シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼その他の小説」
時のない世界の少女

時のない世界の少女 (9)

時のない09

 人が誰もいない事を除けば、コンビニの中はついさっきまで営業していた様な雰囲気だった。
 商品は整然と陳列棚に並べられ、壁際の冷蔵庫のガラス戸には、落ちてこない水滴がそのまま貼り付いている。
 店員のいないカウンターには、具の入ったおでん鍋が置かれていて、湯気が漂いもせずに宙に浮いたまま止まっていた。
(そう言えば、昨日からハンバーガー一個食べたっきりで、他に何も食べてなかったっけ…)
 僕は空腹に誘われて、思わず備え付けの菜箸で、おでんを摘まんで口に持って行こうとした。

「ヤケドするわよっ!おでんは熱いままなんだから…」たちまちサヤの注意が飛んで来た。
「あっ!そうか~」僕は慌てて菜箸を置いた。
(そうだった。ここでは自分で直に触れない限り、温度はそのまま変化しないんだった)
 僕は仕方なくおでんをあきらめて、横のホットケースから、熱すぎるくらいの肉まんを取り出してパクついた。
 やはり僕と一緒でお腹が空いていたのだろうか、サヤはショーケースからチキンサンドを取り出していた。
「あんたは冷蔵庫の中から飲み物を調達してくれる。紙パックやペットボトルに入った物が軽くていいわ」
 サヤはチキンサンドを頬張りながら僕にそう言った。
「OK,紙パックとペットボトルに入ってるドリンクだね」
 僕が冷蔵庫の方に行くと、サヤはパンやお菓子を並べてある陳列棚の方に向かった。
 冷蔵庫を開けて、リュックサックを下ろすと、僕はサヤに言われた商品を選んで中に詰め込んだ。
 ふと、以前テレビで見た外国の暴動で、暴徒が商店を略奪する光景が頭に浮かんで、何だか罪悪感が湧いて来た。
 でもここは誰もいないんだ…店員も客も、母さんみたいに回収業者とか言うのに連れて行かれたに違いない。
 そう思って気を取り直して、飲み物をリュックに詰めていると、ふと横にある新聞や雑誌のコーナーが目に入った。
(いつのなんだろう?)気になった僕は、新聞を取って開いてみた。驚く事に日付はごく最近のものだった。
(サヤの話と食い違っている。なぜだろう?)そう思った僕は、サヤに新聞を見せようと、パンやお菓子の陳列棚の方に向かった。
 見ると、サヤはパンやお菓子の入ったリュックを投げ出したまま、刀を構えてしきりに辺りの様子を窺っていた。

「どうしたの?サヤ」
 何かあったのか?と思った僕は、サヤの側に寄って小声で尋ねた。
「シッ!」サヤは立てた人差し指を口に当てて、僕の言葉を制して言った。
「誰かがいる…パンやお菓子を食い散らかした跡があるから」
「ネズミとかじゃなくて?」
「いる訳ないでしょ…みんな止まったままなんだから」
「あっ、そうか~」
 僕はサヤにもらった短刀の柄を恐々握りしめた。
(もしかしたら、サヤの言っていた調査業者と言うのが僕たちを見張っていたのかも知れない)
 そいつらに出くわしたら、これを抜いて闘わなきゃならないんだ…僕はゴクリと唾を飲み込んで心の準備をした。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ホンネを言わなくなった日本人につける薬    →時のない世界の少女 (8)

~ Comment ~


こんばんは^^

誰もいないから、食べないと生きることが出来ないから
とはわかってても、物を勝手に持ってくるって
やはり罪悪感がでてしまいますね。

でもそれもきっと慣れるのでしょうね。
慣れないと生きてはいけないものね。

あ・・・わたしはそれは、1度も経験はないですw



#913[2014/10/21 02:49]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

そう言えば日本人って、災害時でも略奪とかはしませんよね~
外人は驚くそうですが…その生真面目な民族性は誇りに思います。
以前、道端で5万円ほど入った財布を拾って(保険証が入ってたので)近所のお爺さんに直接届けてあげました。
でも、お礼がコーヒー一本だけ…ってどよ?
まァ、お礼を期待して届けた訳では無いんで、いいんですけどね(笑)
#914[2014/10/21 14:36]  sado jo  URL 

