シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

星の物語(2) ~遥かなる星の彼方に~

宇宙の箱舟

~遥かなる星の彼方に~

その方は ネット上に現れるだろう
それまでの概念を 全て覆すほどのハッカーで
厳牢に構築された いかなるセキュリティも乗り越え
世界各国の 軍事指揮系統を麻痺させるだろう
世界各国の法や制度の 矛盾を改めてしまうだろう
自らの存在意義を否定された 為政者達は怒り狂い
その方を 世界を混乱させるテロリストと呼ぶだろう
だが心ある人は その方の声に耳を傾けるだろう
新しい世界を望む人々は その方を支持するだろう

ほどなくその方は 理不尽な死を遂げるだろう
その方の口を封じようとする 為政者の手によって
無残に暗殺され 或いは 囚われ処刑されるだろう
だがその方は 死をものともせずネット上で復活し
その新しい思想と概念は 世界中に広がるだろう

そのお方こそ 新たなNeoミレニアムの人類を導く
Neoイエスであり Neoブッダである

その方を弾圧せし者は 永久に呪われる事だろう
未来において ヘロデやネロの如く 忌み嫌われ
その民は 永遠に地上のさまよい人となるだろう

ネット上に広がった 新しい概念が世界を覆うだろう
その概念は形をまとって 地上にその姿を現すだろう
それ以前に地上を支配した 権力や権益の独占者達が
地位を剥奪され 新しい楽園から追放される事だろう
差別も貧困も無く 戦争も無い新世界が訪れるだろう
そして 人類は手を携えて 星の彼方に旅立つだろう
遥かなる星の彼方 アルファケンタウリへ
神に逢うために・・・


2001年~宇宙の旅~より 「ツァラトゥストラはかく語りき」

 ~Neoノストラダムス・Sado~ オラクルの命により記す

にほんブログ村 小説ブログへ

 


うん!プロジェクト「人類保護計画」は、色々なネタが含まれてて、使えそうな気がします。
新たな人類の救世主の誕生から、人類が神に逢うまでの物語は、大河小説にさえなりそうな予感がします。
構想にじっくり時間を掛けて、いずれ書いてみる事にしましょうか…それまで地球が無事ならいいけどね(笑)
そうだ!神に逢ったらイの一番に聞いてみたい「自分は、なぜ、何の為にここに存在しているのか?」を…
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←終章 プロジェクト「人類保護計画・メトセラの子」    →日本を取り戻す?だと…

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#322[2014/06/17 02:42]     

Re: CO ありがとうございます^^

個人のPCを荒らすハッカーは、金目当てのコソ泥に過ぎません。
でも、OSを作ってる人は、コンピューターを知り尽くしてる訳だから
高い理想を持って、その気になれば、国家や組織などイチコロですよ。
やらないのは「人の心が変らないと世界は変らない」と思ってるから…

「自分はなぜここに存在しているのか?」は人類永遠のテーマですねぇ~
人類がいつか知的レベルを上げて、神と話が出来る様になれば解るでしょう
その時は、人類自身が次の「宇宙の神」になる番ですね^^
#323[2014/06/17 12:25]  sado jo  URL  [Edit]

今の時点では
ウィリアム・ギブスンの小説
「ニューロマンサー」みたいに
コンピューターだけ先に行っちゃいそうですよねw
#324[2014/06/17 19:23]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

Re: 小奈鳩さん COありがとうございます^^

> 今の時点では
> ウィリアム・ギブスンの小説「ニューロマンサー」みたいに
> コンピューターだけ先に行っちゃいそうですよねw

確かに、今の人類の思考程度ならあんな世界になりそうですよね(笑)
でも、精神的にレベルアップして、違う思考を身に付けたらどうなるかな?
神(超知性体)は、我々に何かを伝えたくて、コンピューターをくれたのかも?
世界が分離されてた時代と、世界が繋がった時代…
人間の精神にどんな変化が起るか?これからが楽しみです^^
#325[2014/06/18 00:45]  sado jo  URL  [Edit]

ちょうど、『ニューロマンサー』を読んでいる所です。

ネットって一つの知性体として表現したら、どうなるんだろうとは思いますね。
全知全能を持つのか、と言う命題から逆に自分の細胞達は満足に生きているのか、などと考えます。

