シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

アドルフ・ヒトラー

ヒトラー

多くの日本人はナチス党総統「アドルフ・ヒトラー」は、クーデターなどの非合法手段によって政権を取ったと思っている。
その認識は間違っている。彼は民主主義に則った総選挙により、正当な国民の支持を受けてドイツの指導者となった。

当時の世界は、第一次世界大戦後の世界恐慌に喘いでおり、どの国も経済は閉塞して行き詰まり、先の見えない状態にあった。
ましてや、敗戦国であるドイツの経済は著しく落ち込み、失業者は増大して、国民の生活は苦しかった。
ヒトラーは、政権の座に付くと、直ちにドイツ国立銀行を掌握し、大々的な経済復興政策に打って出た。
資本家を保護する金融政策、大胆な財政出動、投資の奨励・雇用の拡大…今で言うなら「ヒトラノミクス」である。
彼の政策は功を奏し、企業は潤い、株価は上がり、景気は良くなって、ドイツは他国に先駆けて世界恐慌から脱した。
諸外国はヒトラーの経済政策を賞賛し、アメリカやヨーロッパ諸国でさえその真似をしたほどだった。
当時の世界では、彼は優秀な政治家であり、ドイツ国民にとってはありがたい指導者だったのである。
私は、今でもヒトラーは正しかったと思っている。国民には善い人だった…少なくともこの時点までは…
そうして、国民の人気を得たナチス党は総選挙で圧勝して、ヒトラーは政権の地盤固めに入った。
憲法を改革し、言論を統制し、野党を弾圧し、労働組合を解散させ、軍備を増強し始めた。
「ハイル・ヒトラー!」ドキュメントを見ると、戦時下においても、彼はドイツ国民の絶大な支持を受けているのが分かる。
決してナチス党が強要したのでは無い。生活が良くなった。暮らしが良くなった国民が自発的に歓呼の声を上げたのだ。

「民衆は選択を誤る」
不幸を招くのは民衆であって、為政者では無い。民主主義が正しいとは言い切れない理由がそこにある。
欲得から時流に流され、我も我もと勝ち馬に乗ろうとした結果、権力の一極集中を招いてしまうからだ。
本来ならば、その民衆の誤った選択を正し、正しい軌道に乗せてやるのが政治家の仕事である。
だが、政治家も人の子…政権を掌握すれば、自身や党の為にしっかりした地盤を固めようとする。
どん底状態にあったロシアの経済を立て直した「プーチン大統領」のウクライナの失策も、それが原因だった。

では、どうしたら民主主義の重大な欠陥を補い、悲劇を回避出来るのだろうか?
それは、例え民意に反しても、民意以外の法則を導入する事だ。民衆が愚かな選択をし兼ねない以上は仕方が無い。
具体的には、国会における第一党の議席数を全体の六割とする…言わば、政権の独占禁止法を制定するのである。
ある政党がどんなに選挙で圧勝しても、その議席を六割とする。余った票は、分に応じて他の野党に分配すればよい。
こうしておけば、例え国民がバランスを誤っても、政権の一極集中を阻止し、ナチスドイツの様な悲劇を防ぐ事が出来る。
ナチスによっぽど懲りたのか?戦後のドイツ国民は票を分散させている。だから今も複数政党の連立で政権を運営している。
「民衆は決して賢くは無い」自分達の犯した過去のあやまちを充分認識した行動であろう…片や日本人はどうだろうか?

日本の憲法改革が現実のものとなった今日…そんなつもりで投票したのでは無い。と言う国民に道はあるだろうか?
ナチス政権下のドイツには、非合法のレジスタンス組織があり、一般のドイツ国民からは嫌われていたそうである。
おかしな事に、大日本帝国統治下の日本には、強引な政府に反抗するレジスタンス組織は無かった。
「長いものには巻かれろ」でやって来た日本人である。憲法改革も、国防軍構想も遠からず実現するだろう。
そんな日本人を救う為に、命を投げ出して抵抗運動をするのは無駄な様な気もする…第一助ける義理も無い。
我が身を犠牲にするよりも、危険を感じた時点でさっさと国外に逃げ出した方が身の為であるかも知れない。
尤も、一極集中を企てた資産家自身が、イの一番に逃げ出しそうな気もするが…お~い!責任を取れよ~(笑)

