シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「ニッポン」不思議な国の成立ち

(7)米と魚 ~食卓から解き明かす日本人のルーツ~

吉野ヶ里人骨

先に邪馬台国の成立と没落の概略を書いたが、漢末~三国時代は日本の成立ち上、尤も重要な時期なので詳細を記しておきたい。

「米と魚」 この二つはよくマッチし、日本人の食卓には欠かせない。これに冷奴でもあれば大概の日本人は和食を満喫出来る。
日本人ほど米に拘る民族はいない。何処へ移住(旅行)しても白いご飯を恋しがる(笑)
世界には様々な民族が居て、住んでる土地に相応しい穀物や芋を常食にしているが、日本人だけは米が無くてはならない。
実は、日本人と同じ様な食習慣を持つ人々が中国江南地方に居る。現在でも中国江南は有数の稲作農業と漁業地帯である。
仮にもし、戦乱や揚子江の氾濫で土地を失った人々が、舟に乗って海に漕ぎ出したら何処にたどり着くだろうか?
江南から船出した彼らが、対馬海流に乗って北へ流されれば、たどり着くのは、韓半島南部か北九州であろう。
これは、黒潮に乗って流されたポリネシアンが、沖縄諸島や九州南部にたどり着いたであろう必然と同じ事である。
朝鮮に日本人の同族がいた事は、旧大日本帝国を惑乱させた。そして「任那日本府」や「高句麗好太王碑」を巡る論争に発展した。
邪馬台国論争もそうだが、いきおい政治的思惑が絡むと、歴史の真実が捻じ曲げられてしまうのは残念で仕方が無い。
しかし、韓半島南部に同じ倭と呼ばれる同族がいたからこそ、日本の倭人は彼らを通して中国と交流が出来たのも事実である。
日本にやって来て、北九州沿岸に住み着いた彼らは現地人と混わり、持って来た稲を植え、半農半漁の生活をし始めたに違い無い。
日本の漁村では、海で漁をし、裏の田んぼや畑で米や野菜を作る半農半漁が長らく一般的だった。基本的には弥生人と変らないのだ。

しかし、そうして生活している内に村の人口は増えて来る。その場合は、二つの内どちらかの選択をしなければならない。
漁業を捨てて内陸に入り、食べられるだけ耕作地を広げるか。新しい拠点を求めて、他所の土地に移民するかである。
ちなみに土地が痩せていた古代ギリシャ人は、移民を選び、東はイオニア、西はシチリアまで、広範囲な地方に移民して行った。
北九州から東(北)に移民して行った倭人は後述するとしよう。ここでは、漁業を捨てて筑紫平野に分け入った倭人の話をしたい。
倭人は、沿岸部に定住した当初から、交易や婚姻関係を通して、内陸の人々との交際はあったものと思われる。
加えて、海女文化と姫神文化は、どちらも女子を基とする。相互理解はそれほど困難な事では無い。
さらに、内陸の人々が食料とする芋類は、長期の保存が難しいが、米は脱穀すれば保存が利き、一年中食べられる良い常食になる。
筑紫平野は見る見る水田に変っただろう。現在でもこの一帯には見事な田園が広がっている。延々2000年…文化は根強いものだと思う。
ここまで聞けば、黄金色の稲穂がたわわに実った、平和でのどかな田園風景が思い浮かぶだろう。だが、現実はそうでは無かった。

<倭国の大乱を「吉野ヶ里遺跡」から解く>

堀を廻らし、柵を設け、杭を立てて敵の侵入を防いだと思われる環濠集落。首の無い遺体。鏃の刺さった人骨。
吉野ヶ里は農民が住まう村であって、武士の砦では無いはずである。なぜこんな凄惨な争いの跡が残る遺跡なのだろうか?
昔の農村で育った筆者は、(法律が無ければ)百姓がこれほどの惨事に至り兼ねない原因を知り、それを見て体験して来た。
だから筆者は、誰よりも「吉野ヶ里遺跡」の謎を解き明かす自信がある。
ズバリ!激烈な水利権抗争(水争い)が起きていたに違い無いのである。
百姓…他の作物もそうだが、特に稲作を営む農民にとって、水は命である。水一つで米の出来、不出来が決まってしまうからだ。
だから、農業を中心とした古代~近代の社会では、為政者は水(河川)を治める事にやっきになって来た。
実際、中国は元より、エジプトや中東やヨーロッパにおいても、水利権を制した者が、皇帝や王になっている。
俗に「命の水」と言うが、水ほど恐ろしいものは無い。米を作る百姓が、互いに水争いを始めたらもう手が着けられない。
村の青年団同士が、川を挟んで夜通し篝火を焚いて相手を見張り、一触触発の状態になる。無論、喧嘩になれば怪我人も出る。

「おみゃ~の村が!勝手に川さ堰止めて、田んぼに水を引いたべや~!」
「バカこくでねぇ~!おみゃ~の村こそ、川堰切って勝手に水盗んだんでねぇか~!」

幼い頃、水を巡る命懸けの争いを目にした。こうなったら警察でも止められない。第一、争う大勢の村人を入れる留置場など無い。
法律など無かった古代。取られたら力ずくで取り返し、やられた方はまたやり返す。延々と殺し合いが続いたであろう事は想像に堅く無い。
だが、そんな争いが長く続けば、種蒔き~田植え~稲刈りに至る手の掛かる米作りに支障を来たし、農村は次第に疲弊する。
食えなくなって村を捨て、親戚を頼ったりして、沿岸部の里に帰って来た者達も大勢居た事だろう。
魏志倭人伝は記す 「100余国あった倭の国は、30カ国余りに減った」と…
勿論、元々の倭人の故郷である沿岸部の王、特に後漢から「漢委奴國王」を授けられた奴国王などが、手を拱いて見ていた訳では無い。
何度も内陸で争い合う親族の調停に入ったと思われる。だが、一度こじれてしまった百姓の水争いは、容易には収まらない。
とうとう困り果てて、漢の帯方太守を通じて中国に助けを求めた。そもそも漢帝国こそは、治水で名を馳せた国家である。
ところが、その頃は中国自体が混乱していた。全土で「黄巾の乱」などの農民反乱が相次ぎ、諸侯は皇帝を見限って、天下を窺っていた。

