シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

アニメ /コミック

「残響のテロル」本当の主役

ハイブ

かって全国から知能指数の高い孤児を集め、施設に収容して新薬を投与し、人工的にサヴァン症候群に似た状態を作り出す。
そして、国家の為に天才的な人材を育成しようと言う、政界の大物と製薬会社が仕組んだアテネ計画と言うものがあった。
だが新薬の副作用で、モルモットの孤児達のほとんどは犠牲になり、ナインとツェルブとハイブは施設からの脱走を試みる。
ナインとツェルブは何とか脱走に成功するが、なぜかハイブだけは途中で引き返してしまう。

それから10年…ナインとツェルブは青森の核処理施設から極秘裏に製造された原子爆弾を盗み出し、復讐の為に次々とテロを起す。
そうした彼らの前に立ちはだかったのは、過酷な人体実験に耐えて生き残り、アメリカ政府のFBIの尖兵となったハイブだった。
彼女はなぜあの時、ナインやツェルブと一緒に施設から逃げなかったのだろうか?
それは、一緒に逃げては、ライバルであるナインに勝つ事が出来なかったからなのだ。
ナインに勝つ為には、人体実験に耐えながらでも施設に残り、ナインと対極の立場にいる必要があった。

天才として成長したハイブは、アテネ計画の中止と共にアメリカNESTに引き取られ、FBIに加わって日本にやって来た。
上官の諫言を無視して、次々とナイン達にゲームとでも言える謀略を仕掛け、翻弄するハイブの姿には凄みすらあった。
ナインが自分達に過酷な扱いをした…言わば組織の残滓を引き摺っているのに対して、彼女は完全に自立した存在だった。
アメリカFBIと言う巨大組織の中にありながら、組織に従属していない本物のテロリストだった。
ここまで見ると「残響のテロル」と言う物語の主役は、断然ハイブであろうとさえ思えた。

だが、そんなハイブは「第10話:HELTER SKELTER」で死んでしまった。
ようやくナインを追詰め、チェックメイトを掛けた時には、実験の後遺症の為、彼女の体はすでにボロボロになっていた。
FBIと言う巨大組織に平然と反逆し、上官クラレンスを射殺して、ハイブは手錠を掛けられたままのナインに迫る。
「撃ち殺される!」とナインは覚悟を決める。しかし、絶体絶命のナインを前にして彼女はこう言ったのだ。
「これで私は終った。あなたは私の分まで生きて…」
彼女は初めてナインに勝った…ナインを越えたのだった。
満足そうな笑みすら浮かべて、ガソリンの漏れた車を撃って、自爆して死んで行くハイブは何ともいい女である。
さようなら…ハイブ。君のいない「残響のテロル」は本当につまらないよ。

誰にも頼らず、組織の中にあっても確固たる自分の意思を持って生きる…実に死なすにはもったい無いほどのいい女だった。
ハイブの生き方は、寄らば大樹とばかり組織に身を寄せ、組織人間と化してしまった日本人を嘲笑っているかの様に見えた。
サラリーマンは自らの意思で、組織にテロを仕掛ける(暴力的な意味では無く)位の気持ちを持っていなくてはならない。
その意味では、柴崎刑事=オィデプス王も、ギリシャ神話同様、国家組織の王=間宮殺しのテロリストであるのかも知れない。
きっと、サラリーマンは、そこら中にザラに居るザラリーマンであってはいけないのだろう…とさえ思った。


残響のテロル オープニングテーマ 「Trigger」 歌:尾崎雄貴

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←新企画!「ビーストハンター」 スタート    →やはり…神戸「生田美玲ちゃん」行方不明事件

~ Comment ~


自分を常に持っていて
大勢の中でもきちんと少数の意見も言えて
また言えるだけの理由もきちんとみなを
納得させるほどのものがある。

そんな人がもしかして結局大勢の中で
排除されたとしても、(大勢のものもわかっていても受け入れたくないのは
自分を否定する事を意味する場合もあるから)

そんな人に憧れる部分もあるけど、自分はできないし
出来るだけの説も立てられない。多くの日本人がそうであるように
長いものに巻かれる傾向があります(;^-^)
#778[2014/09/26 02:00]  yume-mi  URL  [Edit]

思えば我々日本人は幼少期から組織型人間になるよう教育されてますね。
「みんながそうだからあなたもそうしなさい」はもちろん
「あの子は○○大学に行ってちゃんと勉強してるのに」というように
人(あるいは集団)と比べられ、そこに合わせるように教えられます。
確かに、集団に合わせるのも間違いではないんですが、それは個を潰すことになり
最悪無個性な群集の一部になったり1人では何もできなくなってしまいますね。
なので私はどんなにガミガミ言われてもテスト勉強はしませんでした(笑)。
心理的リアクタンスが働いたのもそうですが、しなくてもベスト5には必ず入れるし。
そんなことはともかく、個性がないのはそれだけでつまらないですね。
#779[2014/09/26 12:45]  西條すみれ  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

シリアのISISなど、今のテロリストは皆、同じ顔に見えます。
結局、組織を頼みにするばかりで、全然個性が感じられない><
かってのゲバラなどのテロリストは、しっかりした個を持っていた。
だから、たった一人でも南米のジャングルで闘う事が出来たんです。

上官が「欧米人の首を斬れ」と言ったら、部下は「はい」と素直に従う。
こんなのはテロリストじゃ無い!テロリストを名乗るただの会社員(笑)

