シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

人工のヒレで空を飛んだイルカ「フジ」

イルカのフジ

松竹映画 【ドルフィンブルー「フジ」もういちど宙へ】 で有名になった人工尾びれのイルカ「フジ」が亡くなりました。
幼い頃に捕獲され、1976年から「沖縄美ら海水族館」で飼育された彼女は、三頭の子供をもうけ、みんなの人気者でした。
ところが、2002年病に罹り、大切な尾びれが壊死してしまいます。人間で言えば、両足の無い身体障害者になってしまったのです。
もはや泳ぐ事も出来ず、ただプールに浮かんで死を待つだけのフジを見かねた獣医師の植田さんは、何とか助けたいと思いました。
そして藁をも掴む思いで、タイヤメーカーの「ブリジストン」にフジの(義足)尾びれが作れるかどうか相談を持ち掛けたのです。
こうして、ブリジストンのスタッフと、獣医師と水族園の職員との10年以上に渡る苦闘のプロジェクトが幕を開けました。
重い水圧の中での激しい動作に耐え、しかも、フジの体に密着して外れないゴム製の人工尾びれを作るのは試行錯誤の連続でした。
何度も失敗を繰り返してはやり直したそうです。その間、フジも人間を信頼して、よく苦しいリハビリを耐え抜きました。
世間の注目は浴びませんでしたが、それは、NASAが惑星探査機を打ち上げる以上の難しいプロジェクトだったろうと思います。
それから10年後、ついに世界初の人工尾びれを装着したイルカのフジは、水中からジャンプして宙を舞うまでになったのでした。
プロジェクトに携わったスタッフ達は、懸命に生きようとするフジの姿に励まされ、かけがえの無いものをもらったそうです。
多くの身障者に希望を与え、水族園の見学者や、全国の人々に生きる勇気と感動を与えたフジは、11月2日に永眠いたしました。

現在、世界の各地で自然保護活動や、絶滅の危機にある動植物の保護活動が盛んに行なわれています。
活動それ自体は尊い事ですが、保護と言う名目は余りにも人間目線で、傲慢に聞こえる様にも思います。
思えば、人間は自然のお陰で今日まで生きて来られました。特に、人間に身近な動植物がいなければ生きられなかったはずです。
人間は、植物から酸素や、実や、葉っぱをもらい、動物から肉や、卵や、毛皮をもらってこそ生きていられます。
さらに、動物を真似て道具を作り、鳥を真似て空を飛べる様になりました。彼らは我々の恩人であり、師匠でもあるのです。
だから、これは保護では無く共生です。人間の方が、今まで彼らに保護されて来たのですから、恩返しと言うべきでしょうね。

それに引き換え、弱い者を苛めて殺傷し、あまつさえ、自然を破壊したり、武器を手に災いを齎す事しかしない人間もいます。
フジには失礼ながら、イルカにも劣るあなた方は何なのでしょうか?もしや害虫?名前があるだけの人間型のゴキブリですか?
ゴキブリは、正確には害虫ではありません。生態系の中で役割を立派に果たしています。ただ人間にとって邪魔なだけです。
だが、あなた方は、生態系にも、人にも、害を及ぼすだけの無意味な存在でしか無い。ゴキブリ以下の害虫でしか無いのです。
人がイルカにも劣るなら、地球の支配者などと言うのは妄言でしか無く、そんな大それた資格は捨てるべきであります。
特に、政治的な権力や大義名分、権威や財力を盾に取って自らの力を誇示しようとする人間。何処かの国で暴れている宗教家。
宗教の教義さえあれば、何でも許されると思っているあなた方は、ただ一頭のイルカにさえ劣る無価値で有害な存在です。

信仰者には悪いけど、宗教は人の思い込みから生まれたもの…ただ、その中に一部の真理があるから信仰が許されています。
だが、間違った思い込みを真理と吐き違え、周囲に害を与えるならば、イス〇ム教は永遠に地上から葬り去られるべきです。
人が作った教義は不完全でしか無く、頑迷さは悪でしか無い。あらゆるものが日々更新されてこそ、理は完全なものになるのです。
仏教も、キリスト教も、イスラム教も、命の尊厳と言う根本理念を除けば、他の教義は全て時代に合う様に更新されるべきです。