※ ちなみに私は左派でも無く、右派でもありません。ただ日本が自由で平和であればそれで良いと思ってます。

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<ヒトラーになりたくてヒトラーになったのでは無いヒトラー>
1933年、43歳と言う異例の若さでドイツの首相となったアドルフ・ヒトラー。
その頃の彼には、後に見られる様な、あの独特のカリスマ性はありませんでした。
大胆な景気浮揚政策「ヒトラノミクス」を実施して、どん底にあったドイツ経済を立て直したヒトラー。
しかし、その財源は何処から出ていたのでしょうか?実は、かなり無理をしていたのです。
国立銀行総裁兼経済相「ヒャルマー・シャハト」が大盤振る舞いした債務の償還が迫る頃、国庫はすでに空でした。
この局面を打開するには、大幅な増税を行なって、緊縮財政政策を取るしかありません。
しかし、それを行なうと経済は元の黙阿弥となり、国民を失望させ、ナチス党は政権を失ってしまいます。
現状の好景気に浮かれるナチス党も、ドイツ国民も、それを実行する事をヒトラーに許しませんでした。
しかも、受け皿となる野党に政権を移譲しようにも、すでに野党は強制的に解散させてしまった後です。
尤も、そんな状態で政権を引き継ぐ野党も大きな迷惑です。多分、国民に辛抱を強いる不人気な政権となります。
さて、ここからヒトラーの道化芝居が始まり、あの独特のカリスマ性を帯びる様になります。
ヒトラーはヒトラーになりたくてヒトラーになったのではありません。
国民がヒトラーになる様に仕向けたのです。従って、この様な指導者は、国民が作り出した産物であります。
彼が本気で戦争に勝てると信じていたかどうか?甚だ疑わしい…あの独特のカリスマ性も道化芝居の内でした。
国民が欲望を肥大させればさせるほど、自身の内なるアドルフ・ヒトラーが目を覚ますのです。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (4)    →ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (3)

~ Comment ~


そうなんですよね
なんだかここ最近の色々な動きを見ていると、きっとどこかの金持ちが焚き付けをしてるんでは?としか思えないですからね

お金をキャッシュではなく、マネーと呼ぶような人たちじゃないかと

確かに、日銀が国債を買いまくって、市場にマネーをばらまいているから、数字上は景気が上がっているように見えるんでしょうけどね

キャッシュ単位で生活している層までは行き渡ってないのが現状ではないかと

う〜ん…
まさに二極化(汗)
#1172[2014/12/15 22:53]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

調べれば、調べるほど「ヒトラノミクス」と「アベノミクス」は類似点が多いですね~
自分は、どこかの左翼の様に「安部総理」をヒトラーと同一視したりはしません。
真面目な人だと思います…いや、ヒトラーも真面目な善い人だったっけか?(笑)
ただ圧勝した彼が、党内に居る「憲法改革派」「独裁政権派」を抑えられるか?疑問です。
貧富の二極化では無く、政治の二極化の方が国民にとっては安全ですけどね~^^
#1173[2014/12/16 00:46]  sado jo  URL 

こんにちは^^

景気回復、これしかない(笑)。
ではなぜ若者は非正規雇用から脱却できないのか、なぜ中小企業はドミノ倒産するのか。
金があるやつだけが勝つこの悪い流れが止まらないのもそうだし
解散したのにどの面下げてCMで訴えてるんだと自民には投票しませんでした。
投票率が下がっているのも「政治」そのものに興味、関心がなくなってるのかな。
それじゃ政治をする意味があるのか、そもそも今回の選挙もやる意味があったのかと
個人的には投票全体を見てそういう印象が強かったですね。ヽ(´0`)ノ ヤレヤレ
#1176[2014/12/16 10:38]  西條すみれ  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

解散と言うのは政権を投げ出す事だから、確かに復活するのは道理に合わないかな(笑)
派遣社員制度は企業活動を促進するが > 働く側の生活が不安定になってしまう><
株価を上げる円安政策は > 物価の上昇と中小企業のドミノ倒産を誘発する><
あちら立てれば、こちらが立たず…どちらか一方しか救えないのが民主政治ですからね。
だから政権交代が必要なんですが、日本はなぜかそれが機能していない…何で?(笑)
#1177[2014/12/16 16:18]  sado jo  URL 

