シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(2)

ゼロ戦

 たちまち対空機関砲は、台風になぎ倒された木のように折れ、首の無い機銃手がぐったりともたれ掛かって死んでいた。
 ハマラの町に容赦ない猛爆撃を加え終えた飛行機の編隊は、町の上空をゆっくりと旋廻し始めた。
 かろうじて生き残った黒覆面の兵士は、爆撃をまぬがれたビルの窓から機銃を突き出して狙いを付けた。
 編隊を離れて舞い降りて来た一機の飛行機が、空中を滑るようにゆっくりと近づいて来た。
 それは、彼が少年の頃に歴史の教科書で見たある飛行機に似ていた。
「ゼロ戦だっ!」イギリス出身のイスラム過激派戦闘員は思わず叫んだ。
 ド!ド!ド!ド!ド!ド!ドッ!
 次の瞬間、彼は機関銃を撃つ間も無く、20ミリ機関砲の斉射を喰らって、肉片となって飛び散っていた。
 町の上空を旋廻するゼロ戦の編隊は、わずかでも動く物を見つけると、鷹のように急降下して襲い掛かって行った。
 逃げようと走り出した幾人かの兵士は、7.62ミリ機銃の弾丸を全身に浴びて、死のダンスを踊りながら死んだ。
 町の外に逃げ出そうとしたジープは、20ミリ機関砲の一撃を喰らって吹き飛ばされ、横転して燃え上がった。
 焼け焦げた死体を乗せたまま転がっているジープのバックに、かすかに「JIMNY」の文字が読み取れた。
「自分の国の車を撃つって、あんまり気分のいいもんじゃねぇな~」
「俺は外身より、中身の方がチョーキモイ!」
「あァ、イスラム過激派の丸焼きな…豚も食わねぇ(笑)」

 バラ!バラ!バラ!バラ!バラ!バラッ!
 西の空から日の丸のマークを付けた二機のオスプレイMV-22がやって来て、砂漠に着陸した。
 後部デッキが開いて二台の装甲車を吐き出し、その後に、完全武装した40人ほどの陸上自衛隊員が続いた。
 そうして、辺りを警戒しながらゆっくりとハマラの町の中に入って行った。
 しばらくして、散発的な銃声が鳴り響き、火ダルマになったイスラム蛮国の兵士が家の中から転がり出た。
 自衛隊員たちが、わずかに生き残った残党を火炎放射器であぶり出し、掃討しているのだった。
 やがて、町の中央に高々と日の丸の旗が掲げられた。陸上自衛隊によるハマラの制圧が完全に完了したのだ。
 それを見届けたゼロ戦の編隊は、翼を振ってエールを送ると西の空に飛び去って行った。
 この日、日本からやって来た12機のゼロ戦が砂漠の空に舞った。
 その正体は、ひとまず置いて次回以降に明かす事にしよう。

 トルコの南東、イスカンダル湾に面したイスカンデルンは風光明媚な港湾都市だ。
 読んで字の如く町の名は、あのアレクサンダー大王に因んでおり、北には彼がペルシャ軍を破ったイッソスの戦場がある。
 紀元前333年10月、覇王・アレクサンダーは、この地において強大なペルシャ軍を撃破し、東方へと進撃を開始した。
 その縁起のいいイスカンデルンの沖合いに、旭日旗をはためかせる二隻の巨大な船が浮かんでいた。
 DDH型護衛艦「ひゅうが」と「いずも」の後継艦であり、海上自衛隊が誇る「あまぎ」と「ひたち」であった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 


イスラム国の人質になっていた後藤健二さんが、人々の祈りも虚しく、無残に虐殺されたとのニュースが入りました。
奥様は産まれて間もない乳飲み子を抱えて未亡人になってしまった訳です…何か言い様の無い怒りが込み上げて来ます。
宗教を信じる者が罪も無い人を殺す?それが宗教だと言うなら「イスラム教」は断じて宗教では無く「殺人の教え」です。
そもそもイスラム教に、神に代って裁きを下す代理人「バチカン法王」の如き指導者はいないのですか?
世界のイスラム教徒が、こぞって過激派に「破門宣告」を下すまで、今後「イスラム教」を宗教とは認めません。

※殺害前の動画で、後藤さんは目の瞬きでモールス信号を送っていたとの話があります。
 「奴らに屈して自分を助けようとするな」 (リンク)死の間際まで男として毅然としていたのがせめてもの救いです。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(3)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(1) ~ビーストハンター外伝~
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


