シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼その他の小説」
時のない世界の少女

時のない世界の少女 (7)

時のない06

 僕が入った向かいの部屋は、さっきの部屋よりは小さかったが、それでもなかなかゴージャスなものだった。
 サヤに言われた通り、ドアの鍵を掛けると、僕はWベッドに身を投げ出した。足がズキズキ痛んでいた。
 周りはやけにシーンとして、物音一つしない。僕は何だか急に淋しくなって来た。
(そうかァ~…iPodもスマホもパソコンもない。いや、あっても使えないんだよな~…時間が止まってるんだから)

 完全な静寂の中に置かれると、ふと、あれだけクラスのみんなに苛められた学校生活が懐かしく思えて来た。
 僕は小さい頃から身体が弱かった。朝礼の時に倒れたり、授業中に気分が悪くなる事もしょっちゅうだった。
 兄貴のマサルに似て、頭は良い方だと思う。学校の成績も良かった。でも、身体の方が付いていかなかった。
 外見からは見えないが、僕は自律神経のバランスが崩れやすいらしく、保健室の世話になる事がしばしばだった。
 そんな僕は、クラスのみんなからよく苛められた。なまじ成績が良かったから、余計に反感を買ったんだろうと思う。
 家では、よく兄貴のマサルと比べられた。兄貴は身体も丈夫で、大学の法学科に進学した。将来は弁護士になるそうだ。
 父さんは負けず嫌いな性格だが、人生は負け続けだった…だから僕たちに勝(マサル)と優(スグル)と言う名前を付けた。
 それだけ僕たちに期待していたんだろう。兄貴は父さんの期待通りになったが、僕は途中で挫折してしまった。
 その日に限って体調を崩して受験も失敗し、それからは家に引きこもるようになってしまった。
 そんな所だけ父さんによく似て、ついてないのだ。なのに父さんには「根性なしのヘタレ」と言われた…ショックだった。
(そう言えば、みんなはどうしてるんだろうなァ?やっぱり母さんみたいに回収業者とか言うのにさらわれたんだろうか?)
 自分がひどく孤独に思えた。でも、考えても仕方がないので、取りあえずお風呂に入る事にした。

 僕は、すっかり汚れてしまった服を脱ぎ捨てて、バスルームに入った。
 湯舟に手を入れると、サヤの言った通りお湯は温かかった。時間が止まっているから温度もそのままなのだ。
 シャワーのカランを捻ってみたが、お湯は出て来なかった。仕方がないので、洗面器にお湯を汲んで頭から被った。
 お湯は身体に触れている間はサ~ッと流れるけど、身体から離れた途端に停止して固まってしまった。
 飛び散ったお湯も、ただよう事もなく宙に浮いたまま、水玉になって止まっていた。
 お湯が排水口まで流れて行かないので、仕方なく手や洗面器ですくって、元の湯舟に戻さなければならなかった。
 サヤがシャンプーを使ってはいけない。と言った理由が何となく理解できた。
 湯舟に入ると、まるでそこだけがくり抜かれたようにスポンと開いた。
 ちゃんと水の感触はあるのだが、見た目はゼリーの中に体ごと入ったみたいな感じだった。
 そんな妙な感覚を除けば、ちゃんと温まったし、最悪の一日だった今日の疲れも取れそうな気がした。
 お風呂から上がると、サヤに言われた通り冷蔵庫の中から氷を取り出して、痛めた足首を冷やした。
 そうして、クローゼットの中にあったホテルのバスローブを着て、ベッドの上にゴロリと横になった。

 でも、その晩はなかなか寝付く事ができなかった。
 サヤは何年も何年も…と言っても時間がないのだから、年を数えようがないのだが…
 たった一人でこんな世界で生きて、あの回収業者とか言う大人たちと闘って来たのだろうか?
 淋しい時や、辛い時もたくさんあっただろうに…僕だったらとても耐えられそうにない。
 女の子は強いんだなァ…と思った。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←時のない世界の少女 (8)    →時のない世界の少女 (6)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


この時のない世界のホテルに
自分も泊まっているように感じましたw

水が水玉になり飛び散り固まる。
映像ならどんな風になるのかなと 
想像しました("▽"*)

頭の良い家族に生まれたお子様は、プレッシャーになり
自律神経を壊された方が身近にいらっしゃいます。
それも何人か。
優君もそんな一人だったのですね。。。
#897[2014/10/17 02:27]  yume-mi  URL 

Re: y様 COありがとうございます^^

> 水が水玉になり飛び散り固まる。
> 映像ならどんな風になるのかなと想像しました("▽"*)

自分の体から離れた物体が止まる…と言うのは宇宙空間に似てますね^^
ただ、宇宙空間にも一つの例外があるんですよ。

> 頭の良い家族に生まれたお子様は、プレッシャーになり
> 自律神経を壊された方が身近にいらっしゃいます。それも何人か。

人は自己と他のレベルを比較する動物ですからね。度が過ぎると神経を壊されます。
最近、女子の間でマウンティン症候群と言うのがあると聞きます。
あれは牡特有の行動様式なんですが、ついに女子にも!…と驚いてます。
何でも競争意識を煽るのはどうか?と思いますけどね~><
#899[2014/10/17 13:53]  sado jo  URL 

不思議なお風呂シーンでした。

シャンプーを使っちゃったらどうなったのかな、と思ったり。

何もかも普段とは違う時の停まった世界にドキドキします。
#901[2014/10/17 18:38]  椿  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 不思議なお風呂シーンでした。
> シャンプーを使っちゃったらどうなったのかな、と思ったり。
> 何もかも普段とは違う時の停まった世界にドキドキします。

時のない世界で雨が降ってたら素敵でしょうね^^
空中にたくさんの水玉が浮いている中を、彼氏と二人でデート…なんてね。
宇宙飛行士は歯磨き粉を食べるそうです。吐き出したら大変な事になるから。
後、下品な話ですが、下の方はどうしましょう?作者としては悩んでいます><
それらのシーンはカットして、読者のご想像にお任せするしか無いですね(笑)
#902[2014/10/17 18:56]  sado jo  URL 

ふれれば使えるならばっちりだね(´・ω・`)
水も腐らないし匂いもしないからいいけど何度も使うのはちょっといやかもね
後始末もあるし
#903[2014/10/18 19:16]  しまうさぎ  URL  [Edit]

Re: しまうさぎ様 COありがとうございます^^

> ふれれば使えるならばっちりだね(´・ω・`)
> 水も腐らないし匂いもしないからいいけど何度も使うのはちょっといやかもね
> 後始末もあるし

時が停止してるので、雨が降りません。水道も使えません。
でも、触れた部分しか腐食しない(それもすぐ止まる)ので、半永久的に使えますね。
浴槽を洗う必要も無いし、浴室も掃除しなくていいから楽ですね~^^
いや、これはズボラ者の考えですが(笑)
#904[2014/10/18 21:28]  sado jo  URL 

時間が止まった中では、本来癒やされるはずの入浴をしても、癒やされませんよね。
その感じがとても良く出ています。
#907[2014/10/19 15:08]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 時間が止まった中では、本来癒やされるはずの入浴をしても、癒やされませんよね。
> その感じがとても良く出ています。

ありがとうございます^^
普通に有りえる事が、普通で無いとあたふたしますよね~
実はお手洗いの場面を想像してみましたが、描写するとR18を越えてしまい
女子の皆様の手前、書くのはやめました。いや~、考えると恐い世界です。
#908[2014/10/19 20:29]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←時のない世界の少女 (8)    →時のない世界の少女 (6)