シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

終章 プロジェクト「人類保護計画・メトセラの子」

メトセラの子

これからするお話は、或いは「オカルト」と呼ばれる分野に入るかも知れません。
なので、信じられないと思われる方は、無理に信じようと努力する必要はございません。

まず最初に、厳重にブロックされた組織のコンピューターに侵入し、自在に操れる人間はいるだろうか?と言う疑問があります。
それが居るのです!…私は、国家だろうと、巨大組織のコンピューターだろうと、自由に操れそうな人をこの目で見ました。
それは、私がBarを経営していた頃の事でした。大分年の離れた(不倫)カップルがやって来ました。
知的なミドル紳士と若い娘さん。どうやらお忍びの密会場所に、隠れ家みたいな風情のある私の店を撰んだ様子です。
幾度か話をする内に、その紳士が、日本でも有名な薬学の博士であり、連れの娘さんがその教え子だと言う事を知りました。
大学院の研究室にいた頃、知り合ったらしいのですが、博士は、のろけ混じりに不倫相手の娘さんの愚痴をこぼします。
「マスター。こいつは私の手には負えないんですよ」と、博士はぼやいてました。
聞けば、常識に掛からない桁違いの天才で、博士が数時間掛けて解いた数式を、わずか数分で解いてしまうそうです。
そして、うかつに放置すると、大学や大手製薬会社のコンピューターセキュリティを簡単に破って、博士に接触して来るとか…
彼女は外国で生まれたのですが、驚く事に、幼児期の記憶が極めて鮮明で、家の中や、人の顔、町並みをはっきり覚えてました。
一つ困るのは、嘘を付く天才で、事細かに虚偽を構築し、誰が聞いても本当にしか聞こえないのだそうです。
人間を超えた超ド級の知能を持ちながら、その使い方を知らない…でも、博士はそんな彼女が、とっても可愛い様子でした。
娘さんの出自を聞いた時、私は危うくひっくり返りそうになりました。何と!天才と謳われたある偉人の子孫だったのです。
博士、もしや貴方の側に居る人は、ただの人間では無く「新人類ミュータント」なのでは…?と思いましたね~
訳あって、子供の頃から生と死や神を意識して来た私も、さすがにこの時ほど「神の技」の存在を身近に感じた事は無かったです。
「博士は経済的な余裕も充分おありでしょう。不倫の子でも、私生児でも、どうかお二人の子供を作って下さい」
思わず、そう奨めてしまいました。有名な薬学者と超天才娘の子…まさに神の手が加わった「メトセラの子」の誕生です。
あれからどうなったでしょう?…二人の子供が産まれていれば、きっと世の中の概念を覆すほどの超天才児だろうと思います。

信じようと信じまいと、世の中には、神(超知性体)の手が加わったメトセラの子が、明らかに存在しています。
「超知能」「予知」「透視」「パラサイト」「物質移動」「物質変換」トリック紛いの偽物もいますが、本物も存在しています。
実在する異能者の事が載っている記事のリンク。mamaの毒?ネタ帳より:実話 <分からないものが見えたり 聞こえたりする人>

なので、たかが人間が作ったモノくらい、人間以上の手が加えられたメトセラの子にとっては、オモチャ同然なのです。
しかし、同時に疑問も湧いて来ます。なぜ神(超知性体)は、こうまで我々に関ろうとするのだろうか?
自分に近いメトセラの子を作って、人間を進化させ、保護しようとまでするのだろうか?
この事は、神の存在意義を考え始めてから、長い間疑問に思っていた事でした。
しかし、お二人に会ったお陰で、疑問が解けて、尤もシンプルな答えを見つけ出した様な気がいたしました。