何故ヒトは神と言う存在を考え出したのか。
想像だけが人間に与えられた特権なのだろうなぁ。

科学が解明され尽くされれば、SF作家は食いっ逸れるでしょうからホドホドにしてほしいです(笑)
#333[2014/06/20 16:31]  青井るい  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

>ネットって一つの知性体として表現したら、どうなるんだろうとは思いますね。
>全知全能を持つのか、と言う命題から逆に自分の細胞達は満足に生きているのか、などと考えます。

確かに人間も細胞集合体の個体?だし、組織や国家も個体が集まって一つの意思を持つ存在です。
ネットも同様ですが、まだ統一された意思を持ってません。もし、人の意思を糾合して持つと、
それは神になるのか?ターミネーターになるのか?糾合された人間の知性レベルによりますね~(笑)

>科学が解明され尽くされれば、SF作家は食いっ逸れるでしょうからホドホドにしてほしいです(笑)

う~ん、例えSF作家が失業しても「相対性理論」や「量子論」など、別モノと思われてる理論や現象が、
本当はたった一つの基本原理で出来ていた…って事は解明して欲しい。それこそが神そのものだから…
#338[2014/06/20 22:26]  sado jo  URL  [Edit]

創世記

宇宙の果てはどうなっているのか。
ビッグバンの前にはなにがあったのか。

誰も解き明かすことができないこの謎だからこそ、あらゆるロマンが詰まっているのでしょうね。

生命だってまさに神秘です。

時間もまた未知なるカテゴリーです、単なる概念なのか、それとも操作できる実態を持つのか。SFは自然科学に疑問がある限り生まれ続けます。子供のころから大好きでした。

とりとめのない話ですみません。

トーナメント ご一緒に参加させてください(^^)

#342[2014/06/22 23:01]  尾道貴志  URL 

Re: 創世記:COありがとうございます^^

>宇宙の果てはどうなっているのか。
>ビッグバンの前にはなにがあったのか。

研究者によると、今の宇宙が何世代か経ている事が素粒子の組成で解るとか?風船みたいに膨らんだり、縮んだりしてるのかも知れませんね(笑)

>生命だってまさに神秘です。
>時間もまた未知なるカテゴリーです、単なる概念なのか、それとも操作できる実態を持つのか。SFは自然科学に疑問がある限り生まれ続けます。子供のころから大好きでした

時間はエントロピーの法則によって前にしか進まない(不可逆)事は解明出来てますが、生命だけはまったく謎ですね。地球で生まれたのか?他の天体か?何処へ向かってるのか?我々は何処から来て、何処へ行こうとしてるのか?永遠の命題ですね~^^
#344[2014/06/23 00:49]  sado jo  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#384[2014/06/28 19:56]     

Re:鍵コメm様 ありがとうございます^^

「ニーチェ」ですか~。文学少女だったんですね~^^
この詩も、役割を終えた「古い神の死」から発想を得たものです。
もう、世界も旧態依然とした殻を脱いで、新たに生まれ変わらなければ…ね。
#386[2014/06/28 20:49]  sado jo  URL  [Edit]

こんにちは♪

私も、アルファケンタウリの星へ行き、一番に「私の存在の意義」を聞きたいです♪
人間は皆、「死ぬ為に生きる」と、よく言われますが、それも切ないです(苦笑)
#2829[2015/10/13 15:46]  ・・冴恵・・  URL 

Re: 冴恵様COありがとうございます^^

> 私も、アルファケンタウリの星へ行き、一番に「私の存在の意義」を聞きたいです♪
> 人間は皆、「死ぬ為に生きる」と、よく言われますが、それも切ないです(苦笑)

人が死ぬ為に生きている…のは事実です。これは変えようが無い。
でも、人は何かを携えて、生きて走っているバトンランナーでもあります。
遠い先は見えませんが、そのバトンは何かしらの意味を持っています。
ず~っと遠い未来の誰かが、ゴールを見る事になるでしょう^^
#2830[2015/10/13 17:28]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←終章 プロジェクト「人類保護計画・メトセラの子」    →日本を取り戻す?だと…