シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼その他の小説」
時のない世界の少女

時のない世界の少女 (5)

時のない04

「昔は大勢いたけど、今はあたし一人…みんな奴らに捕まって連れて行かれてしまったから…」
「僕はどうなの?…僕も生きて動いてるから君の仲間だと思うんだけど…」
「仲間?…あんた全然分かってないじゃない」彼女は軽蔑するような目で僕を見た。
 僕はしばらく考えた(きっと僕の知らない間に、世の中が変になってしまったんじゃないだろうか?)
「う~ん、長い事引きこもってたからね~…世の中がどうなってしまったのか全然分かんない」
「そう…それじゃァどうしようもないわね」
「僕、三科(みなし)スグルって言うんだ。ねぇ、教えてよ。何があったのか?」
「あたしは神靱(かみゆぎ)サヤ…サヤでいいわ。何があったのかなんてあたしにも分かんない。気が付いたらそんな世界になっていた」
「サヤ…っていい名前だね。で、どんな世界になってたの?」
「街で見た通り…人も、物も、全部止まったまんまで全然動かない。ほら時計も動いてないでしょ」
 サヤはそう言って、ベッドの枕元に置いてある目覚まし時計を指差した。確かに時計の針は止まっていた。
「別に疑うわけじゃないけど、故障してるとかじゃなくて…?」
「これが故障!」サヤは少しイラッ!としたらしく、やおら目覚まし時計を手に取った。
(しまった!怒らせちゃった…ぶつけられる)そう思って僕は手で顔を覆った。。
 ところが、サヤは突然手に持っていた目覚まし時計から、サッ!と手を離した。
「あっ!」目覚まし時計は、飛んでも来ず、落ちもせず、宙に浮いたままになっていた。
「しっ!大きな声を出さない。奴らに聞こえたらどうすんの…これが現実よ」
 僕はサヤに怒られた…サヤはツンツンしてはいたが、まったく僕を拒絶しているようではなかった。
 多分、長い間一人っきりでいたので、人と話すのが下手になってしまったのだろう。
 危ない所を助けてくれたし、根は悪い子じゃないみたいだと感じた。
「見ての通りよ…手に触れた物は動かせるけど、手を離したらその場で止まってしまう」サヤは言った。
「そうなんだ~」僕は呆気に取られたまま、宙に浮いている目覚まし時計を見つめた。

 それから、サヤは起きた事をかいつまんで話してくれた。
 ある日、突然何もかもが動かなくなり、自分一人が世界に取り残されてしまった事。
 さまよい歩いている内に、作業服を着た男たちに見つかって追い掛けられた事。
 同じような仲間と出会って、一緒に行動を共にした事。
 その後、その仲間たちが次々と作業服の男たち…回収業者に捕まって連れて行かれてしまった事などを…
 そうして、ようやく僕は自分の置かれている状況が、おぼろげながら掴めて来た。
 世界は停止したのだ…時間が止まったと言った方がいいかも知れない。何もかもが動かなくなってしまったのだ。
 でもいつから?…僕にとっては今日の事だけど、サヤは、ずっと前から世界が止まっていたように言っている。
 そして、なぜか分からないが、どうやら僕たちは、あのおじさんたち…回収業者と言うのか?に狙われているらしい。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←「かごめ」に込められた呪詛    →時のない世界の少女 (4)
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


こんばんは。

いつ見つかるかってやっぱり
ドキドキして 毎日眠れもしないですね。

真夜中に読むと自分もそんな世界のいるのじゃないかと
勘違いしてしまいますw

>やおら目覚まし時計??
やおら?って初めて聞く言葉です。いきなりとかと同じかな(;^-^)



#850[2014/10/08 02:18]  yume-mi  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> いつ見つかるかってやっぱりドキドキして 毎日眠れもしないですね。
> 真夜中に読むと自分もそんな世界のいるのじゃないかと
> 勘違いしてしまいますw

見つかったら恐いですね~
相手の正体も目的も不明で、何人いるのか、どんな組織なのかも分からない。
その前に自分がどんな世界にいるのか?まったく分からない恐さもあります。
尤も、日常でも人間は自分の居る世界を本当に把握出来てるんでしょうかね?(笑)

> >やおら目覚まし時計??
> やおら?って初めて聞く言葉です。いきなりとかと同じかな(;^-^)

ご名答です。やおら=唐突に。と言う俗語ですね^^
#851[2014/10/08 15:04]  sado jo  URL 

回収業者に何故狙われているか。
その謎を知るのが楽しみです。
#854[2014/10/10 04:33]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 回収業者に何故狙われているか。
> その謎を知るのが楽しみです。

時間の無い世界で主人公を狙って来る様々な業者たち。
その背景には何があるのか?どんな組織の者たちなのか?
物語が進むにつれて明らかになって行きます^^
#858[2014/10/10 13:35]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←「かごめ」に込められた呪詛    →時のない世界の少女 (4)