こんにちは^^

数年前に聞いた話で、確かセスナ機で飛んでいると向こうから今では飛んでいない、レアード複葉機とすれ違いざまに 接触してしまい、
後日セスナ機の方が、過去の事件からその複葉機を知ることになり、
その複葉機を見に行くと接触部分に自分のセスナ機の金属片が見つかった。って言うのを思い出しました。
過去を飛ぶってあるのですかね。タイムスリップなのでしょうか^0^
#1402[2015/02/01 08:34]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

量子論では仮説的に、時間を司る素粒子があると言う話もあります。
理論上は宇宙には様々な時間が存在しており、バミューダ海域などはその一つなのかな?
でも、ミクロの世界は常に移動していて、必ずしもマクロな実世界の現象とは一致しません。
原子レベルでは、物質にタイムスリップが起きていても何ら不思議では無いです。
しかし、マクロの世界では「人間が突然若返った」などと言う現象は起こり得ませんね。
まァ、実世界でそんな事が可能なら「女性は永遠の乙女」になれます(笑)
#1403[2015/02/01 14:09]  sado jo  URL 

イスラム教にたいするイメージが悪くなり、まっとうなイスラム教徒まで白い目でみられる恐れもありますよね。
きな臭い感じになってきて、空恐ろしいです。
#1404[2015/02/01 16:28]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> イスラム教にたいするイメージが悪くなり、まっとうなイスラム教徒まで白い目でみられる恐れもありますよね。
> きな臭い感じになってきて、空恐ろしいです。

フランスのテロ以来、ヨーロッパではイスラム迫害が盛んになってますからね~
内部の腐った膿を出そうとしないイスラム側にも責任があるのでは無いでしょうか?
エジプトやパキスタンでは、イスラム国に賛同するデモも起きたりしてますから><
変な団結力だけあって、自浄能力の無い集団は、宗教でも企業でも誤解されますよね。
日本も巻き込んだ、キリスト対イスラムの第三次世界大戦にならない事を祈ります。
#1405[2015/02/01 16:47]  sado jo  URL 

日の丸のマークを付けた二機のオスプレイと陸自の隊員達ですか~。
この物語では中東に派兵をした日本なのか、それとも他に理由が……?
ゼロ戦も気になりますが、この世界の情勢も気になりますね|`・ω・´)
#1406[2015/02/01 18:41]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 日の丸のマークを付けた二機のオスプレイと陸自の隊員達ですか~。
> この物語では中東に派兵をした日本なのか、それとも他に理由が……?
> ゼロ戦も気になりますが、この世界の情勢も気になりますね|`・ω・´)

物語の中では、日本の集団的自衛権がついに発動されました!
そうならざるを得ない、ある重大な事件が日本で起こったからです。
日本をを揺るがした一大事とは何か?…そして突如飛来したゼロ戦の謎とは?
次回を楽しみにお待ち下さい♪
#1407[2015/02/01 19:30]  sado jo  URL 

空戦の恐ろしさを感じさせられました。
実際のイスラム国でもこの様な、それ以上に無残な状態なのだと思います。
彼らがゼロ戦のような、空爆機を手に入れたらどうなるのだろうか、、
そんな事を考えさせられました。

後藤さんの事はかなりのショックと心が痛くてたまりません。
善良な支援をする方は世界でも少ないというのに、そんな貴重な方の命を取るとは人のすることではないと思います。
悪魔が背後にいるのでは、、とふと思ったりします。
#1679[2015/03/20 13:10]  描き姫  URL 

Re: 描き姫様 COありがとうございます^^

> 彼らがゼロ戦のような、空爆機を手に入れたらどうなるのだろうか、、
> そんな事を考えさせられました。

後で随筆を掲載しますが、米国が開発した無人機は、実はテロの格好の武器になります。
自爆せずとも、無人機に爆弾を積むだけで、大勢の人を殺傷できるテロが可能になります。

> 後藤さんの事はかなりのショックと心が痛くてたまりません。

人の命を真剣に考える人が犠牲になり、命を無視する人間がのうのうと生きている。
「進撃の巨人」では無いですが、つくづく世界は残酷で、不条理に満ちていると思います。
そんな生き方しかして来なかった人間の歴史…これは神の罰なんでしょうかね?><
#1683[2015/03/20 14:46]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(3)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(1) ~ビーストハンター外伝~