シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

駆逐艦 「雪風」 はなぜ生き残ったのか?

雪風

1945年4月7日、戦艦「大和」を中心とした10隻の艦隊が、九州坊ノ岬沖で、圧倒的な米艦載機の攻撃を受け全滅しました。
戦闘機の護衛も無しで、沖縄洋上に展開する米機動部隊に特攻を仕掛けると言う無謀な「天一号作戦」の悲劇でした。
この戦闘で、3700名以上の尊い将兵の命が失われ、旧日本海軍「連合艦隊」は事実上壊滅したのです。
だが、そんな地獄の戦場で大きな損傷も無く、ただ1隻だけ生き残った船がいました。それが駆逐艦「雪風」でした。
なぜ、装甲も薄く、兵装も貧弱なこの小型の駆逐艦が、圧倒的な米軍の攻撃に晒されながら生き残れたのでしょうか?
隠れる場所すら無い野原で、鷹に狙われた兎の様な状況であり、格好の獲物となって当然だったはずなのに?…です。
戦艦「大和」はすでに撃沈され、他の8隻も沈没、或いは大破した玉砕の中で「雪風」だけが自由に動き回れました。
そして、寺内艦長の指揮の下で、船を沈められ、海上で溺れていた多くの将兵の命を救ったのでした。
ここで疑問に思うのは、米攻撃隊の不可解な行動です。彼らは戦果を上げると、雪風を置いてさっさと引き上げているのです。
雪風を攻撃して撃沈させる余裕は充分あったにも関らず、なぜ雪風だけを残して引き上げたのでしょうか?

以下は憶測にしか過ぎないが、これは日本人とアメリカ人の精神の違いを表すヒューマンドラマなのかも知れません。
米攻撃隊の隊長は、戦艦「大和」以下10隻の日本艦隊に猛攻撃を加えて、これを壊滅させる事に成功しました。
だが、なぜか1隻だけ小さな船が、まだ生き残って洋上をうろちょろしているのを見たのです。
「ヤツは生かしておいてやろう」そう考えた彼が、雪風への攻撃をやめ、部下にも周知徹底して撤退したとしたら…
なぜわざと雪風を見逃したのか?それは、船を失って海上に投げ出された敵兵を救助させる為以外には考えられないのです。
人間として、敵兵にも家族はおり。故郷で帰りを待つ妻子もいれば、親兄弟もいるに違いないと考えたのでしょう。
だとしたら、この米攻撃隊の指揮官の判断は賞賛に値するものです。
まさに西洋の伝統に則った騎士道精神…「騎士十字勲章」を贈るに相応しい人物でしょう。
戦争は人を殺すのが目的では無い。勝利を得ればいいのです。人命の損失は、例え敵兵であろうとも最小限に留めるべき。

教育の違いと言うものでしょうか?西洋の騎士道精神は、第二次世界大戦でもまだ生きていたのです。
それに引き換え、旧日本軍はどうだったでしょうか?
将兵に国際法の教育すら行なっておらず、大戦中に現地住民の強制徴用や、捕虜の虐待事件などが相次ぐ有様でした。
そして、何も教わらなかった多くの将兵が、戦後に戦犯として処刑される悲劇を招いたのです(「私は貝になりたい」参照)
先頃、朝日新聞が「従軍慰安婦」に関する虚偽記載で叩かれたり、文部省が沖縄戦における住民虐待を隠蔽したりしています。
だが、私は幼い頃に沖縄戦を体験し、生き残った方々からジカに聞いた旧日本軍の実態を知っています。
ある部隊は、住民を守る為に懸命に戦った。だがある部隊は、意味の分からぬ沖縄弁を禁じ、住民に自決を強要したのです。
なぜ、こんなにもやる事がバラバラなのか?それは、古来より続く日本人の悪い癖、今でも政界で横行する派閥が原因であります。
旧日本軍は、軍部内に幾つもの派閥があり、肝心な命令が周知徹底されなかったと言う脆弱性がありました。
沖縄の自決強要は事実あったのです。ならば、従軍慰安婦の強制連行も一部の部隊ではあったに違いありません。
アメリカ人は、どんな些細な汚点でも見逃しはしない。だから、例え一人の「黒人少年殺害」に対してでも大きなデモが起きます。
片や日本人はどうでしょうか?「まァ、一部の者がやった事だから…なァ、なァ」で済まそうとするのです。
例え一部でも「許されないものは許されない!」のが、正しい国際社会の認識であるにも関らず…です。
ちなみに、旧日本軍の進軍ラッパは「出て来る敵は、皆、皆、殺せ!」でした。これは戦争では無く、虐殺を奨励しています。
重要な事を申し上げて置きたい!
日本人が事実を事実として真摯に受け止め、国際法の遵守が周知徹底されるまで、日本は一兵たりとも海外に派兵すべきでは無い。
うかつに派兵すれば、それこそ現地の住民の憎しみや、恨みを買い、再び恥をかくだけである。
人は軍人である前に人間です。戦場で人として振舞えるか否か?は、軍人としての最重要の任務なのです。
生き残った敵国の将兵を助ける為に「雪風」を見逃した米指揮官の如き行動を、日本人が取れるのはいつの日になるだろうか?

