URL 

Re: m様 お久し振り…って程でもないですね(笑)

> しばらくぶりです。
> といっても2週間ぐらいかと思いますが。
> 『魔法少女』最近見始めました。

アニメじゃ無いけど、良くこんな世界で、不条理に耐えて生きてるな~
って…でも、理不尽なやつ等が居るからファイトが沸いて来るんですよね。
「自分は、絶対にお前らみたいに堕落したりはしないぞ!」なんちゃって…
はて?もし、出世してちやほやされたら、やっぱり骨抜きになるのかな?(笑)
#287[2014/06/01 01:51]  sado jo  URL  [Edit]

まどか☆まどかはTV版は見ていました(´∀`)
キャラデザインがとても可愛らしかったので、
カードキャプターさくらやリリカルなのはみたいな感じかななんて思い、
見ていましたが全然予想した内容と違って驚いた記憶があります(笑)

綺麗事や理想だけでは世界を生きていけないというのも、
確かにそうなんだと思いました。
でも、どこかで綺麗事や理想を求められない世界も、
また生きていけないなんて思ったりして。
現実主義も大切なのですが、それでも何か理想がない世界は寂しいと思います。
そこら辺は上手く折り合いをつけて生きていきたいものですね~。
#290[2014/06/01 21:34]  ツバサ  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

> 綺麗事や理想だけでは世界を生きていけないというのも、
> 確かにそうなんだと思いました。
> でも、どこかで綺麗事や理想を求められない世界も、
> また生きていけないなんて思ったりして。
> 現実主義も大切なのですが、それでも何か理想がない世界は寂しいと思います。
> そこら辺は上手く折り合いをつけて生きていきたいものですね~。

「理想」は最終目的としてあるべきでしょう^^
焦らずに、それに向かって、階段を一歩一歩登ればいいのだと思います。
自分一人(一代)で結果を出そうと焦るから、手段を間違え、争って血を流すんです。
人は、引き継いだバトンを、次の世代に渡すために居る
「バトンランナー」である事を忘れちゃいけませんね。
#291[2014/06/01 22:28]  sado jo  URL  [Edit]

おはようございます。
まどマギは好きなので、読んでいて考えさせられます。
#296[2014/06/03 08:42]  ネリム  URL  [Edit]

Re: n様 COありがとうございます^^

> まどマギは好きなので、読んでいて考えさせられます。

「まどマギ」ファンの人の方とっても多いですね~♪
後「進撃の巨人」「ヱヴァンゲリオン」共通するのは世界を覆う不条理と矛盾。
ネットが普及してガラス張りになった世界で見えて来る「社会システムの限界」
人々は「一部の人間が全てを独占する」と、言う従来の思考の枠を超えた、
誰もが納得出来る新しい概念を求めてます。その機運が高まってる証拠ですね^^
#297[2014/06/03 17:20]  sado jo  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その3    →乙女達の祈り 第5話 【正邪】 その2