シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「呪詛」ダヴィンチコードの謎を解く

「かごめ」に込められた呪詛

かごめ

【呪詛】=(ずそ)呪いを掛ける事。掛けた呪いの言葉。

<序文>
日本人は、古より発する言葉には魂が篭る=「言霊」として、言葉を大切にして来た民族であります。
世界でも口が重い民族だと言われる日本人は、反面、たった一つの現象に対しても多彩な言語表現をいたします。
それは、身は滅しても思いは残ると信じて、思いを残す事に執着して来た日本人特有の感性の現れではないでしょうか?
従って、今では他愛の無い言葉も、元を探れば恐るべき深い意味を持っていたりする事もあるのです。

一般に呪詛の言葉は、人の口に登りやすい様に、韻律を含んだ「詩」や「歌」などの形を借りて留め置かれています。
それとは知らずとも、その言葉を発する人が多ければ多いほど、呪詛は力を増し、より効果的になるからなのでしょう。
今日の我々は、つい知らずして、呪術者の巧みな術中にはまっているのかも知れません。
このシリーズは「童謡」「和歌」「俳句」「祝詞」「お経」に至るまで、今に残る呪詛の言葉の数々をを探訪して行く予定です。

<本文>
童謡 「かごめ」

 かごめ かごめ
 かごのなかの とりは
 いついつ で~やる
 よあけのばんに
 つるとかめがすべった
 うしろのしょうめんだ~れ~

「かごめ」
…とは一般的な表現で「籠女=遊女」を指しているものと思われます。

「かごのなかのとりはいついつでや~る」
籠の中の鳥(遊女)は、いつになったら囚われの身から解放されるのだろうか?
…と言う意味に取れなくもないのですが…

「よあけのばんに つるとかめがすべった」
この下りの日本語は、何かしら不自然に思える節があります。
なぜなら「夜明けの晩」などと言うものは存在するはずが無いからです。
それが、次の言葉「つるとかめがすべった」で真意が明らかになって来ます。
元来おめでたの象徴である「鶴と亀」が滑った。これは試験に滑った(落ちた)と同意であります。
つまり「籠の中の鳥の、さらに籠の中」…遊女のお腹の中には、命が宿っていたと言う事なのです。
しかし、その命は、夜明けを迎える事無く晩になってしまった…のでは無いでしょうか。

「うしろのしょうめんだ~れ~」
ならば、後ろの正面に居るのは「水子の霊」…と言う事になるはずです。
振り返った子供は、自分の後ろに産まれて来れなかった無念な思いの水子を見るのです。

察するに、この遊女は「身請けしてやる」とか言う、男の甘い口車に騙されて身篭ったのでしょう。
しかし、男は遊女を散々もてあそんだ挙句、用が済んだら、さっさと捨てて逃げてしまったに違いありません。
遊女が妊娠していては稼ぎにならない…そこで、遊郭の主人は、遊女のお腹の子を強制的に流産させたのです。
その遊女の無念の思いが呪詛となって、今日に伝わったものだろうと思われます。

今にして思えば、知らなかったとは言え、よく幼い頃にこんな恐い歌を平気で口ずさんでいたものだと思います。
自分にもニ、三人の水子がいますが、何の事は無い…あらかじめ、自分自身に呪詛を掛けていた様なものでした。
それが祟って、今日の今、病気がちなのかな~?と思ったりもいたします。

最近、日本では幼児虐待や幼児殺し。又、身障者傷害事件など、弱い命を軽視する人が増えています。
この世に生を受けた魂は、例え胎児であろうと、体に障害を持っていようとかけがえの無い尊い命であります。
命を傷付け、奪う事がどれほど自分自身に恐ろしい呪詛を掛ける事になるか…やっている人は哀れと言う他はありません。
非科学的なものなどは信じない…と小ばかにしている人は、この世が人の思いで動いている道理を知らないのです。
心(魂)から発した思いは、エネルギーとなって、言葉となり、物を動かし、この世を動かしているのですから…
ある意味、呪詛は人の思いの闇かも知れませんが、だからこそ知っておかなければならないものだと言えます。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←産経新聞 前ソウル支局長 起訴事件に思う    →時のない世界の少女 (5)

~ Comment ~


こんばんは~

何気に聞いていても
深い意味があったのですね。
夜明けの晩…確かに普通ではありえないですものね。

身ごもった水子の霊が後ろに?
わ・・・でもそれでも会いたいですよね。
会えなかった子だから。

昔話も最後が結構残酷だといわれてますものね。
わたしはずっと『呪い』の漢字が何故、口に兄なのかなと考えていたことがあります。
調べてわかってなるほどって思いました。
#853[2014/10/10 02:20]  yume-mi  URL  [Edit]

