シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

宇宙は巨大なタイムマシン

タイムマシン

ライトノベル「時のない世界の少女」を書いていて、ふと思い当たる事があったので記載しておきます。
以前から意識してはいたのですが、自分はこの宇宙全体が巨大なタイムマシンなのでは無いかと思っています。
実は、我々は百年、千年、或いはそれ以上の時間を隔てた夜空の星を見ている訳で、宇宙は決してNOWではありません。
故に、計算上では他の天体に知的生命が存在したとしても、遥かに時空で隔てられた双方の出会いは限り無く困難なのです。
しかし、無人探査機?ならどうでしょうか?我々人類が他の惑星に探査機を送る様なやり方なら、不可能とは言えません。
NASAが数年掛けて惑星探査を行なう様に、亜高速飛行技術を持つ知的生命が、百年、千年掛けて地球に探査機を送ったとしたら…
その惑星が地球より時間を掛けて、恒星の周囲を公転し、そこに住む生命の寿命も、我々より遥かに長いとしたら…あり得ますね。
多分、その無人探査機は、重力フィールドやステルス機能を備え、人類の及びもつかぬ飛行能力を持っている事でしょう。
時間的に、本星からのコントロールは不可能ですから、全自動制御プログラムで、人類との接触を避けつつ探査を行なうでしょう。
高度に洗練された探査機とは言え、しょせんは機械ですから、万に一つ位は制御不能になって地上に落ちて来る場合もあります。
但し、その場合でも痕跡を残さぬほど、分解消滅する様に設計されているはずです。ロズウェル事件などはそのケースでしょうね。

いや、私が気にしているのはロズウェルのUFO事件の事ではありません。そんな例は他にも幾つか存在しています。
問題は…多分一つではなかろう、多くの知的文明が送り込んだ無人探査機が何を本星に送信したか?…です。
もし、この探査機が数十年前のナチスや、スターリン時代のソ連の暴虐を捉えて、その情報を本星に送信したとします。
その無人探査機の情報は、百年、千年掛けて本星に届く訳ですが、情報を解析した知的生命は、それをどう捉えるのだろうか?
思えば、人類の歴史は戦争と残虐の連続ですから、探査機の情報はかなり我々に不利なものになっているはずです。
全ての知的生命が紳士的であるとは限りません。それは人類をつぶさに見れば一目瞭然であります。
量子を凌ぐ速度の計算能力を有する彼らのコンピューターは、たちまち我々人類の来るべき進化を弾き出すでしょう。
紳士的な知的生命はこう思う「これはマズイ!野蛮な生命体が数百年後には我々の宙域の安全を脅かす」
好戦的な知的生命はこう思う「奴等は数百年後には、著しい進歩を遂げて我々の支配宙域に侵略して来るぞ!」
どちらの知的文明も導き出す答えは同じであります 「今の内に排除して置くべし!」
さて、排除の方法は彼ら次第です。一息に殲滅するか?緩慢に絶滅させるか?
前者を選択した場合は、彗星、隕石(流星)などの物理手段の他に、恒星や惑星の生命維持環境を激変させる方法があります。
後者の場合は、ウィルスや有害素粒子などの物理手段の他に、目には見えないスピリチュアルな手段に訴える手もあります。
地球上の生命は地質学によると、六度の大量絶滅を経験しているそうですので、一度や二度は仕掛けられたのかも知れません。
まァ、自分でもT.レックスの情報を解析したら、こんな奴が将来進化して、宇宙に脅威を及ぼす前に殲滅するでしょうね。
時の彼方からやって来る無人探査機は、数億年前から地球の生命の情報を何処かに送り続けているかも知れないのです。
従って、宇宙に乗り出す人類の今後の数百年は、非常に危険な時期に差し掛かっているのではないかと考えています。
いつ殲滅させられる、或いは死の罠を仕掛けられても、何も不思議ではありません。誰が考えても当たり前の常識です。
知的生命にとっては百年、千年、万年の時を費やすプロジェクトですが、彼らの生命時間が違えば、時の流れも当然違うはずです。
但し、仕掛けた側が今も存在していると言う保障は何処にもありません。すでに彼らの星の寿命も尽きているかも知れないのです。
しかし、現在の所、時を越えてやって来る知的生命からの挑戦に対抗する手段を、我々人類は何も持ち合わせてはいません。

タイムマシン仕様に作られている宇宙の構造を見るに付け、そんな恐ろしい話も考えられなくは無いのですが…
何はともあれ、我々はその宇宙と言う巨大なタイムマシンに乗って旅をしている「時間旅行者」である事には間違いありません。
すでに何千年も前に消滅した星の輝きを目にし、何万年先に誕生するであろう新しい星に思いを馳せながら…時は流れて行きます。
残念ながら、人の生命時間は非常に短いもので、僅か数十年ほどしかタイムトラベルを楽しむことが出来ません。
でも、せっかく無限の時空を見られる世界に生まれたのだから、お互いにいがみ合わずに時間旅行を楽しもうじゃありませんか。


11月3日の夜に、西日本各地で目撃された「火の玉」の正体は如何に?

