シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

珈琲人生論

珈琲人生論

珈琲人生論

私にとって
あれほど 嫌いなものはなかった珈琲が
いつの間にか とっても好きになりました
苦いばかりに思ってた 褐色に濁った液体の
味さえも 分かるようになりました
今夜も 誰も向かい合う人のいない
木椅子に ひとりで腰掛けて
珈琲カップを 傾けています

この一杯の 珈琲は
まるで 忘れかけていた人生論
いにしえの昔から 人はこうして
手にしたカップの 濁り水の中に
よどんでは ぼやけかけていた
二度とかえらぬ 美しい思い出を
果たし得なかった 悔恨の苦さを
かき回して 飲み干してきたのでしょう
そして ふとため息をついたのでしょう

あなたと出会って そして 失ってから…

いつしか 私も大の珈琲人生論者になりました
今ではすっかり 友達になってしまった珈琲を
毎晩カップに注いでは あおる様に飲んでいます
まるで 人生を飲み干すように…
あなたの 思い出を飲み干すように…


※ 済みません。今週は鬱になります。いや、鬱にならして下さい(謝罪)
  人は誰でも、忘れようにも忘れられない出来事があります。それは自分にだってあります。
  あの災悪の「1月17日」が過ぎたら、また元に戻って一人で歩いて行きます。


you'd be so nice to come home to=「帰ってくれたら嬉しいわ」と言うJazzの名曲です。
帰ってくれたら嬉しいですが、二度と帰らぬ人もいます…本家「ヘレン・メリル」以下、名歌手の競演でどうぞ。

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←零時50分発 不幸行    →生と死 序章

~ Comment ~


阪神大震災が起きた日がまたきますね。
都市部におきる大地震の怖さを思い知らされた記憶は未だ消えません。
いつまでもその傷は残るのでしょうね。
#1308[2015/01/13 01:27]  マウントエレファント  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1309[2015/01/13 08:02]     

私の伯父夫婦も被災しました。住んでいたアパートが倒壊しましたが、幸い伯母が無傷で逃げられたので、人を呼ぶことが出来、家具の下敷きになっていた伯父もなんとか助け出されました。
それでも、折れたまま二十四時間以上放置された脚は、今もなお引きずっています……。

災害や事故はイヤです。親しい人が突然に奪われてしまうというのは恐ろしいことです。
あの災害で亡くなった全ての方のご冥福をお祈りいたします。

#1310[2015/01/13 09:01]  椿  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 阪神大震災が起きた日がまたきますね。
> 都市部におきる大地震の怖さを思い知らされた記憶は未だ消えません。
> いつまでもその傷は残るのでしょうね。

昨日まで、傍で元気に笑っていた人が、突然、予告も無く消えてしまう…
経験した人でないと、なかなかその辛さは実感出来ないだろうと思います。
私が、テロや戦争にナーバスになるのは、その傷が疼くからだと思います。
#1311[2015/01/13 10:03]  sado jo  URL 

Re: y様 COありがとうございます^

そう…あの日はまさに戦争でした。
真冬なのに周囲が焼け付くように熱く、バスケットボール大の火の粉が降って来ました。
逃げ惑う人々の悲鳴や、泣き叫ぶ人の声…自分は必死になって家族を探しました。
そんな経験をした人は、テロも、戦争も、災害も、他人事にはなりません。
人の命が理不尽に奪われて行くのを、黙って見過ごす事は出来ないのです。
確かにあれから不眠症になり、珈琲愛飲家になりましたね(苦笑)
#1312[2015/01/13 10:09]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

そうですね。傷は確実に残ります…身体の傷もですが、心の傷の方が大きいです。
今でも大型トラックが通って家が揺れると、フラッシュバックして目が覚めます。
私も災害で大切な人を亡くしました…しかし、人為的な事故や、テロ・戦争は避けられます。
過激派や戦争屋は、一度自身で「死」を体験してみるとよいと思います。
その恐怖がどんなものか?身をもって実感すればバカな事はしなくなるでしょう。
#1313[2015/01/13 10:31]  sado jo  URL 