私は何かのテレビで夜明けに後ろから妊婦を突き落としたと聞きましたが
今冷静に考えてみればただの夜明けであり
夜明けの晩というのもありえないので佐渡さんの説のほうが正しいと思います。
最近では経済的な理由や周囲に知られたくないがために
せっかく産んだ子を2人も隠して放置したなんて事件も聞きますし
子供が増えない、安心できないと世も末ですね。
#855[2014/10/10 10:05]  西條すみれ  URL 

こんにちは
かごめかごめは怖いなと思います。
#856[2014/10/10 12:31]  ネリム  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 何気に聞いていても深い意味があったのですね。
> 夜明けの晩…確かに普通ではありえないですものね。
> 身ごもった水子の霊が後ろに?
> わ・・・でもそれでも会いたいですよね。

産まれて来て、みんなと一緒に遊びたかった…でも、自分は見えない。
「見て欲しい」と言う水子の思いが、子供にあんな遊びをさせているのかも…
目を開けて振り返ったら、後ろに知らない子が立っていた…のですね
>
> 昔話も最後が結構残酷だといわれてますものね。
> わたしはずっと『呪い』の漢字が何故、口に兄なのかなと考えていたことがあります。
> 調べてわかってなるほどって思いました。

昔は結構残酷に見える風習が存在していました。
今から思えば、不条理・理不尽なものですが、ちゃんとした理由があった様です。
#857[2014/10/10 13:29]  sado jo  URL 

「かごめかごめ」が呪歌である、というのは「帝都物語」でも読みましたが……。
あまりに不気味な歌詞ですから、納得できてしまいますね。
みんな、子供心に「おかしな歌詞だなあ」と思いながら歌ってるんですね。

読んでいる内に、生まれて来られなかった我が子に会いたくてかけた呪なのかな、とかも思ってみたり。
夢でもいいから、ひと目会いたいし、抱きしめたいですから。

児童虐待も中絶も子殺しも、昨日今日の問題ではないんですよね。
#859[2014/10/10 13:49]  椿  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

「敗者は泣き、勝者は滅ぶ」と言う有名な神託の巫女の言葉があります。
その意味が「夜明けの晩」と言う言葉と妙に被るんですよね。
かのアレクサンダー大王は夜明けを見ようとして、結構惨い事もしました。
しかし、僅か10年で「夜明けの晩」を見る事になってしまった。
自己の野心で他の者を排除した人々の多くは「夜明けの晩」を見ています。
魂の(無念の)思いは増幅し、やがてその人を飲み込む…それが呪詛なのかな?
#860[2014/10/10 13:56]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 児童虐待も中絶も子殺しも、昨日今日の問題ではないんですよね。

弱い者は、強い者に対して何も出来ないで犠牲になります。
しかし、その無念の思いは呪詛となり、何かの形で留め置かれ、或いは広がります。
そんなはずは無い!こんなはずは無い!と言うものの多くはそこから来てるのでは?
アストラル体、或いは宇宙意識と言うものが存在する事は昔からよく知られています。
人は何かあると、一生懸命未熟な科学で起った現象を解明しようと努めます。
「人乱るれば、天地乱るる」と昔の人は言いました。なせそこに目が行かないのかな?
人は、極力他を害さない生活をした方が良いと思いますね^^
#861[2014/10/10 14:34]  sado jo  URL 

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> かごめかごめは怖いなと思います。

怖い言葉(呪詛)は、まだたくさんあって、人は知らずにそれを使っています。
子供は100円が何か知らなくても、100円持って店に行けば100円のお菓子をもらえます。
人は知らずと言葉(言霊)を発して、100円分の呪詛をもらってるかも知れませんね。
#862[2014/10/10 17:16]  sado jo  URL 

「かごめかごめ」失われたアーク説もありますよね♪
わらべ歌は謎が多いですね。「花いちもんめ」も食い扶持を減らすために娘を売るけど安く買い叩かれる…という意味だと聞いたことがあります。

なんか、今の女の子にはワガママをやらせてあげたくなりますねw

#871[2014/10/11 21:25]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

Re: 小奈鳩様 COありがとうございます^^

> 「かごめかごめ」失われたアーク説もありますよね♪
> わらべ歌は謎が多いですね。「花いちもんめ」も食い扶持を減らすために娘を売るけど安く買い叩かれる…という意味だと聞いたことがあります。

呪詛が込められた歌や詩は多いですね~^^
昔の日本社会は表から見るのと、裏から見るのとでは大違いです。
ネタは尽きないので、一つ一つ掘り起こして行こうと思ってます

> なんか、今の女の子にはワガママをやらせてあげたくなりますねw

う~ん、犯罪に巻き込まれやすい弱い存在ですからね~
何とか安心して遊べる様にしてやりたいですね^^
#874[2014/10/12 00:29]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←産経新聞 前ソウル支局長 起訴事件に思う    →時のない世界の少女 (5)