シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

シンドローム(症候群)

残響のテロル

今、二つの症候群(シンドローム)が、この国をジワジワと蝕んでいるそうです。
(▼ 大手ニュース社配信の安全なリンクである事を保障します。クリックしてご覧下さい)

【1】 「無職(無業)の若者」

【2】 「働かないオジサン」

みなさんは【1】はハナから働く気の無いニート(引き篭もり)、【2】は退職前の窓際族と言う先入観をお持ちでは無いでしょうか?
もし、そうであったとしたなら、それは大変大きな間違いです。
【1】も【2】も、本来、労働意欲は持っているのに、その環境が整わないが為に起きているシンドロームらしいのです。
要約すれば、【1】は組織のメンバーに加えてもらえない人であり、【2】は組織の中で必要とされなくなった人になります。
つまり「組織社会からはじき出された人々」と言う事になるのです。
その原因は、やはり終身雇用に見られる日本型雇用社会。その上に築かれた信用を重んじる組織偏重社会にたどり着きます。
そこから浮かび上がるのは、武士の世から「お家を大事」とし、組織を中心に、組織の歯車として働いて来た日本人の姿です。
日本人は、長い間、組織の中に個を埋没させる事によって自分の居場所を獲得し、生甲斐を見出し、安心感を得て来ました。
しかし今、激しく流動する世界の中で日本型社会は揺らぎ、誰しもが確たる居場所を見出せなくなっているのが実情です。
最近のNEWSを見ますと、組織の中で抑圧された個、或いは、彷徨う個が社会に害を及ぼしている事件が数多く見受けられます。
個が無いと言われる日本人は、しかし、最初から個を持っていなかった訳ではありません。見出せないだけなのです。
今日私達は、組織の中に埋没してしまった…組織に頼らない、組織に拘らない個、自立した個を発掘する必要に迫られています。
それは必ず、組織の一員で無い自分を見つけ、自身で生甲斐を見出し、自分に自信を持つ事に繋がると思います。

余談ではありますが…
昔、さる大企業の下請け会社の方が来て、その大企業の名を名乗ったので「この人自信が無いのかな?」と思った事があります。
最近「残響のテロル」と言うアニメが放映されていて、とても興味深く視聴させていただいています。
そこには組織の矛盾や歪んだ不条理と、組織からはじき出された者達の葛藤が描かれています。
ある意味、組織と言うものは個よりも、遥かに巨大な不条理を内包する存在ですが、飲み込まれている個にはそれが見えません。
(先の震災で「東電社員」のブログが幾つも炎上しました。組織を正視眼で見る事の出来ない発言が、市民に反感を買ったのです)
それが当たり前だと思っていると、気付いた時には【1】や【2】の様になっていた…と言う事になりかねないのです。
あなたは組織人間になってはいませんか?組織から切り離され、組織からはじき出された時、あなたは本当に大丈夫でしょうか?

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←やはり…神戸「生田美玲ちゃん」行方不明事件    →地球年代記 ~カルマ~ 第4話「ホモ・サピエンス」 (5)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


日本人って社会の中で合わせて
上の言うことに黒でも白と言われれば黒に見えてしまい
そんな組織(組織っていい言葉ですね^^)の中では窮屈だと感じる人は
(本当はそれが正しいのかもしれない)弾き飛ばされちゃいますね。
いざとなれば何もその中では守ってもらえないかもしれないのに。

若者はゆとり世代からいろいろと言われてますが、その中でも
勉学に励んだもの、そのまま、ゆとりをとったものとの 差が大きいと聞きました。
自分は・・・
ついつい組織の中でカメレオンのように同色の色で誤魔化し目ただないように
生きている気がします。




#758[2014/09/23 02:54]  yume-mi  URL  [Edit]

組織として日本人の良くないところは人物や内容より上下で相手を判断する点と
新環境への適応力がない点(英語力も然り、古い考えを捨てられない頑固さ)ですね。
確かに日本の技術は世界中から注目を集めていると評価できますが
どの国より一倍に仕事熱心になっている分自尊心が強く
働いていない人の現状(心境)が理解できてませんね。
ええ、佐渡さんのおっしゃる通りです。
人によっては「甘え」の一言で片づけてしまうし、甘えとはまた違うと思いますが。
本当に端から働く気がないなら話はまた別ですが、そんな人は少ないでしょう。
#759[2014/09/23 10:07]  西條すみれ  URL 