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←未来標準    →人工のヒレで空を飛んだイルカ「フジ」

~ Comment ~


ついつい他の星に生物が居ることは
あるようで無いのかな?と思っていましたが

sado joさんの記事を読んで、よく考えれば
居てもおかしくないのね。と思いました。

星新一さんの本は、ほぼ読んだので未知なる宇宙の神秘は
とても興味があります。

宇宙からすれば、人間は短い命ですものね。
タイムマシンに 乗っているのだと考えて
空でも眺めてみます(*'ー'*)ふふっ♪
#985[2014/11/08 02:33]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

天文学上の計算では、ほぼ間違い無く他の天体に生命は存在します^^
してた…と言う方が正しいかな?なせなら我々が見てる星はもう存在して無いから。
その居なくなった彼らが送った探査機が、UFOとして活動してると考えた方がいいかも。
昔に宇宙に出たボイジャーが、何億年か後に他の天体に着けば、タイムマシンですよ。
遠い未来、他の天体の知的生命が、望遠鏡で太陽系の最期を観測するかも知れません。
どんな星も最期を迎える…そう思うと人類が争っているのが馬鹿馬鹿しくなりますね。
#986[2014/11/08 04:57]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#987[2014/11/08 09:55]     

一般にUFOと呼ばれる存在はわかりやすく言えばアドバルーン広告のような存在で
これまでの地球人の歴史上いきなり宇宙人が現れたら
地球人は驚き、侵略しに来たと勘違いして攻撃を仕掛けるだろうから
まずは我々……げふん! 宇宙人の存在を少しずつ知ってもらう、という説があります。

人類へと進化したのももともとは宇宙人が関わっていたという説もあり
その後の調査研究も含めて、地球はいわば箱庭のようなものなのかもしれません。
研究者側としてはその凶暴化したモルモット達が自分達の手に負えなくなる前に……
というのもあながち間違いではないのかもしれません。
信じるか、信じないかはあなた次第(笑)。
#988[2014/11/08 11:04]  西條すみれ  URL 

毎夜見上げる満天の星は何億年前も前の光。
中にはもう、存在しない星もあるかもしれない……。
そう思うと、不思議というかロマンというか、やっぱり不思議な世界に生きてますねー。

#989[2014/11/08 11:25]  椿  URL 

Re: o様 COありがとうございます^^

人はブラックホール(黒い穴)だと言いますが、中はシャインホールだそうです。
光を閉じ込めて外へ出さないので…しかも中の時間は微量にしか進まないとか…
まるで、臨死体験の神の世界の様で、もしかしたら人はその記憶が甦るのかも?
時間さえ止めてしまう巨大な圧力が掛かるので、人は生きたまま中へ入れません。
えぇ、地球など瞬時に塵の如く押し潰されます。争い合う愚かな人間ごとね(笑)
喧嘩してる蟻が突然靴で踏まれる様なもの…そう考えると争う人間は愚かですね^^
#990[2014/11/08 12:48]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

宇宙そのものが、誰かの実験の産物だと言う説もあります。
すると我々は理科で言うシャーレの中の細菌?どの種の細菌が生き残るか実験中か?(笑)
今の所、アメリカ菌が優勢、イスラム菌が抵抗し、ロシア菌と中国菌が様子を窺ってます。
勿論、菌が外(宇宙)へ出たら、エボラの如く脅威になるから、その前に消毒(抹殺)です。
人間が異分子を見たら、やたら攻撃すると言う習性は、多分細菌だからでしょう(笑)
馬鹿な細菌だ!小さなシャーレの中で領土争いに明け暮れている。

理科の先生「お~い、実験が終ったら日直当番はシャーレを消毒しておいてくれ」
日直の生徒「はい、生き残った細菌は全部焼却炉で処分して置けばいいんですね」
細菌の人間「あ~ちっ!あち…ここは何処だ?地獄の釜の中か?」いえ、ゴミ焼却炉です(笑)
#991[2014/11/08 13:24]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 毎夜見上げる満天の星は何億年前も前の光。
> 中にはもう、存在しない星もあるかもしれない……。
> そう思うと、不思議というかロマンというか、やっぱり不思議な世界に生きてますねー。

多分、今輝いている夜空の星は、ほとんどが死滅してもう存在していないでしょうね。
宇宙を司る「エントロピーの法則」は全てを空洞(均質)化し、やがて無に還してしまいます。
地球も例外ではありません。我々の生は時空をゆくタイムトラベル…つかの間の祭りです。
せっかくの縁日を、血で穢して台無しにする馬鹿共は祭りの邪魔…氏神様が怒ってます(笑)
#992[2014/11/08 13:46]  sado jo  URL 

タイムトラベルをしているとしたら、旅行を楽しんだほうが勝ちですね。
いがみ合わず、楽しく旅を楽しみたいものです。
#993[2014/11/08 16:08]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> タイムトラベルをしているとしたら、旅行を楽しんだほうが勝ちですね。
> いがみ合わず、楽しく旅を楽しみたいものです。

そうですね^^…このタイムトラベルは、決してお安くないですよ。
何せ、70年~80年分の「命」と言う代金を支払っての旅ですからね~
喧嘩したり、血を流して争ってる奴らは、金をドブに捨ててる様なものです><
「旅は道連れ、世は情け」…と昔の人は旅の楽しみ方を知っていた様です(笑)
#994[2014/11/08 17:14]  sado jo  URL 

こんばんわ
地球外生物はいると思います。
#995[2014/11/09 23:22]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> 地球外生物はいると思います。

そうですね^^
計算上では、地球外生命が存在する確立は非常に高いです。
ただ、出会うとなると、砂漠からダイヤモンドを見つけるより難しい。
#996[2014/11/10 00:49]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←未来標準    →人工のヒレで空を飛んだイルカ「フジ」