シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼その他の小説」
時のない世界の少女

時のない世界の少女 (12)

時のない12

 僕は慌てて、カナちゃんと一緒に駅前広場の周囲を覆っている植え込みの陰に隠れた。
 見ると、駅の構内から灰色の帽子を被り、灰色の作業服を着た二人の男が出て来た。手には何か地図の様な物を持っている。
 サヤは、もうリュックを下に下ろして、弓に矢をつがえていた。こっちに来たら射るつもりなのだろう。
 僕はカナちゃんを背中の方に隠して、短刀を取り出した。何としてもこの子を守らなければならないと思った。
 緊張の余り胸がドキドキした。でも、幸い男たちは何か話をしながら、僕たちとは反対の方角に去って行った。
(いつもこんな感じなんだろうか?よくサヤは見つからずに生きて来られたもんだなァ~)と思った。
「走れる?」サヤは振り返って僕たちに聞いて来た。
「あァ…」僕はそう答えた。
 僕はカナちゃんを引き寄せて抱え上げた。リュックが重くても、子供と一緒に走るよりその方が早いと思ったからだ。
 サヤは下に下ろしていたリュックを背負うと、駆け出して駅の構内に向かって行った。
 僕もカナちゃんを抱えながら、サヤの後に続いて走って、駅の構内に入った。
 駆け抜けながら見た駅の構内は、とても無人とは思えないほど華やかなものだった。
 切符の券売機や改札口はライトが灯され、花屋やみやげ物屋の出店や、旅行会社のポスターが普段通りに飾られていた。
 本当に時間が止まって、人だけがごっそりいなくなった…いや、多分業者に連れ去られたのだろうと思った。
 駅に繋がる陸橋を走り抜けて、ショッピングモールに着くと、僕たちは止まったままのエスカレーターを一気に駆け上がった。
「着いたわ。ここまで来れば一安心ね」
 さすがにサヤも疲れたのだろう。膝に両手を当てて、はァはァと息をはずませていた。
 僕も、ショッピングモールの入り口にカナちゃんを下ろして、座り込んだ。息も出来ないくらい胸が苦しかった。
「大丈夫?お兄ちゃん」カナちゃんが心配そうに聞いて来た。
「あァ、限界っぽいけど、何とか大丈夫だよ」僕は無理をして笑いながらそう答えた。

 やっと息が落ち着いて立てるようになると、僕はサヤについてショッピングモールに中に入った。
 モールの中は圧倒的にファッションの店が多かったが、家具や雑貨、ゲームや玩具、それに食材など様々な店が立ち並んでいた。
 サヤは、ここのモールをよく知っているらしく、三階まで上がるとスタスタと一軒の店の中に入って行った。
 どうやら制服の専門店らしい。ズラリと並べられた様々な学校の制服…良く見ると、僕が以前通っていた学校の制服もあった。
 サヤは、迷わずに「祥華女子高等学校」と書かれてある商品棚の前に行くとセーラー服を選び出した。
 それは、プロや実業団に数多くの選手を送り出しているスポーツ万能のお嬢さん学校「祥華高校」の制服だった。
「へぇ~、サヤって祥華高校だったんだ」僕は、今の今までサヤの着ていたセーラー服に気がつかなかった。
「そうよ…ボヤッとしてないで、あんたも自分とこのを選びなさいよ。この街の学校のなら大概揃ってるから…」
「僕は、去年卒業したよ…でも、時間止まってるんだし、高校時代に戻るのも悪くないか」
「本当は学生証がないと買えないんだけどね。でも、もう誰もいないんだし構わないわよ」

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←時のない世界の少女 (13)    →時のない世界の少女  (11)
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


止まっているエレベーターを歩くことが出来ません。
前から不思議でした。
何故か歩くと、揺れているような気がして?
アレだけはとても怖いです。

制服、思わず見入ってしまいました^^
ブレザーだったので、セーラー服は1度も着ていないのですが
あのぼうたいが可愛いですね(*'ー'*)
あの制服のお写真は、
sado joさんが撮影されてきたのですか?
#963[2014/11/02 02:33]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 止まっているエレベーターを歩くことが出来ません。
> 前から不思議でした。何故か歩くと、揺れているような気がして?
> アレだけはとても怖いです。

確かに普通の階段とは違う感覚ですね。堅いし、動いてる様な気がします。
>
> 制服、思わず見入ってしまいました^^
> ブレザーだったので、セーラー服は1度も着ていないのですが

なぜ、いかつい水兵の軍服が、女学生の制服になったのか?と言いますと
女子が結い髪を下ろして長く垂らす様になった明治時代。衣装の背中が
酷く汚れる様になった。そこで洗濯し易い幅広の後ろ襟のセーラー服が、
活発に動く女学生の定番制服として採用されたのだそうです。
画像はネットで探したものです(笑)
#964[2014/11/02 09:38]  sado jo  URL 

サヤさんは、スポーツ万能のようですね。
主人公がセーラー服を選んだら面白いかも。
『セーラー服ときかん坊』
#965[2014/11/02 16:31]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> サヤさんは、スポーツ万能のようですね。
> 主人公がセーラー服を選んだら面白いかも。
> 『セーラー服ときかん坊』

ははは…面白いコスプレジョークですねぇ^^
ただ、語り手のスグル君はヘタレだからどうかな~?
あ、そう言えばハロウィンで、メイド服の青年男子を見ました(笑)
#966[2014/11/02 22:16]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←時のない世界の少女 (13)    →時のない世界の少女  (11)