フジはその生涯を水槽の中で暮らし、広い海も、色んな生き物も知りませんでした。しかし、代わりに人間を励ましてくれました。
自らの体で人に勇気を示し、感動を与えて去って行ったフジは、天の使命を受けて人の中に下った天使だったのでしょうか?
我々はフジから多くのものをもらいました。人たる者、イルカに負けていては恥かしい限り、生きる値打ちすら無いと思います。
ありがとうフジ。そして、さようなら安らかに…貴女の生きた人生(イルカ生)は価値ある尊いものでした。


松山ケンイチ主演 (▲) 感動的な実話映画です。時間がある方はぜひご覧下さい。そして勇気をもらって下さい^^
下は (▼) フジのドルフィンプロジェクトのドキュメンタリー動画です。




にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←宇宙は巨大なタイムマシン    →時のない世界の少女 (13)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


人口の尾びれで生きてきたイルカ。
亡くなられたのですか。

考えてこられた方たちはそれは想像を絶する
大変なことだったでしょうね。自分たちにはない尾びれですものね。

最近のニュースを見ても え?何でこんな事件がと耳を目を疑うことがあります。
特にドンドンその傾向が酷くなっている気がします。
イルカって癒してくれるといいますものね。^^
#977[2014/11/06 02:44]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 人口の尾びれで生きてきたイルカ。 亡くなられたのですか。
> 考えてこられた方たちはそれは想像を絶する
> 大変なことだったでしょうね。自分たちにはない尾びれですものね。

人がイルカに教えられ、励まされ、かけがえのない感動をもらう…
イルカも人も生きて良かったと…尊い信頼で結ばれたんですね~^^

> 最近のニュースを見ても え?何でこんな事件がと耳を目を疑うことがあります。
> 特にドンドンその傾向が酷くなっている気がします。

人でなし…とは人に劣る畜生の事ですが、畜生にも劣る人間はどう言えばいいのか?
首斬りのISISや、幼女殺人鬼…こんな連中と同じ遺伝子を持つ事が恥ずかしいです。
あれが同じ人間なら、自分は人間をやめたい。イルカのフジの方がはるかに立派です^^
#978[2014/11/06 07:29]  sado jo  URL 

こんにちは^^

人間の思想は正義だの悪だの本来存在しないはずの不完全な理念なので
私はそうした概念は持たず自然こそが神であり全てだという思想ですが
この際はっきり言ってしまうと2者のうち悪しか存在せず、しかもそれはヒトだと。
もちろん中には良識ある人間と呼べる者もいるのでそれと区別するためにヒト。
ヒトは単なる霊長類らしく猿のように自然界に帰れと言いたいですが
いや、今思うと猿がかわいそうですね。気持ち悪いというだけで嫌われてるゴキブリも。
最近「異常気象」という言葉をよく耳にする辺り
まるで自然が人類に復讐をし始めているように見えますね。
#979[2014/11/06 10:40]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

エボラなどの自然の猛威で人が命を奪われるのは、人に原因があると思います。
人間に人工尾びれをもらったフジは、ちゃんと人間に恩を返してくれました。
生きる為の大切なものをもらったら、同様に相手が生きるのを助けるのが道理。
それが自然の営みであり、命のサイクル(等価交換)であると思います。
人は自然から酸素や、穀物や、肉をもらいながら、恩を仇で返しています。
自然は意図して人に復讐してる訳では無く、人自らが災いを招いているのですね。
#980[2014/11/06 15:29]  sado jo  URL 

感動的な話ですね。
それに比べて汚い政治家の話には、ホントうんざりさせられます。
あれで秘密保護法だなんてよく言えたもんだと思います。
信用できませんよね。
#981[2014/11/06 20:07]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 感動的な話ですね。
> それに比べて汚い政治家の話には、ホントうんざりさせられます。
> あれで秘密保護法だなんてよく言えたもんだと思います。
> 信用できませんよね。

例え相手がイルカでも、命を救おうとする人々も立派ですが、
ちゃんと答えてがんばるイルカの人格?も大したものですね^^
自分達にやましい所があるから「秘密保護法」など作って隠そうとする政治家と、
信頼にちゃんと答えて、人を励ますイルカと、どちらが人格者でしょうかね~?
#982[2014/11/06 22:07]  sado jo  URL 

こんばんわ
とても感動する話ですね。
#983[2014/11/06 22:18]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> とても感動する話ですね。

人とイルカの命の交流…素晴らしい話だと思います^^
形態の異なる生命同士でも、これほど信頼関係が築けるのに、
人と人は、血を流し合って争っています。バカですね~><
#984[2014/11/06 22:39]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←宇宙は巨大なタイムマシン    →時のない世界の少女 (13)