シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

「島唄」 ~戦火に散ったはかない恋~

ひめゆり部隊

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のテーマ曲で有名な「THE BOOM」
その代表曲は何と言っても、沖縄民謡をアレンジした「島唄」でしょう。

<島 唄>
でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
くり返す悲しみは 島渡る波のよう
ウージの森で あなたと出会い
ウージの下で 千代にさよなら

島唄よ 風に乗り
鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り
届けておくれ わたしぬ涙

でいごの花も散り
さざ波がゆれるだけ
ささやかな幸せは
うたかたの波の花
ウージの森で 歌った人よ
ウージの下で 八千代の別れ

島唄よ 風に乗り
鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り
届けておくれ わたしぬ愛を

海よ 宇宙よ 神よ いのちよ
このまま永遠に 夕凪を

島唄よ 風に乗り
鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り
届けておくれ わたしぬ涙

島唄よ 風に乗り
鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り
届けておくれ わたしぬ愛を

(▲)がその歌詞です。どこか物哀しげな響きのする歌ですが、
それもそのはず、この曲には(▼)の様な意味が込められているのです。

災厄を告げると言う、でいごの花が咲き、
(1945年4月1日)沖縄本島に米軍が上陸した。

でいごが咲き乱れる1945年4月~6月に、
寄せ引く波の様に、殺戮は繰り返された。

サトウキビ畑(ウージ)であなたと出会い、
鍾乳穴(ガマ=自然洞穴)の防空壕で、
「君が代」で言う永久の御代との別れ…

島唄よ 風にのり、
死者の魂(鳥)と共に 海を渡れ。
島唄よ 風にのり、 
本土に伝えておくれ、沖縄の悲しみを…

でいごの花も散る 1945年6月23日に、
戦闘も終わり、宝より大切な命が散り、
生き残っている人は、わずかになった。
ささやかな幸せは、はかなく消え去った。

サトウキビ畑で、愛を交したあの人は
防空壕の中で、集団自決をして死んだ。

沖縄の思いよ、風に乗って、
魂(鳥)と共に、海を越え、
あの人の居るニライカナイ(あの世)へ…
島唄よ 風に乗り、
ニライカナイへ届けておくれ 私の愛を…

海よ、宇宙よ、(豊穣をもたらす)神よ
何ものにも代え難い、命という宝よ。
このまま永遠に 夕凪(平和)を…

「島唄」は、戦争と言う国家の残酷な暴力の前に、はかなく散った恋を歌った唄であります。
私は東京の円谷プロダクションで、幼い頃、現実の沖縄戦の真っ只中におられた脚本家に、物を書く事を教えられました。
その脚本家の母君は、戦禍の最中に我が子をかばおうとして、米軍の攻撃にさらされ、永久に足を失われました。
私は沖縄の人が言う本土の人間(ヤマトンチュー)ですが、私の心は、いつも悲惨をなめた沖縄にあります。

~わたしたちは もっと生きたかった~ (ひめゆり記念館のリンク記事)
1945年4月1日、防備の手薄な沖縄北方に上陸した米軍は、圧倒的な戦力で、日本軍を逃げ場の無い沖縄南方に追って行きました。
追詰められた日本軍は、沖縄の住民を強制的に動員して米軍と戦わせました。まだうら若い女学校の生徒まで駆出して…
そして、恋も知らない226人の少女達が無残に戦場に散って行きました。
僅かに生き残って、荒崎海岸まで逃れた10人の少女達は、米軍に追詰められ、鍾乳穴の中で手榴弾による自決を遂げたのです。
最期の言葉は「先生、怖くてたまりません(手榴弾を)抜いて下さい。早く楽になりたいです」でありました。
少女達は恐怖に怯えながら死んでいったのです。これが太平洋戦争の沖縄戦における「ひめゆり部隊の悲劇」です。
(戦闘機の護衛も無く、丸裸で米機動部隊と戦わされ、大勢の若者が死んだ「戦艦大和」の悲劇もこの時起ったものです)

