シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

選ばれたる女 ~アヴェマリア賛歌~

アヴェマリア

選ばれたる女 ~アヴェマリア賛歌~

夜の帳が 街を覆い
何も持たない 貴女が 
生きるための糧を得ていた たったひとつの場
汚れた繁華街も 燈るネオンはめっきり減った

ふらつく足元を照らす 灯りを奪われて
騒々しい酔い客の足も いつしか遠のいた

やっけっぱち騒ぎも 一段落ついたと見えて
人は再び 滅亡へと向かって歩き始めたようだ

悪魔は 燃える水の力を借りて人を争わせ
魔女は 穢れた金貨をもって人を狂奔せしめ
欲望に飢えた人々は 争い合い 奪い合い

力のある者だけが 勝ち上がり
力の無い者は 踏みつけられて泣く
巷は 渦巻く怨嗟の声に満ち溢れているが

ただ一人 純粋無垢な聖娼婦だけは
魔界に入る パスポートを持たず

世界に破局が迫り来る 今この時

蚊帳の外で 弥勒を待ち
私はここで 閻魔を待つ


アヴェマリア  歌:ナナ・ムスクーリ

にほんブログ村 小説ブログへ

 


明日9日は「長崎原爆投下の日」
アメリカが、彼らの神の住まい「天主堂」の頭上に原爆を投下したのは皮肉な事です。
神殺しと人殺しの罪…幾ら「許せ」と言われても、焼かれて死んだ者はそんな気持ちになれないのですよ。
穢れた娼婦のアヴェマリアがなぜ真っ先に救われたのか?…神は外見などご覧にならない。心だけであります。
何者も「因果の法」から逃れる事は出来ません。さて、弥勒は誰を救い、閻魔は誰を罰するのでしょうか?
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←悪魔に魅入られた世界    →神の手違い
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#568[2014/08/08 02:18]     

Re: y様 COありがとうございます^^

確かにベトナムでも無差別でした。ロシア(旧ソ連)も同じ事をやってるけど…
両国とも世界を不幸にするだけで、存在価値の無い国です。

広島も長崎も、街の中心にある目立つ建物をターゲットにしただけの事。
それだけの事で、それが教会だろうと、何だろうと彼らには関係なかった。
そこに数万の人が生きてる事も…懺悔にも値しない上っ面だけの信仰心ですよ。
そう言えば、アメリカは未だに神への信仰に殉じた殉教者を一人も出して無い。
#569[2014/08/08 07:03]  sado jo  URL 

自衛力のない国は滅びるとはいえ、やはり集団的自衛権は素直に認められませんね。
あんなものは下手をすると新たな戦争の引き金になります。
日本はかの大戦で何を学んだのか
某首相はかつての日本を取り戻さないでもらいたい(笑)。
#571[2014/08/08 09:34]  西條すみれ  URL 

Re: s様 COありがとうございます^^

そもそも、強力な武装をしなければ生きて行けない。
武装すればするほど、軍隊は金を食い、戦争の規模は拡大し、民間人の死者が増える。
こんな人口調整のパラドックスを作ってしまったのは、オス・牡・♂・男であります。
人類創生の手違いに気付いた神が、Y遺伝子を滅ぼしに掛かるのも当然の帰結かも。
女子の皆様、アダムはお先に土に帰りますので、後はイブ同士で仲良くやって下さい(笑)
#572[2014/08/08 14:52]  sado jo  URL 

こんばんは♪

人は、争い無くしては、生きていけない生きものなのでしょうか。
いえいえ、この地上に居る生きもの全てが値しますね。
人間社会だけは、争いのない社会であって欲しいです。
#2869[2015/10/19 23:16]  ・・冴恵・・  URL 

Re: 冴恵様COありがとうございます^^

> 人は、争い無くしては、生きていけない生きものなのでしょうか。
> いえいえ、この地上に居る生きもの全てが値しますね。
> 人間社会だけは、争いのない社会であって欲しいです。

う~ん…その肝心の人間が一番地上に破壊を齎してるのが現状です><
自分が天に睨まれてる…と言う自覚の無いのが多すぎますからね。
かく言う私も、そんな亡者の一人かも知れません…です(笑)
#2870[2015/10/20 00:32]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←悪魔に魅入られた世界    →神の手違い