※ 12月8日 「開戦記念日」に当り、日本人の皆様に良き国際人となっていただきたく、敢えて苦言を呈しました。

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<上の例を基準にして質問いたします>
指揮官は「雪風」を救助船に指定して、攻撃を控える様、全軍に命令を出しました。
だが、一人の部下が「雪風」を攻撃して沈めてしまいました。その場合、どんな扱いを受けるでしょうか?

1) 敵の船を沈めたのだから、英雄となる。

2) 命令を聞き損ねたのだから、仕方が無い。

3) 命令違反で、軍法会議に掛けられる。


何処の国の軍隊?の特徴を表しているか?分かる人は国際認識のある方だと思います(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (1)    →Fate/stay night U.B.W ~正義と言う名の悪~

~ Comment ~


こんにちは^^

3番が普通ですね。本当なら軍法会議で済むかどうか。
集団的自衛権も簡単に言えば横やり入れるようなものですから
常識的に考えれば新たな戦争の引き金になりかねないし
靖国神社参拝も諸外国からすればヒトラーを祀り上げるのと同じに見えるでしょうに。
#1132[2014/12/09 10:20]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

戦争だからこそ人命が最優先されます「やっちゃいました」では済まされません。
「日本人のお陰で命が助かった」と言われるか?
「日本人のお陰で散々な目に遭った」と言われるか?
(戦時中と同じ)後者の如き日本人に、集団自衛権など行使する資格はありません。
#1133[2014/12/09 10:46]  sado jo  URL 

まさしくその通りです。
日本人はマナーに優れている反面、そういう悪い一面もあります。
いや、隣国も含めてアジア人は、似たところがあるのかもしれませんね。
#1134[2014/12/09 20:08]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

「派閥」「ご都合主義」「なァ、なァ…」「あっちではあァ言い、こっちではこう言う」
日本人だけで無く、確かにアジア人は信念も節操も無い様に見えますね(笑)
信用は「フェア」から生まれます。いつまでも「ダーク」では信用されませんよね。
巷では選挙の真っ最中ですが、ところで「公約」って守られた事はありましたっけ?(笑)
国内ならお互い様で済みますが、国外では通用しない面が多々あると思いますよ。
#1135[2014/12/09 20:50]  sado jo  URL 

やっちまえで通じるのはチンピラだけなの(・∀・)!
人命が優先されるのではなく「命令」が順守される世界ですね。
命令無視で撃ったらキチガイDEATH(´・ω・`)
#1136[2014/12/09 21:21]  しまうさぎ  URL  [Edit]

Re: しまうさぎ様 COありがとうございます^^

いやァ、ヤクザにも「仁義」と言うルールがありますからねぇ~
ルールも無かった旧日本軍は、先頃亡くなった「菅原文太さん」の世界でした><
人命無視の大日本帝国や、ナチスドイツは、連合軍にボコられて当たり前ですね(笑)
もうその痛みを忘れて、怪しげな事を言う議員先生方は学習能力が無いのかな~~?
猫や犬でも、一度痛い目にあったら危険を感じて近寄ろうとしないんですがね?
自分は何処かの議員先生の言う「日本国防軍」は、痛そうで参加したく無いです(笑)
#1137[2014/12/09 22:34]  sado jo  URL 