最近、何やら永田町でコソコソいくさ事を画策している(首相を中心とした)連中がいると聞きます。
何を血迷っているのか…?再び、いたいけない少女達をそんな目に遭わせる輩は断じて許せません。
体を張ってでも止めます!ただし、ただでは死にませんので、政治家さんは覚悟しておいて下さい。

この夏、沖縄に旅行に行かれる方は、「ひめゆりの塔」や「摩文仁の丘の慰霊碑」に立ち寄ってあげて下さい。
「私達は元気で生きてるよ」って手を合わせてあげて下さい…彼女達は海水浴すら楽しむ事もできず死んで行きました。
失われた命は二度と帰って来ませんが、今生きている命はみなさんの意志で必ず守れるはずです。

「島唄」今回はハリウッド映画「ロード・オブ・ザ・リング」主題曲で活躍してる英国歌手「Izzy」の美しい歌声で…

「島唄」 Shima-Uta 歌:イジー・クーパー

にほんブログ村 小説ブログへ
クリック応援よろしくお願いします
 


<あとがき>
このブログで連載している二次小説 <シムーン第二章 ~乙女達の祈り~> は、ひめゆり部隊の悲劇をモデルに描いています。
物語の中では、戦争に駆出された大勢の少女巫女達が、生きたいと言う願いも虚しく、次々と戦場に散ってゆきます。
戦争を知らない世代の方達に、少しでも戦争と言う国家が行なう暴力の残酷さを知ってもらえれば…と思います。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←日本を取り戻す?だと…    →続 プロジェクト「人類保護計画・聖書の謎」
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


昔の方は若い方でも戦争に行かれて

違うなと思ってしまいますが
(いや。。。今の世代の若い方とはやはり違いますが)

同じなんですよね。
その怖くないわけないのですものね。恐怖に震えます。
昔の方だから出来た。
とか偉いなとかの言葉じゃないですよね。

やっぱり恐怖です。

今の若い10代の方を見てはこんな若い方が昔は戦争で
戦いにいかれたのだと思うと信じられないですが
事実ですものね。

島歌はなんとなく知っていましたが
こんな深い意味があったのですね。

少女の手榴弾を抜いて下さい・・と言われた言葉
胸が詰りますね。







#313[2014/06/12 02:04]  yume-mi  URL  [Edit]

おはようございます。
島唄には深い意味が隠されていたんだなと、読んでいて思いました。

戦争は二度と起こしてはならないと痛感します。
#314[2014/06/12 08:08]  ネリム  URL  [Edit]

Re: y様 CO ありがとうございます^^

>昔の方は若い方でも戦争に行かれて 違うなと思ってしまいますが
>同じなんですよね。
>その怖くないわけないのですものね。恐怖に震えます。
>昔の方だから出来た。 とか偉いなとかの言葉じゃないですよね。
>やっぱり恐怖です。

>島歌はなんとなく知っていましたが
>こんな深い意味があったのですね。
>少女の手榴弾を抜いて下さい・・と言われた言葉
>胸が詰りますね。

したい事、たくさんあっただろうな…と思います。
恋も…勉強も…旅行も…食べたり、歌ったり、踊ったり…
今の少女が普通にしている事が、彼女達には出来ませんでした。
さぞ、怖かっただろうな~…と。余りにも、悲しすぎます。
#315[2014/06/12 13:33]  sado jo  URL  [Edit]

Re: n様 COありがとうございます^^

>島唄には深い意味が隠されていたんだなと、読んでいて思いました。

島唄を作った「宮沢和史」さんは「ひめゆり部隊」の生き残りの方の話を聞き、その方に捧げたそうです。
無念に散って行った少女達の「思い」が込められている歌です。

>戦争は二度と起こしてはならないと痛感します。

今も昔も、国家に、国民に「死・ね・!」と命じる権利は無いと思います。
#317[2014/06/12 14:04]  sado jo  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←日本を取り戻す?だと…    →続 プロジェクト「人類保護計画・聖書の謎」