動かない町で、動くのは自分たちだけ……って、きっととても淋しいんだろうな。

コンビニ食べ放題にはちょっと憧れますが。(←子供か)

いや、追われてるしそれどころじゃないですよね(^_^;)
#915[2014/10/21 14:49]  椿  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 動かない町で、動くのは自分たちだけ……って、きっととても淋しいんだろうな。
> コンビニ食べ放題にはちょっと憧れますが。(←子供か)
> いや、追われてるしそれどころじゃないですよね(^_^;)

銀行に行けば札束ごっそり、宝石店は宝の山…好きなだけもってけ~♪(笑)
…って夢見たいな世界ですが、肝心の人間がいないんでは意味が無いですね。
財宝も名誉も意味が無い世界では、人は何を求めるんでしょうか?ヤッパ愛かな?
#916[2014/10/21 17:22]  sado jo  URL 

どこかで見張られているのでしょうか。
ドキドキです。
展開がうまいですね。
#917[2014/10/21 20:21]  マウントエレファント  URL  [Edit]

生産者がいないから食べ物は消費される一方
人がたくさんいたら奪い合いだろうけど、ごく少数しか動けないしね

>>驚く事に日付はごく最近のものだった

静止したように見えても世界の時間は実はちょっとずつ動いていて補充されてる?
止まってる時間軸と現実で動いてる時間が別々にあるのかしらん?(´・ω・`)
#918[2014/10/21 20:26]  しまうさぎ  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> どこかで見張られているのでしょうか。
> ドキドキです。
> 展開がうまいですね。

見張っているみたいですね~…捕まったら大変だ!
でも拉致してどうするのか?イレギュラーとは何か?
現在の所は、まったく謎のままなんですね。
#919[2014/10/21 20:42]  sado jo  URL 

Re: しまうさぎ様 COありがとうございます^^

> 生産者がいないから食べ物は消費される一方
> 人がたくさんいたら奪い合いだろうけど、ごく少数しか動けないしね

多分、少人数では一生掛かっても食べ尽くせないほどあるのでは無いでしょか?
>
> >>驚く事に日付はごく最近のものだった
> 静止したように見えても世界の時間は実はちょっとずつ動いていて補充されてる?
> 止まってる時間軸と現実で動いてる時間が別々にあるのかしらん?(´・ω・`)

あ!いい所に気がつかれましたね。ソレ話が進んで行く内に重要な鍵になりますよ^^
#920[2014/10/21 20:50]  sado jo  URL 

うる星やつらの映画「ビューティフルドリーマー」(?)を思い出しながら読ませて頂いてます。あと「blood C」だったかな? 制服と日本刀。あれも重ねて、ロング三つ編み眼鏡っ娘で想像して読んでおります。
閉鎖系の物語は人間と世界の関係が本質的に現れますね♪
#921[2014/10/22 20:34]  小奈鳩ユウ  URL  [Edit]

Re: 小奈鳩様 COありがとうございます^^

ブラッド系から画像を引っ張ってくる手前、読者がイメージしやすい様に
ヒロインの名も「サヤ」にしました。我ながらイージーですね~(笑)
ただ、おっしゃる通り閉鎖世界の物語なので、バンパイア系ではありません。
時間が無い世界を苦労して想像しながら、書いてま~す^^
PCやスマホ使えない!動画動かない!風が吹かない!水も流れない!
子供は作れるのかな~?トイレは(なぜか拘ってる)どうなるのかな~?
エボラ(細菌)繁殖しないのは良いけど…切実な問題が山積みです(笑)
#922[2014/10/22 21:30]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ホンネを言わなくなった日本人につける薬    →時のない世界の少女 (8)