当時、漢の東方拠点であった帯方郡の太守は、あの三国志に登場する華北の支配者・公孫讃の一族では無かったかと思われる。
緊迫した国内事情を抱えていた太守は、倭の争乱どころでは無く、おざなりに若い武官に寡少の兵を持たせ、倭国に派遣した。
一族郎党を率いて倭国入りした武官には、しかし、一つの野望があった。それは中国の様な統一国家を作り、倭王として君臨する事。
奇しくも彼 (取りあえずその名をニニギとしておこう) の夢は、後に彼の子孫によって叶えられる事になる。
筑紫平野に入った彼は、漢の皇帝の権威と中国式統治と、時には武力行使も行なって、倭の争乱を平定しようとしたに違いない。
しかし、彼の目論見も夢も、もはや暴徒と化していた倭の農民達には通じるはずも無く、余計、火に油を注ぐ結果になってしまった。
そんな時彼は、南の方に見事に周辺諸国との関係を保ち、良く統治されている国の噂を聞く。
藁をもすがる思いで出掛けて行って、その国で彼が見たものは、類稀な調停を行なう一人の姫神(姫巫女)であった。
 ~続く~

次回は「東映仁侠映画風」博徒の卑弥呼が登場します…って、どんな映画になるのやら?(汗)まずはお楽しみにぃ~(笑)

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←(8)卑弥呼は女王ではなかった    →(6)海を渡った日本の姫神
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


米と魚と冷奴に熱燗?w

お米を食べない日はないですものね。

パンも良いけど、3食パンだとお腹の持ちも変な感じです。


水は本当に大事ですよね。
そしてその力は怖い。
一気に街を人を飲み込んでしまいます。

手を入れればすっと入るのに、重さはまるで怪物のようです(´;д;`)ウッ…


映画?(*^~^*)~映像は無しですか?^^
#479[2014/07/17 09:39]  yume-mi  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#480[2014/07/17 09:41]     

Re: y様 COありがとうございます^^

> 米と魚と冷奴に熱燗?w
> お米を食べない日はないですものね。

ははは…日本人に生まれた幸せを感じる、至福のひと時ですね♪

> 水は本当に大事ですよね。

水無くしては農業…いや、人そのものが成り立ちませんね。

> 映画?(*^~^*)~映像は無しですか?^^

残念ながら、ブログでは映画が作れないんですよ~><
次回は「東映仁侠映画風」論文小説…って事になりますね(笑)
#481[2014/07/17 13:47]  sado jo  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

時々「ただ今、メンテナンス中」の画面が出ますので、
Fc.2が、深夜にブログサーバーのメンテナンスをやってるみたいですね。
#482[2014/07/17 13:51]  sado jo  URL 

おかしいですねぇ(汗)

自分は米を食べない日が結構あったりしますw
パンと麺類、そして唐辛子と香草、レモンがあれば生きていけるようですw

親戚に日本人でない人はいないはずなんですが(汗)
魔法少年だから、ということにしておきましょうw

確かに水を巡って、血で血を洗う争いが起こっていた、というのは聞いたことがあります
#483[2014/07/17 21:36]  blackout  URL 

Re: CO ありがとうございます^^

> 自分は米を食べない日が結構あったりしますw
> パンと麺類、そして唐辛子と香草、レモンがあれば生きていけるようですw

さすがにblackoutさんはグローバルですねぇ~^^
実は私も結構パンが好きだったりします。ただ、パン食はオカズの分量が難しい><

> 確かに水を巡って、血で血を洗う争いが起こっていた、というのは聞いたことがあります

日本には古くから「村八分」と言う慣習がありました。なぜ十の内、二分を残したか?
どんなに爪弾きにしても「水」と…後何だっけ?の世話だけはちゃんと焼いたそうです。
それほど、水は生きる為に重要だと言う事を、昔の人も知っていたんですね~^^
#484[2014/07/17 21:57]  sado jo  URL 

自分も気になったので、グーグルティーチャーに聞いてみましたw

⬇️によると「火事」「葬式」だそうです
http://user.shikoku.ne.jp/pochi3/zatugaku/data/murahati.htm

放置すると、自分を含めた周りの人間に迷惑がかかるもの、ということのようですね
#485[2014/07/18 21:38]  blackout  URL 

Re: わざわざ、ありがとうございます^^

> 自分も気になったので、グーグルティーチャーに聞いてみましたw
> ⬇️によると「火事」「葬式」だそうです
> http://user.shikoku.ne.jp/pochi3/zatugaku/data/murahati.htm
> 放置すると、自分を含めた周りの人間に迷惑がかかるもの、ということのようですね

なるほど、二つとも他人の生活を脅かしますね~
自分も含めて、一人暮らしの人が多い今の世の中。
一種「村八分」の様なもんですが、火事と孤独死は避けたいです(笑)
#486[2014/07/18 22:51]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←(8)卑弥呼は女王ではなかった    →(6)海を渡った日本の姫神