シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

「▼やさしい刑事」
やさしい刑事 小説本編

やさしい刑事 第1話 「蜃気楼の町」 (1)

漁師町

<オリジナル/ファンタジー/ミステリー>

 しなびた漁師町の丘の上にポツンと立つ停留所にバスが停まった。
 バスから降りて来た中年男は、上着のポケットからゴソゴソとタバコのケースを取り出した。
 そうして物ぐさそうに、くしゃくしゃになったタバコに火をつけて吸った。
「ふぅ~う…」中年男はうまそうに煙を吐き出しながら、一息ついた。
 バス停の下には、港町然としたU市の風景が広がっていた。それはどこにでもあるような田舎の漁師町だった。
「あんた。旅の人かね~?」
 杖をつきながら近づいて来た人の良さそうな老人が、中年男に声を掛けた。
「えぇ、まぁ…」中年男はそう答えた。
「もしかして、蜃気楼を見に来なさったんかね?」
「蜃気楼…ですか?」
「あぁ、この町は沖に蜃気楼が出るんでな~…時々、よその人が見に来なさるんじゃわ」
「へぇ~…そりゃぁ、見てみたいですね~…せっかく来たんだから」
「見られるとえぇの~…たまにしか出ないからのぉ」
 そう言うと、老人はとぼとぼと歩きながら、丘の向こうに去って行った。
 見送った中年男は、タバコの吸殻を無造作に投げ捨てると、古びた旅行鞄を手に、町の方に下りて行った。

 いかにも田舎町らしい、こじんまりしたU市の警察署…その署長室に若い刑事が入って来た。
「失礼します、署長。お呼び出しを受けてまいりました」
「あぁ、来たかね近松君。待っとったよ」
 大きなお腹を大儀そうに持ち上げながら、署長は椅子から立ち上がった。
 そうして、応接椅子に座っている風采の上がらない中年男を、若い刑事に紹介した。
「こちらは本庁から、例の広域事件の捜査に来られた刑事さんだ。土地に不案内だから、君が案内して差し上げてくれ」
「はい、了解いたしました。署長」近松はそう答えた。
「よろしくお願いいたします。近松刑事」中年男はいんぎんに腰を屈めて、近松にお辞儀をした
「いぇ、こちらこそ。ええっと…」
「ヤマさんでいいですよ、いつもそう呼ばれてるので…早速ですが、聞き込みに回りたいんだが」
「はい、いいですよ。車を取って来ますので、少しの間お待ち下さい」
 そう言うと近松は一礼をして、車を出すために署長室を出た。
(本庁の刑事って、もっとキビキビして恐いのかと思ってたけど、普通のおっさんなんだなぁ~)
 近松は何となく安心すると同時に、今会った中年刑事に何だか頼りなさを覚えた。

 近松が車を警察署の玄関に横付けにすると、その刑事はゆっくりとドアを開けて、助手席に乗り込んで来た。
「お世話になります。近松刑事」刑事は、またいんぎんに礼を言った。
「いぇいぇ、ヤマさんも大変ですね~…こんな田舎まで出張捜査って…で、いつ頃まで?」
 車を走らせながら、近松は助手席に座っている刑事に尋ねた。
「う~ん。捜査に先行きのメドが立つまでだねぇ…」
「そうですかぁ~…例の広域事件って、マルモク(目撃者)も手掛かりもないんですってね。この町に何か?」
 近松がそう言うと、刑事は少しばかり困った顔になった。
「あっ!済みません。余計な詮索を…まだ捜査中でしたよね」
 近松はしまったと思って謝った。捜査上の機密を聞くのはタブーだった。
「いや、いいんだ。しかし古い漁師町だねぇ、この町は…近松さんはここの生まれかね?」
 刑事は若い近松に気を使ったのか、わざと話の方向をそらせた。
「はい、この町で生まれました。ここは何でも室町時代くらいから続いている漁師町だとか」
「沖には蜃気楼が出るそうだねぇ~」
「あぁ、よく観光ガイドなんかに載ってるやつでしょ。でもねぇ~…たまにしか出ないんで、見られたら運がいい方ですよ」
「そうか~…たまにしか見えないのか。で…見たことはあるのかい?」
「えぇ、地元ですからね~…この町の沖合いで、南から来る暖流と、北から来る寒流が交わるんですよ。気象条件によって、出たり、出なかったりするんですがね」
「ふ~ん、蜃気楼もお天等さましだいって訳か」
「そうそう、この町には古くから伝わる伝説があるんですよ」
「ほう~、そりゃあどんな?」
「昔々、親を失くした少年と、竜宮から流されて帰れなくなった人魚が、磯辺で出会ったそうです」
「何だかよくありそうな昔話だねぇ~」
「淋しかった二人は、磯辺で逢瀬を重ねる内に恋仲になるんですが、人間と人魚じゃあ一緒になりようがない」
「まぁ、陸に生きる人間と、海に生きる人魚じゃぁ、結婚はできないだろうなぁ」
「結ばれぬ恋をはかなんだ二人は、一緒に身投げしようとするんですが、どうしても二人一緒には死ねないんですよね」
「まぁ、そりゃ二人して海に身を投げても、相手の人魚は死ねないわなぁ…」
「それで二人はどうしたと思います」
「さぁて、どうしたのかなぁ~」
「少年は海に身を投げて死に、人魚は丘に身を投げて死んだ。つまり、二人は別々に死んだんですよ」
「う~ん、何だか可哀そうな話だねぇ…」
「蜃気楼は、最後まで一緒になれなかった二人のさまよえる魂が見せている幻だとか」
「近松さんはその伝説を信じているのかい?」
「まさか…子供の頃はよく親に聞かされて信じてましたが、もう大の大人ですからね~」近松は苦笑いした。
「そうか~…でも、案外その話は本当かも知れないよ」刑事はそう言って微笑んだ。