昔の中国の有名人、誰だったっけ?
「政治とは、猛獣を飼いならすようなものだ」
みたいなことを言ってましたよね。
本当に怖いのは、民衆の欲望。ということでしょうか。
でも、みんな貧乏は嫌いだしなあ。
どうしたものでしょうね。
#1178[2014/12/16 18:13]  しのぶもじずり  URL  [Edit]

Re: しのぶもじずり様 COありがとうございます^^

> 本当に怖いのは、民衆の欲望。ということでしょうか。
> でも、みんな貧乏は嫌いだしなあ。> どうしたものでしょうね。

国民が身の丈を知って、指導者を追詰めない事…ですね。
もっと!もっと!と言うと、嫌でも無理をしてヒトラー化するしか無くなります。
「彼はよくやった。もう財政が破綻するまで無理をしなくてもいいんだよ」
優しい国民ですね…野党的な事を言う様で、実は本音は首相思いだったりして(笑)
255議席位だったら、野党のせいにして逃げれたのに…逃げ場を塞いでしまったなァ。
無事是名馬。何も起きないが好日 < 矛盾ですが、警察官や軍人の本心だそうです。
#1179[2014/12/16 18:54]  sado jo  URL 

なるほど。一定以上一党に議席を独占させない仕組みというのはナイスアイディアですね。

現代では、民主主義こそが正義というように教育されますが、歴史を見ると必ずしも民主主義は万能ではないですよね。
うまく運用するための知恵が必要なのですが、日本人、そこまで考えてるかな?
今回は投票に行きましたが、自分にも問いかけ続けないといけないですね。
#1180[2014/12/16 19:03]  椿  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> なるほど。一定以上一党に議席を独占させない仕組みというのはナイスアイディアですね。
> 現代では、民主主義こそが正義というように教育されますが、歴史を見ると必ずしも民主主義は万能ではないですよね。
> うまく運用するための知恵が必要なのですが、日本人、そこまで考えてるかな?

政権独占禁止法が出来れば、最低限、特定政党の暴走による危機は回避できますね。

アメリカの様な民主主義国は戦争をします。なぜ国民を犠牲にしてまで戦争をするか?

政権政党 > 人気が高まる。政権が安定する(但し、勝っていればの話)
軍産企業 > 予算が下りて来る。つまり儲かる。必然的に株価も上がり市場が潤う。
国民 > 出世する機会が得られる。景気が良くなり給料も上がる。雇用が安定する。

この三つが上手く噛み合っているのが、アメリカ型民主主義です。
ドイツも民主主義国家でした。旧大日本帝国も形の上では民主主義国家でした(笑)
#1181[2014/12/16 19:38]  sado jo  URL 

麻生さんはかつて、ヒトラーから学んだらという失言をしましたが、自民党の腹の内はどうなんでしょう。
本当に国民のことを思っていてくれれば。
ボクも、与党の議席数に制限をかけるのがいいのではないかと思っていました。
でないと議論になりません。
国会は形骸化してしまいます。
#1182[2014/12/16 20:14]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 麻生さんはかつて、ヒトラーから学んだらという失言をしましたが、自民党の腹の内はどうなんでしょう。
> 本当に国民のことを思っていてくれれば。
> ボクも、与党の議席数に制限をかけるのがいいのではないかと思っていました。
> でないと議論になりません。国会は形骸化してしまいます。

私は、ヒトラー=全て悪とは考えてません。彼は良い面もあり、悪い面もある。
1930年代前半のヒトラーは、ドイツ経済を立て直したとても良い政治家でした。
政策が行き詰った時、過剰な期待から、国民が彼に負担を掛けすぎたと思います。
麻生財務相が30年代のヒトラーに学ぶなら、財政政策の限界を知るべきですね。
安部総理も無理が生じたら、正直に国民に言って欲しい!不景気も已む無しです。
80年バブルを経験して「アベノミクス」がいつまでも続かない事は理解しています。
無理をして、おかしな方向に走るより、我慢して健全な方向に進んでもらいたい。
ともかく、一党独裁政権を産まない様、何らかの法的縛りは必要だと思います。
#1183[2014/12/16 21:12]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (4)    →ビーストハンター 第2話 東京租界に死す (3)