なぜ?…なぜ?…なぜ?…と組織や自分に意味を問いかける姿勢を持って無い!
ゲバラならこんな無意味な事はしませんね。自ら敵の親玉の首を取りに行くはずです。
「死ぬのは俺一人で充分だ」と言ってね…男らしいでしょ^^
長いものに巻かれるばっかりで、男らしい男が居なくなりましたね~><
女子のみなさんが、結婚相手を探すのに苦労する訳だ(笑)
#780[2014/09/26 14:20]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

英雄色を好む…と言うのは手当たり次第!と言う意味ではありません。
シーザーの妻クレオパトラ。アーサー王の妃グェネヴィア。天武天皇の妃、持統天皇。
ほら、みんな個性の強い、下手すれば自分の方が毒殺されかねない女ばかりでしょ(笑)
なぜ英雄は扱い難い女を選ぶのか?己の子は己を越える存在でなければならないから…
保守化して硬直した組織は進歩を阻害し、国は滅びます。英雄達はそれを知ってました。

舗装された障害の無い道より、茨の生い茂る道を一人で進んで行くのが男子です。
組織の中で群れている羊を相手に選ぶか?苦労を承知で岩壁に立つ狼を相手に選ぶか?
最近、進撃の巨人の「リヴァイ兵長」が女子の間で随分人気があるそうです。
なぜでしょうか?彼の妻になる女は苦労しそうな気がするんですけどね(笑)
#781[2014/09/26 16:55]  sado jo  URL 

なぜかと聞かれたので(笑)

リヴァイ兵長、確かに潔癖症だし夫にするにはいろいろと苦労しそうですね。
ええ、まあ、あくまで一般論ですが
リヴァイ兵長ってあれでも仲間思いな部分があるじゃないですか。
苦労するにはすると思いますが、ときどき見せる愛情というか
ツンデレな部分に女子は惹かれるんだと思います。あくまで一般論ですが。
#782[2014/09/26 17:25]  西條すみれ  URL 

Re: 男子から見た「リヴァイ兵長」の魅力♪

1)無意味に人に干渉しない (縛られないから、女子は自由が利いて楽しめる)
2)確固とした意思を持っている (モノに動じないから、側にいて信頼出来る)
3)的確な判断をする (行く時は行く。引く時は引く。犬死しない安心感がある)
4)困難をものともしない (楽したい人は付いて行けない。女子は苦労するだろう)
5)部下思いである (自分の事以上に大事にしてくれそうだ。女子には有り難い男)

歴史上で似た様な男は、ナチスドイツでは特異な存在だった「ロンメル元帥」
兵士達の間で人気が有り過ぎて、それを恐れたヒットラーによって処刑された。
リヴァイ兵長が権力者達の嫉妬を買って、処刑されない様に望みたい…と思います。
#783[2014/09/26 18:43]  sado jo  URL 

ザラリーマンw
ちょっと出歩くと、そこら中にいますよね

猫気質の自分には、去勢された飼い犬のように見えてしまいますw

自分は、組織の中で言うことを聞いているようで、実は好き勝手やっている、ある意味タチの悪いヤツですw

タイプ的には、No.2,3タイプでしょうね
ナチスで言う、ラインハルト・ハイドリヒだと勝手に思ってますw

暗殺されんようにしなきゃですねw
#784[2014/09/26 22:33]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

blackoutさんらしいですね~^^
私もサラリーマン時代、専横過ぎる部長にテロを仕掛けて会社を辞めました。
辞める時に社長に「惜しい男だ」と言われ、な~んだ、ちゃんと見てたのかと思いました。
もう、その言葉で充分…自信を持って自営を始め、病気で倒れるまで十数年やれましたね。
厳しい様に見えますが、従業員にはやさしい経営者だったと思いますよ(笑)
自営は資金25%、スキル25%、人間性50%…資金やスキルより、人間性が重要です。
だから、人間性のある若者に店を譲りました。何だか自慢話みたいになりましたね(笑)
#785[2014/09/27 00:37]  sado jo  URL 

Re: 追信:組織内テロの奨め

思うに、企業や組織のTOPは、それなりの信念や危機感を持ってやってる人が多い。
問題は年功序列で上がって来た中間層です。これが組織を保守化させ硬直させている。
だから下は中間層にいい意味でのテロを起し、TOPは中間層に圧力を掛ける様にする。
中間保守層を目覚めさせ、組織の硬直化を防ぎ、仕事に比例した報酬を分け与える。
そうすれば組織は活性化すると思います。意外とTOPと若者は異床同夢の同士なのです。
#790[2014/09/27 13:33]  sado jo  URL 

ありがとうございます
おっしゃるとおりだと思いますです

>下は中間層にいい意味でのテロを起し、TOPは中間層に圧力を掛ける様にする

今、自分がやろうとしていることもこれですw

極力無益な犠牲を出さずに、活性化する組織を創りたいと考えています

硬直化させてたお局の1人が退職しましたし、なんだかんだで同志もそれなりにいることに気付いたので、今年中にある程度の形ができればと思ってます
#799[2014/09/28 19:29]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

優れたTOPは、後から来る人が心配だから、かなり危機感を持ってる人が多いです。
終身雇用・年功序列の中間層にはそれが無い。席を確保する為に保身に走ってますね。
組織も人間と同じで、進化し続けないと滅びの道を歩みます。保守・硬直化は癌です。
何だかS.Bの「孫正義CEO」みたいな事を言ってますが、いい意味でのテロは必要悪です。
#801[2014/09/28 20:53]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←新企画!「ビーストハンター」 スタート    →やはり…神戸「生田美玲ちゃん」行方不明事件