辛い記憶を持ったまま時がいくら過ぎても、
その辛い記憶は消える事はないんですよね。
大事な人は消えてしまっても、辛い事があったという記憶は残り続けてしまう。
辛い時はやっぱり辛いものですし、鬱になるのも仕方がないですよね。
今は無理せずにゆっくりと過ごして下さいね。
#1314[2015/01/13 20:28]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

ありがとうございます^^
遊び回った思い出は消えてしまうのに、辛かった思い出は消えませんよね~
今週はフランスの事件が引き金となり、あの日消えた命を思い出してしまいました。
筆が進まなくて小説が書けないので、来週に影響が出やしないかと心配です><
まァ、トビトビになった場合はご勘弁下さい。
#1315[2015/01/13 21:30]  sado jo  URL 

負の感情の方が強いからでしょうね
自分も精神崩壊で喜怒哀楽を感じなくなったときでさえ、負の感情は感じることができましたからね

もっともそのときは違和感という形で、でしたが

ちなみに自分はビールが嫌いだったんですが、ベルギービールを飲んでから、すっかりビール党になりましたw

嫌いは好きになる可能性がある
その逆も然り

全部ではないですが、そういうことって確かにありますね
#1316[2015/01/13 23:22]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

哀しい事に愛は儚いものですが、負の感情、憎しみは時を越えて続く様ですね。
某宗教同士の憎しみ合いは、もう千年以上も続いています><
どうやって子供に次々と憎しみを伝達してるのか?不思議な位呆れ返りますよ。
多分、神様同士は喧嘩して無いと思います。人間が勝手にやってるんですね。
#1317[2015/01/14 00:48]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1318[2015/01/14 21:11]     

Re: m様 COありがとうございます^^

お心遣いありがとうございます^^
毎年、1月17日が近づくと思い出して落ち込むのですが、今年は一段とひどいです><
多分、あの衝撃的なテロのニュースを見たせいだろうと思います。
人の命は簡単に奪ってよいものでは無く。失われてよいものでもありませんからね。
#1319[2015/01/15 00:51]  sado jo  URL 

こんばんわ
子供の頃は苦手でも、大人になると平気になることはあるなと思いました。
#1322[2015/01/15 19:06]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> 子供の頃は苦手でも、大人になると平気になることはあるなと思いました。

おっしゃる通り、お酒や珈琲などはそうかも知れませんね^^
私の場合は、好きになった切っ掛けが切っ掛けだけに、余り喜べませんでした。
#1324[2015/01/15 21:33]  sado jo  URL 

こんばんは。

とても、心にしみいる詩ですね・・。鬱の日は、しっかり思い出と時を過ごして下さい。

私も、毎日、珈琲を飲んでいます。
以前は、インスタントでしたが、今は、簡単サイフォンで作っています♪
美味しいですね
#2335[2015/07/25 00:22]  冴恵  URL 

Re: 冴恵様 COありがとうございます^^

> とても、心にしみいる詩ですね・・。鬱の日は、しっかり思い出と時を過ごして下さい。

毎年、1月17日=阪神大震災の日が近付くと決まって鬱状態になります。
70年前の8月6日、9日…4年前の3月11日を経験した人も、私と同じ状態になると思います。
心の痛みと言うものはいつまで経っても消えないものですね><
珈琲は、インスタントよりも煎った豆を立てた方が美味しいでしょ^^
#2336[2015/07/25 01:08]  sado jo  URL 

いい詩ですね。
ジンと来ました。
あの日には、つらい思い出があるのですね。
濁り水の中によどんでいる苦い記憶も、
ひとつの思い出として飲み干せば、
それも人生の重い1ページになるのでしょうか。
ヘレン・メリルの“you'd be so nice to come home to”
都会の憂愁。好きな曲のひとつです。
#5077[2016/11/27 11:45]  ☆バーソ☆  URL  [Edit]

Re: バーソ様COありがとうございます^^

> あの日には、つらい思い出があるのですね。
> それも人生の重い1ページになるのでしょうか。

ありがとうございます^^
忘れようとしても、どうしても辛い記憶は甦ってしまいます。
自分には人生の重い1ページになってしまってますね~

“you'd be so nice to come home to”…は名曲ですよね~
ジャズ喫茶でブラックコーヒーを傾けながら聴きたい曲です♪
#5078[2016/11/27 15:31]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←零時50分発 不幸行    →生と死 序章