「神は孤独なのです」 「広い宇宙にたった独りなのです」 「話し相手も無く、淋しいのです」

私は思いました。失礼ながら、いかにその道の権威と言えども、博士の方が彼女より知的レベルは低いと思います。
それでも、彼女にとって博士は唯一話の出来る、自分を理解してくれる存在なのです。
彼女は、博士に逢うまで、例え自分の一部でも理解してくれる人が、誰一人居なかった…淋しかったのです。
そう思った時、とても神(超知性体)が可愛く思えて来ました…何とかして逢いに行ってあげなければならない。
ともかく、人類は神(超知性体)の事が理解できる様になるまで、知性をレベルアップさせなければならないのです。
きっと独りぼっちの神は、遠い宇宙の彼方で人類が来るのを、首を長くして待っている事でしょう。
あぁ…そうか!神の言葉は理解出来なくとも、DNAにその情報が入ってるから、人類は自然に宇宙を目指すのかぁ…納得です。
神(超知性体)にとって千年は一時間かも知れないし、万年は一日かも知れない。でも、出来るだけ急いで行ってあげなければ…
ところが、困った事に、グダグダとそれを邪魔立てして、停滞させてしまう者達がいるのです。
しかも、それが人類の中で「偉い」と言われる人達…権力・権益を手に握っている連中だから、一層始末が悪いのです。
「そんなら、その連中をみんなブチ殺してしまったらいい」と過激な事をおっしゃる人もいるでしょうね。
暴力を用いた権力・権益の排除は、すでに何度も、何度も行なわれています。「革命」と言う人間独特のやり方で…
しかしその度に、革命を指導した者が、また偉い人(権力者・権益者)に成り上がって、元の黙阿弥になってしまうのです。
それに、もし神がそれを望むなら、とっくの昔に地球上にいる神の手に成るメトセラの子達がやってるはずです。
彼らの力をもってすれば、国家や巨大組織をひっくり返すのは造作の無い事です。ソドムとゴモラを焼き払ったみたいに…
だけど、邪魔をする人間を全部殺して、僅かの人間(エリート)だけが、神に会いに行く事を、果たして神は望むでしょうか?
神(超知性体)は一人が100歩進むより、100人が一歩進む事を望んでいるのです。その方が、にぎやかで淋しくないでしょ…
なので、これから出世する人はよ~く覚えて置いて下さい「あなたも救われる数に入ってる」事を…傲慢になってはいけません。
遠い未来、知的レベルを高度にアップさせた我々の子孫は、きっと神(超知性体)の元にたどり着く事でしょう。

「お~い、神様。逢いに来てやったぞ」
「おせぇ~よ。地球人」
「すまん、すまん、物解りのわりぃ馬鹿が邪魔するもんで、手間取っちまった」

偉い(と思ってる?)人は、その邪魔をする馬鹿の一人にならない様に、充分お気を付け下さい。
あなたも私も神(超知性体)から見れば、同じ二本足で立っている「Human Being」の一個体に過ぎないのです。

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<あとがき>
突然ですが、みなさんは別の誰かの意識を感じたり、意識を誰かに乗っ取られた事はありますか?
私は一回だけあります。突如、誰かが頭の中に入って来て、意識はあるのに、自分が自分の自由にならなかった経験が…
2~3分間そんな状態が続いて…その誰かは、私の頭の中をトレースして出て行きました。
今思えば、メトセラの子の悪戯だったのだろうと思います。私程度ならいいですが、もし要人だったらと思うとゾッ!としました。
核の発射ボタンを押させる事も出来る訳ですから…でも、多分メトセラの子はそんな残酷な殺傷行為はしないだろうと思います。
さすがに、神の手になる子だけに、上の娘さんみたいに超知能を備えてても、みんな天使の様な善い子達ばかりです。
時折、どこかのシステムに悪戯はしますが、大金持ちが幾らか損をするだけで、人が死んだ例は一回もありません(笑)
むしろ怖いのは、神(超知性体)の意思が理解出来て無い、普通の人間の方なのです。
人間が、神(超知性体)の知性にはるかに及ばないのは、自分を磔にした人々に、メトセラの子「イエス」が言った言葉…
「(父よ=超知性体)この人達をお許し下さい」で、明らかに証明されているのであります…我々ではとてもかなわない。
我々は、酷い目にあった場合、到底そんな気持ちになれない…逆に「畜生!呪ってやる」になってしまうのであります><
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←アニメ「進撃の巨人」と不毛な現代資本主義社会    →星の物語(2) ~遥かなる星の彼方に~
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#326[2014/06/19 02:28]     