将来設計が出来ない

こんにちは(^^
終身雇用は他の見方を変えれば、将来設計を立てやすい雇用システムだったと思います。
何もせず踏ん反りかえる一部の奴は腹ただしいけど。
給料が勤める年数に比例して上がっていくので、ローンを組みやく将来の設計を立てやすかったと思います。
それを(長い目で見れば)ある日突然、能力主義に差し替えられ
企業や上司の匙加減で評価を下されやすい未熟で丁稚な整備の元に実行され
重ねて不景気が後押しして、生活の基盤をメチャクチャにされた感じがします。
将来、自分達が食べていくだけで精一杯になるかもしれないのに
子供なんて産める状況ではないでしょう。
それこそ昔なら、口減らしとして子供を××したところだと思います。
本当に日本経済を何とかしてほしいですね……。
#760[2014/09/23 11:43]  ヘタリーナ風鈴  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 日本人って社会の中で合わせて、上の言うことに黒でも白と言われれば黒に見えてしまい
> そんな組織の中では窮屈だと感じる人は弾き飛ばされちゃいますね。
> いざとなれば何もその中では守ってもらえないかもしれないのに。

旧日本軍では上官が「鴉は白い」と言ったら、部下も「白い」と答えたとか。
組織の為に個を封じる。それは有名な「私は貝になりたい」の悲劇を生みました。
日本軍は他国の軍隊と違って「個が意思を持たない」軍隊だったのです。

> ついつい組織の中でカメレオンのように同色の色で誤魔化し目ただないように
> 生きている気がします。

面白い表現ですね^^
しかし、カメレオンは「獲物を狩る」と言う、確たる自己の意思で持って化けているのです。
日本人は自己の意思で化けているのでしょうか?だだ、やらされているだけなのでは?(笑)
#761[2014/09/23 13:04]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> 組織として日本人の良くないところは人物や内容より上下で相手を判断する点と
> 新環境への適応力がない点(英語力も然り、古い考えを捨てられない頑固さ)ですね。
> 確かに日本の技術は世界中から注目を集めていると評価できますが
> どの国より一倍に仕事熱心になっている分自尊心が強く、働いていない人の現状(心境)が理解できてませんね。

組織的風土の中で囲われて育ち、狭い範囲を世界だと信じている。
異なる考え方や、文化に馴染めず、異なる業界人との交際も少ない。これを島国根性といいます。
外国のCEOの話を聞いてると、ハンパではない広範囲な見聞の広さを持っているのが分かります。
若いのによくこれだけ知っている…海外のは確かに最高経営責任者ですが、日本のは社長ですね。
おっしゃる通り、政治家も社長も「なぜこの人は働かないのか?」理解できて無いと思います。
#762[2014/09/23 13:30]  sado jo  URL 

Re: 風鈴様 COありがとうございます^^

終身雇用は、自由を失う代りに、安定した生活が出来ると言う良い面もあります。
戦国時代は、力があれば誰に着いても良い自由があり、それが下克上と混乱を招きました。
徳川幕府は身分を分け、自由を奪う代りに、安定を与え、今日に通じる幕藩体制を築きました。
それが、制度疲労を来たした時に、日本人はただ外国の制度を真似ただけの体制に刷り替えた。
諸事の対応能力に欠ける日本人の由来はそこから来てると思います…言わば根っこが無い。

日本人が好む「忠臣蔵(赤穂浪士)」を私なりに解釈した文をいつか発表したいと思ってます^^
そこに本質を刷り替えて、それが真実だと誤認識してしまう日本人の体質が良く現れてますから…
#763[2014/09/23 13:59]  sado jo  URL 

払うものを払えば、誰かが守ってくれる

そんな時代は、5〜6年ぐらい前に終わっていると思います

滅私奉公したって裏切られて終わるだけです

終身雇用はもはや幻想です

自分は、10年ぐらい前から、その辺をなんとなく感じたので、極力滅私奉公の度合いが少ない生き方、俗に言う非正規雇用を選びました

小説だけでいきなり生きていくのは難しいので、ある意味やむなしでしたが、業務内容自体は、自分に適正があったので、それなりに楽しめています

今も、なんだかんだで、100%ではないものの、自分の思い通りに生きていられていると実感できているので、結果オーライですね
#764[2014/09/23 21:34]  blackout  URL 

Re: blackoutさん COありがとうございます^^

「国家の為に国民がいる」と言ったのはソビエト連邦のスターリンでした。
「会社の為に社員がいる」と言って来たのは日本の経営者だったのかな?
確かに10年位前から、ソビエト連邦の様に日本企業(組織)も崩壊し始めてますね。
どうやら生き残るのは組織人間では無く、個人の意思を持った自立した人間の様です。
blackoutさんもその一人なのかな^^
#765[2014/09/23 22:03]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←やはり…神戸「生田美玲ちゃん」行方不明事件    →地球年代記 ~カルマ~ 第4話「ホモ・サピエンス」 (5)