シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」
シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その1

グラギエフ少女時代
シムーン・シュヴィラ時代のアヌビトゥフ(左)とグラギエフ
(少女の時は「アヌビトゥラ」「グラギーア」と言う名だった。こんなに可愛かったんです)

 私の家にやって来たネヴィリルとアーエルは、まるで罪を犯した者のように縮こまっていた。
 アーエルはうつむいたまま私の目を避けていたし、ネヴィリルはしょんぼりしたまま突っ立っていた。
「どうしたんだい?二人とも…嶺国本土への爆撃を防いだそうじゃないか。立派な手柄を立てたんだからもっと胸を張って」
 私がそう言って励ますと、ようやくネヴィリルが消え入りそうな声で言った。
「申し訳ありませんグラギエフ…私たちはアヌビトゥフを殺しました」
「アヌビトゥフを殺したって…何か悪い夢でも見たんじゃないのか?」
 私が取り合わずにはぐらかすと、やっとアーエルも顔を上げて言った。
「私たちが撃墜した礁国の飛空母艦には、アヌビトゥフが乗っていたんです…でも、その事を全然知らなくて」
 私の頭は、一瞬ハンマーで殴られでもしたかのように真っ白になった…事実を受け入れるにはかなり時間が掛かった。
「そうか…そうだったのか」私は、それだけ言うのがやっとだった。
「お詫びのしようもありません」ネヴィリルとアーエルは深々と頭を下げた。
「いや、君たちに責任はない。すべては戦争のせいだ」私はやっと冷静さを取り戻してそう言った。
「でも、アヌビトゥフは私たちのシムーンを見たからなのか撃ってきませんでした…なのに私たちは」
 ネヴィリルはしゃくり上げるようにして泣き出した。アーエルの目からも涙が流れていた。
「いかにもアヌビトゥフらしいな~…彼が礁国に徴兵されて去った日からいずれこんな事が起きるような予感がしていたよ」
「でもアヌビトゥフはあなたにとって、とても大切な」
 ネヴィリルはそう言い掛けたが、妻の方を見て言いにくそうに口ごもってしまった。
「いや、気にする事はないよ…マーテルには悪いが、確かにシムーン・シュヴィラだった頃は私はアヌビトゥフと恋仲だった」
 私がシュヴィラだった時代の恋を告白すると、聞いていた妻は笑いながら言った。
「あらあなた、少女時代には誰だって好きな人の一人や二人はいるわよ…私だってアムリアが大好きだった」
「へぇ~、君がアムリアを好きだったとはねぇ~…それは初耳だ」私も場を和ませようとして笑った。
「ネヴィリルに取られちゃったけどね~…でも、片想いでもいいかなって…だからあの事故はとってもショックだったの」
「それでシュヴィラをやめたの?…知らなかったわ。だけどグラギエフは」ネヴィリルは言った。
 私は少し戸惑ったが、いっそこの際すべてを正直に白状する事にした。
「そうだな~…あの当時、私はパルだったアヌビトゥフを深く愛していた。いつか一緒になって暮らそうと思っていた」
「なぜ一緒にならなかったんですか?…あ、ごめんなさいマーテル」
 アーエルは妻を気にしてそう言ったが、妻は逆に私をけし掛けて来た。
「泉に行く年になった時、アヌビトゥフは男を選ぶと言った。彼が男になるなら、私は女になって一生彼の側にいようと思った…しかし、彼は飛空士になる道を選んだ。私よりも空に恋をしていたんだよ…それで仕方なく私は男になった」
「そうだったんですか~…そんな事とは知らずに私たちは」
 ネヴィリルが話を聞いて余計に辛そうな顔をしたので、私は自分自身をも慰めようとして言った。
「いや、空で死ねたのならむしろアヌビトゥフにとっては本望だった事だろう」
 泣き止んでいたネヴィリルとアーエルがまたしゃくり出してしまった…妻がそんな二人をやさしく抱きかかえた。
(なぜ我々大人は、こんないたいけない少女の、小さな胸を痛めるような戦争をするのか?その昔、私が愛したアヌビトゥフを殺した罪は、欲望のために戦争に血道を上げる我々大人の方にあるのだ)
 私はアヌビトゥフの死よりも、少女達に平和を与えてやれない自分や大人たちの不甲斐なさを嘆くしかなかった。

 ~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その2    →事実は小説より奇なり 〇秘番外編「女人禁制:?なし芳一」
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#603[2014/08/16 02:17]     

Re: y様 COありがとうございます^^

普通の人には理解し難いハンデがある…と言うのは辛いものです。
好きでそんな風に生まれたり、そうなった訳では無いのですが…
頑張るのはいいですが、決してギリギリまで無理をしない事です。
身体がダメだ!と訴え出したら、恥も外聞も無く、ともかく休んで下さい。
自分がガラス細工だと言う事を自覚して、人に合わせようとしない事です^^
#605[2014/08/16 14:16]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#607[2014/08/17 02:09]     

よろしくお願いします

コメントありがとうございました。
こちらこそ、いつも楽しく読まさせて頂いております。
こちらもリンクさせていただきました。
#608[2014/08/17 12:06]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: 身体が弱い人は…

人並みに、人に合わせなきゃ…って思うから、つい無理してしまう><
横を見ないで、自分のペースで、身体に合わせて走って下さい。
人生はマラソンより長い…リタイアするより、遅れても完走する事が大切^^
#609[2014/08/17 15:44]  sado jo  URL 

Re: こちらこそ、リンクをありがとうございます^^

> コメントありがとうございました。
> こちらこそ、いつも楽しく読まさせて頂いております。
> こちらもリンクさせていただきました。


シリーズ作品を長く続ける人の持続力には、いつも感心します。
大変だとは思いますが、ぜひ、最期までやり通して下さい^^
#610[2014/08/17 15:53]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その2    →事実は小説より奇なり 〇秘番外編「女人禁制:?なし芳一」