こんばんは^^

>戦争は人を殺すのが目的では無い。勝利を得ればいいのです

これは頭を殴られたようにそうだったのかと
思いました。戦いは結果がやっぱりあって、勝った時点で
それ以上は手を出さないこともあるのですね。

普段の生活では・・・とことん追い詰めていくって
ありますよね(;--)経験ありw
だから人って怖い。

や○ざの方と知り合いだったことがありますが(;^-^)
よほど、まじめで親切だなと思いましたw

#1140[2014/12/10 02:11]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> >戦争は人を殺すのが目的では無い。勝利を得ればいいのです
>
> これは頭を殴られたようにそうだったのかと
> 思いました。戦いは結果がやっぱりあって、勝った時点で
> それ以上は手を出さないこともあるのですね。

あの「孫氏」も言ってます「戦争における最上の策は戦わない事」だと…
兵法の神様と言われる孫氏自身が「無益な殺生は避けよ」と命じたのです。
偉大な人物と言われる人は「命の重さ」を良く知っているのですね^^

ちなみに、上の問いの答えは
1) は、北〇鮮やISISの軍隊です。軍隊と言うより、もはや殺戮集団です。
2) は、日本の軍隊です。都合の悪い事は隠して「仕方が無い」で済ませます(笑)
3) は、米国の軍隊です。例え戦果を上げても、規律違反には厳格に対処します。
#1141[2014/12/10 16:07]  sado jo  URL 

もう回答が出てますね(汗)

でも、この回答を見なくても、自分は3)を選びますね

残念ながら、自分の職場は1)や2)みたいな連中ばかりで、3)のような同僚は、片手で数えられるぐらいしかいません

1)
→話が通じません
 日本語わかりますか?英語かドイツ語で話したほうがいいですか?っていう皮肉を言うと、真に受けて「話せるの?」っていう返答が来そう(汗)

2)
→言うことは素晴らしかったりします
 が、そこに何も感じません
 で、他人に合わせてばかり

しかし、ここ最近は少しずつ流れが変わってきて、上記に該当する連中の中で、救いのない連中はクビになってるようですし、なんとかなるか?っていう連中は更生させる方向で進めている

そんな体制が少しずつできてきているので、まだ捨てたもんではないと思ってます
#1142[2014/12/10 21:14]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

う~ん…それはひどすぎる軍隊(職場)ですね~><

1) マトモな人間ではありません。人間捨ててサバンナでライオンと暮しましょう(笑)

2) 風呂屋の釜(ゆ~だけ)国会議員になってはいかがですか?派閥の親分にゴマをすれば出世しますよ(笑)
#1143[2014/12/10 22:37]  sado jo  URL 

正直雪風を生かしたのは助けるためでは無い気がする

ちょっと雪風の件は微妙ですね、人を助けるためってあくまで推測でしょ?
さらに言えばアメリカ軍においても割と非人道的な事があったという記述も結構ありますしね
#4648[2016/08/11 00:25]    URL 

Re: 正直雪風を生かしたのは助けるためでは無い気がする

どこの軍隊でも一部の兵は暴走します。ただ、それを止める指揮命令系統があるかどうか?
先の大戦では、一部日本兵の暴走に部隊の指揮官が追随してしまい、惨禍を広げた経緯がある。
一方、米軍は部下の暴走に対して指揮官がそれを止める義務を負う。軍の制度が優れています。
部下の命令違反に対して予防処置が為されている米軍と日本軍の差が実戦で出たのでしょうね。
大和が沈んだ後、実際には四隻の駆逐艦が残っていたが、米軍はなぜか引き上げて行きました。
指揮官から撤収命令が下ったんです…残りを沈められる兵力は持っていたのになぜでしょうか?
陸戦と違い海戦には(海上は逃げ場が無いので)古来より海の男の暗黙のルールが働いてます。
つまり、溺者を救助するだけの余力を相手に残して引き上げる…いかにも海の男らしいです(笑)
#4652[2016/08/11 11:45]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (1)    →Fate/stay night U.B.W ~正義と言う名の悪~