 ニ、三軒の聞き込みを終えて、港に差し掛かると、浜辺に人だかりができていた。
「あれぇ…事故でもあったのかなぁ~?地元の駐在が来てる」それを見た近松が言った。
「行ってみるかい」
「えぇ、よろしければ」
 刑事と近松は、道路脇に車を止めて浜に下りて行った。
「お~ぃ、土左衛門が上がったらしいぞ~!」
「吉行のやつが網に引っ掛けちまったってよぉ~」
 漁師たちが口々にそんな事を言いながら、辺りから集まって来ていた。
 人だかりの真ん中には、ブルーシートに覆われた…どうやら溺死体らしいものがあった。
「えらいもん引っ掛けちまったよ~!縁起でもねぇ…」
 ブルーシートの側では、一人の若い漁師が何も手につかずに、おろおろしていた。
「駐在さん、見てくれよ~!二人とも手ぇつないだまんま離れねぇんだ」
 困惑しきった若い漁師は、傍らにいる駐在に、何かを一生懸命訴えていた。
「ちょっと失礼」
 刑事は人だかりをくぐって、覆われている溺死体にスタスタと近づき、いきなりブルーシートをめくった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第1話 「蜃気楼の町」 (2)    →創作小説『やさしい刑事』連載開始
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


「やさしい刑事」

蜃気楼伝説を下敷きにしたファンタジーですね。
ラスト、いいですね。映画を見ているようでしたよ。
まさか手錠が出てくるとは。完全に意表を突かれました。
#81[2014/03/18 12:23]  エリアンダー  URL 

Re: ありがとうございます^^

> 「やさしい刑事」
>> 蜃気楼伝説を下敷きにしたファンタジーですね。
> ラスト、いいですね。映画を見ているようでしたよ。
> まさか手錠が出てくるとは。完全に意表を突かれました。

「意外性」と言うのをエリアンダーさんから学ばせていただきましたから(笑)
童話では悲劇で終ったアンデルセン(鞍出隆宣)と人魚姫(シレーナ)の恋は、最後には実ったのでしょうかねぇ~
まぁ、近松刑事(近松門左衛門)が見届けてくれると信じましょう♪
#82[2014/03/18 12:49]  simoun2  URL  [Edit]

タイトル通り、優しい雰囲気が現れてますね。人が死んでいるのに。
人魚か。これからどう展開するんだろう。面白そうな小説です。ゆっくり読ませていただきます。
#437[2014/07/09 02:08]  青井るい  URL 

Re: COありがとうございます^^

>タイトル通り、優しい雰囲気が現れてますね。人が死んでいるのに。
>人魚か。これからどう展開するんだろう。面白そうな小説です。ゆっくり読ませていただきます。

やさしい刑事シリーズは、怪奇幻想小説のつもりが、結構ファンが付きまして、
「主人公の雰囲気がいい」「人情味を感じる」「昭和の刑事モノみたい」と感想を頂き、
怪奇幻想に、人情ドラマを加える…と言うハードルの高さに悩んでおります(笑)
#440[2014/07/09 22:09]  sado jo  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#3155[2015/12/13 08:23]     

Re: 初めまして^^

> やさしい刑事という小説ポーランド語に訳させていただけないでしょうか。
> 翻訳者として働いていますが、日本の文化を広めるブログをやっています。


あなたのブログを拝見させていただきました。素敵なブログですね♪
どうぞ「やさしい刑事」を翻訳して、母国のみなさんに紹介して差し上げて下さい。
小説の中の少年、鞍出隆宣はアンデルセンで、少女、シレーナ・ドゥーシャはロシア語で人魚の魂の意味を込めてます。
良かったらポーランドを舞台にした「地球年代記 ~カルマ~ 第三話 「ベスの恋の物語」」も翻訳して母国のみなさんに紹介してあげて下さい。
第二次世界大戦で死んだ、可哀相な軍用犬のお話です。やさしいポーランドのおばあさんも登場しますよ。
ポーランドのみなさんは随分戦争で苦労されました。心から平和を願っています^^
#3159[2015/12/13 15:00]  sado jo  URL 

Re:

ありがとうございます!とても嬉しいです!
準備ができたら連絡します。
「地球年代記 ~カルマ~ 第三話 「ベスの恋の物語」」も喜んで翻訳させていただきます。ポーランドを舞台にした話、そして大切な話題だから、ポーランド人に紹介すればいいと思いますよ。

温かい言葉を言ってくれて感謝しています。
あなたの幸せを祈ります

ポーランドからご挨拶^^
#3168[2015/12/14 07:46]  ハンナ  URL 

Re: ハンナ様COありがとうございます^^

> 「地球年代記 ~カルマ~ 第三話 「ベスの恋の物語」」も喜んで翻訳させていただきます。ポーランドを舞台にした話、そして大切な話題だから、ポーランド人に紹介すればいいと思いますよ。

第二次世界大戦で、一番被害を受けたのはポーランドだと思います。
ナチスに蹂躙され、次はソ連に蹂躙され、多くのポーランド人が亡くなりました。
私は日本人ですがアウシュビッツもカチンも忘れません。二度と悲劇があってはならない。
世界が平和である事を祈りながら小説を書き続けています^^
#3171[2015/12/15 01:33]  sado jo  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←やさしい刑事 第1話 「蜃気楼の町」 (2)    →創作小説『やさしい刑事』連載開始