シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」
シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その5

朝凪のリ・マージョン
嶺国の少女達が描く 旅立つ友を送る朝凪のリ・マージョン

 アーエルが指差した先には、祭壇と思しきものがあった。
 当然、テンプスパティムが祭られている。とばかり思っていたネヴィリルには見つけられなかった訳だ。
 その巨大な石の祭壇の上には、大きな車輪のついたピラミッドが祭られていた。
 車輪は七重の輪でできていて、輪の中に七つの渦巻き文様が刻まれていた。
 その下の台座に、輪を指し示す4人の巫女らしき人物のレリーフが刻まれ、さらにその下に、10人の巫女らしき人物がいて、その回りを、これまた大勢の巫女のような人々が取り巻いていた。
(これは何を表しているんだろう?)ネヴィリルは近くに寄って、そのレリーフを見つめた。
「ネヴィリル。この模様、何だか翠玉のリ・マージョンによく似てない?」
 アーエルが、七重の輪の中にある渦巻き模様を指差しながら言った。
(確かに…言われてみればそうだ。これは翠玉のリ・マージョンだ。でも、なぜ七つも?)ネヴィリルは不思議に思った。
 台座の下の方には、何か碑文のようなものが刻まれていた。
「何が書いてあるんだろうね?ネヴィリル」
「えぇ、何かしら?…見た事もない不思議な文字だわ」
 その文字は、アーエルもネヴィリルもまったく見た事がない…まるで、どこかの別世界の文字のようだった。
(この神殿は、いつ頃からあったのだろう?…もしかしたら、まったく別の世界から来たのかも知れない)
 ネヴィリルは、昔コール・デクストラがこの遺跡で、無理な翠玉のリ・マージョンの訓練をしたために、時空がとても不安定になっている…と、聞いていた事を思い出した。

 その時、ズズ~ン!と、地鳴りのような音が上から聞こえて来て、足元がグラグラと揺れた。
 天井からは、バラバラと石のかけらが床に落ちて来た。
(そうだった。遺跡は爆撃されているんだった)
 アーエルとネヴィリルは、夢から覚めでもしたように、ハッ!と我に返った。
 段々と足元の揺れが大きくなり、列柱の石にはひびが入って、神殿の大広間は音を立てて崩れ始めた。
「まずいよネヴィリル。逃げよう!」
「そうね、回廊の方に出ましょう」
 アーエルとネヴィリルは、急いで回廊に跳び出ると、出口を探して走り始めた。
 古代神殿が崩壊する音を後ろに聞きながら、二人は無我夢中で回廊の中を走り抜けた。
 走って、走って、ようやく、上に登って行けるらしい石の階段を見つけた二人は、懸命にそこを駆け上がった。
 階段は途中で途切れたが、アーエルとネヴィリルは互いに支え合いながら、暗いトンネルを上へ上へとよじ登った。
 やっと光が見えて来て、二人は地上に転がり出た。そこは、最初に入ったのとはまったく別の洞窟だった。
 どうやら爆撃は止んだらしく、空に高速シミレの機影はなかった。アーエルとネヴィリルは何とか助かった。
 息がすっかり途切れて、もう立っていられなかったので、二人はそのままごろりと横になった。
 そして、アーエルとネヴィリルは、あの時の事を思い出していた。

 戦いに敗れ、アルクス・プリーマで囚われの身となっていたアーエルとネヴィリルは、宮国のシムーン・シュヴィラを尊敬する嶺国の巫女に助けられ、やっとシムーンに乗って空へ飛び立った。
「行きましょう、アーエル。自由になれる場所へ…」ネヴィリルが言った。
「そうだね。ネヴィリルと二人で…」アーエルも答えた。
 しかし、すでに後ろからは、4機の嶺国の古代シムーンが迫ってきていた。
「追いかけて来るよネヴィリル。急がなきゃ捕まってしまう!」
 アーエルは、ネヴィリルにそう言いながら、シムーンの速度を上げた。
 ところが、アーエルとネヴィリルを追ってきた古代シムーンは、ふいに翼をひるがえすと、空に航跡を描き始めた。
「待ってっ!…あれは朝凪のリ・マージョン」
 それは旅立って行く友を送るために、空に描く友情のリ・マージョンだった。
 アーエルとネヴィリルは、心で結ばれた同じ少女たちに見送られながら、空に幾重もの螺旋模様を描き始めた。
 それは『翠玉のリ・マージョン』…宮国に伝わる謎に包まれた伝説のリ・マージョンだった。
 シムーンのヘリカル・モートレスの回転は極限にまで達し、時間と空間は次第に融合して行った。
 そして、ついに無限なる異空間への扉が開いた。
 すべてを飲み込むものすごい閃光と共に、辺り一面が真っ白い世界に変わった。まるで何もない無の世界に。
 それは、ただアーエルとネヴィリルだけが存在する世界だった。
 二人の乗ったシムーンは、その白い世界の中を、ただひたすらに突き進んで行った。
 眼下には、地上の景色が見え隠れした。違う世界の様々な町や村が、山や海の風景が…
 そして、それらの景色は、矢のようなスピードでまたたく間に通り過ぎて行った。
「アーエル…アーエル…」どこかから、懐かしいリモネの呼ぶ声がした。
(あぁ、ドミヌーラと一緒に、どこかの世界に行ってしまったリモネの声がする…どこだろう?)
 しかし、アーエルとネヴィリルの意識は、徐々に遠のいていった。

第2話【帰還】終了 → 第3話【花叢(かそう)】へと続く

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←「星の物語 その1」 ~テラの旅~    →乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その4
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←「星の物語 その1」 ~テラの旅~    →乙女達の祈り 第2話 【帰還】 その4