シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~」
シムーン第二章 ~乙女達の祈り~ 小説本編

乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その2

田園のリ・マージョン
死んだ仲間を追悼する田園のリ・マージョン

 アーエルとネヴィリルを乗せたワポーリフのヘリカル車は、なだらかな丘を下って小さな牧場に着いた。
 あれ以来、塞ぎ込んだままのネヴィリルを心配したアーエルがワポーリフの牧場に連れてきたのだった。
「景色もいいし穏やかな場所ね~…とっても戦争をしてるとは思えないほど」ネヴィリルはほっとしたように言った。
「いい所でしょ…元はワウフの牧場だったんですが、彼が南部に行く時に譲ってくれたんですよ。子供を育てるには絶好の環境だからって」
 ワポーリフはそう言うと、アーエルとネヴィリルをヘリカル車から降ろして一緒に牧場の中に入った。
「お帰り~っ…パパ~」たちまち幼い子とお腹の大きなモリナスが、赤ん坊を抱いて家の中から出て来た。
「お帰りなさいワポーリフ。元気だった?…あらっ!アーエルとネヴィリルが一緒なのね」
 モリナスは二人を見ると、うれしそうに側に寄ってきて五年ぶりの再会を喜んだ。
 「久しぶりね~モリナス。すっかりいいお母さんになっちゃって…まぁ~とっても可愛い赤ん坊」
 ネヴィリルはそう言いながら、モリナスが抱いている赤ん坊をうれしそうに見た。
「可愛いでしょ~…この子アーエルって言うのよ」
「アーエル?」
「そう、上の子はネヴィリル…今お腹の中にいる子はパライエッタにしようかなって」
「まァ~、モリナスったら…コール・テンペストでも作るつもり」
「そうね…ワポーリフがう~んとがんばってくれたらね」
 モリナスはワポーリフを見ていたずらっぽく笑った。
「おぃおぃ、モリナス…僕はそんなに体力は」
 ワポーリフは、足にまつわりついて甘えてくる幼いネヴィリルをあやしながら照れ笑いした。
「久しぶりだからみんなでお茶にしましょうよ」モリナスはそう言って赤ん坊を抱えたまま台所に向かった
「私も手伝うわ」ネヴィリルはそう言いながらモリナスの後を追って家の中に入った
 その間にワポーリフは幼いネヴィリルをアーエルに預けて庭に出すテーブルと椅子を取りにいった。

 台所では、モリナスとネヴィリルがお茶の準備をしながらコール・テンペスト時代の懐かしい思い出話をしていた。
 だが、その話題がアヌビトゥフの話になったとたんに、急にネヴィリルの顔が暗くなってしまった。
「どうしたの…何かあったの?」怪訝に思ったモリナスはネヴィリルに尋ねた。
 ネヴィリルは、悲しそうに戦いの渦中でアヌビトゥフを殺してしまったいきさつを話した。
「命ってはかないものね~…だから人は子供を残そうとするのね」モリナスはポツリと言った。
「そうね…あっけないものね」ネヴィリルは悲しそうにつぶやいた。
「私はもう空を飛べないけど、子供たちが大きくなったらきっと私の代わりに空を飛んでくれるの」
「そうなるといいわね~」
「誰かが空を飛んで…その人がいなくなったらまた次の人が空を飛んで…そうやって永遠に続いていくの」
「永遠に続く事を祈りたいけど、今の空は擦り切れてしまってるから」*(シムーン主題曲『美しければそれでいい』から引用)
「アヌビトゥフが死んでしまっても、きっと誰かが彼のように空を飛ぶのよ」
「………」
「だから、誰かがこの空を…世界の平和を守らなくっちゃ~ね…その人には悲しい事や辛い事がたくさんあるだろうけど」
 そう言いながらモリナスはそっとネヴィリルを抱いた…ネヴィリルはモリナスの胸にすがって泣いた。

 久しぶりにみんなで揃って飲むお茶は格別の味がした。ネヴィリルは気持ちがほぐされる思いがした。
 幼いネヴィリルは、もうすっかりアーエルになついてしまって、手を引っ張っては庭で遊びたがっていた。
 アーエルの子守の上手さは天性のものだろうか?…ネヴィリルは嶺国で過ごした日々の事を思い出していた。

 気持ちが癒されるようなひと時を過ごしたアーエルとネヴィリルは、ワーポーリフのヘリカル車に乗って大聖堂に帰って来た。
「あっ!あれを見て。ネヴィリル」ふいにアーエルが空を指差して言った。
「あれはっ!…田園のリ・マージョン」ネヴィリルの胸には熱いものがこみ上げて来た。
 大聖堂の空には、死んだ友を追悼するための田園のリ・マージョンの航跡が輝いていた。
 ネルケから話を聞いたコール・ブルーメの少女たちが、アヌビトゥフを弔うために、全員でリ・マージョンを描いたのだった。
 悲しい事も、苦しい事も、シムーン・シュヴィラの少女たちは、みんなで分かち合う事を知っていた。

 ~続く~

* シムーン主題曲 『美しければそれでいい』 作曲・歌:石川智晶


にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その3    →乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その1
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~


赤ちゃんって本当にお顔が赤いのですね^0^
だから赤ちゃん♪

みんなに愛されるように
可愛いと聞いたことがあります。

幼子のいるご家族のあの、なんとも言えない
優しさに包まれた雰囲気って見ていても穏やかになります^^
愛されることを知って愛をまた覚えていくのかな~(*^~^*)

#611[2014/08/18 02:50]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: y様 COありがとうございます^^

> みんなに愛されるように
> 可愛いと聞いたことがあります。

赤ちゃんを近付けて反応を見ると、動物の知能レベルが分かるそうですね。
犬や猫は勿論、狼や熊でさえ興味を持って匂いを嗅いだり、舐めたりするそうです。
赤ちゃんを可愛がる動物は人間に近い感情を備えてるのでしょう。だから友達になれる。

> 幼子のいるご家族のあの、なんとも言えない
> 優しさに包まれた雰囲気って見ていても穏やかになります^^
> 愛されることを知って愛をまた覚えていくのかな~(*^~^*)

幼い子供は、何かしら癒しの命のオーラを発してるのかも知れません。
日本でも昔から「七つまでは神のうち」と言う諺があります。
大人は、いつから純粋な命のオーラを失って穢れたのでしょうかね~(笑)
#612[2014/08/18 14:14]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その3    →乙女達の祈り 第6話 【陰謀】 その1