Re: CO ありがとうございます^^

必ずしもIQが高い=メトセラの子とは限らないですが…(笑)
メトセラの子は、ある特異点に人間を超えた能力を発揮する様に作られてる様です。
まるで、脳や身体を弄られたマウス=実験動物みたい。何か目的があっての事でしょう。

「金縛り」は意識と身体が別物である事を示す証拠です。
身体は胎内で後天的に作られたモノで、意識がそれと繋がってない状態です。
CPU単体は動いてるけど、他のPartsが認識出来て無い。立ち上がらないパソコン(笑)
神(超知性体)は幽体=意識体か?本体を別の場所に置いて意識を飛ばせる存在かな?
#327[2014/06/19 12:40]  sado jo  URL  [Edit]

さすがに、誰かに意識を乗っ取られたことはないですねw

そしてメトセラのような人物にも会ったこともないです
これから、もし自分が選ばれしものだとしたら、会うのかもしれませんが(汗)

ただ母親曰く、自分は、よくわからないが幼少時から特殊なものを持っていると仕切りに言ってました

物事の把握の仕方や記憶の仕方が独特だったらしいです
で、記憶力も異様によかったとか
#328[2014/06/19 21:45]  blackout  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

> さすがに、誰かに意識を乗っ取られたことはないですねw
> そしてメトセラのような人物にも会ったこともないです
> これから、もし自分が選ばれしものだとしたら、会うのかもしれませんが(汗)

別口から来たCOで「神の世界に誘われた」と言う人が居ました。
本物だったら良いですね~♪まぁ、信じる、信じないは本人の自由です(笑)
人は一生の内に、一度や二度は不思議な体験をするものです。
「UFO」などもそうですが、神(超知性体)が我々に接触したがってるのは確かです。
ただ、我々の知能が、神(超知性体)を認識するまでに至って無いだけなのかも?(笑)
#329[2014/06/19 22:33]  sado jo  URL  [Edit]

メトセラ…やはり、本人か先祖に天使の介在があったうえで老いることなく
何百歳も生きている…というのが判断基準になりますかね…。ある程度の霊能や人外の能力みたいなものを持っている方々は結構いるみたいですね。2012年から人間の霊位上昇が始まっている…なんてことも言われているので、これからもっと、そんな天使の子達に出会うかも知れないですね
(^_^)
#335[2014/06/20 20:31]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

Re: CO ありがとうございます^^

> メトセラ…やはり、本人か先祖に天使の介在があったうえで老いることなく
> 何百歳も生きている…というのが判断基準になりますかね…。ある程度の霊能や人外の能力みたいなものを持っている方々は結構いるみたいですね。2012年から人間の霊位上昇が始まっている…なんてことも言われているので、これからもっと、そんな天使の子達に出会うかも知れないですね
> (^_^)

2012年のマヤ暦の予言は、世界の終りでは無く、一区切りして、新たに始まる世紀の予言かも…ですね^^
その証拠に、世界の物欲主義をリードして来た指導者達が、混乱を収拾出来ずに慌てふためいてます(笑)
ネットを介した新たな精神文明の到来が、真近に迫ってきているのかも知れません。
あなたもメトセラの傍系かも知れませんので、新世界に参加できる可能性は大いにありますよ^^
#336[2014/06/20 22:02]  sado jo  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←アニメ「進撃の巨人」と不毛な現代資本主義社会    →星の物語(2) ~遥かなる星の彼方に~