シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(3)

いずも

 全長280メートル、基準排水量25000トン、33ノットの高速で洋上を走る、空母型護衛艦。
 大きさだけならあの戦艦「大和」を凌ぎ、飛行甲板は旧日本海軍の空母「赤城」を越える長さを持っている。
 だが、その飛行甲板にジェット機を発進させるカタパルトはない。元来は対潜ヘリを搭載するために建造された船だからだ。
 一見、ヘリ母艦としては無駄に大きいように見える二隻の船は、実は多目的空母としても使えるある秘密が隠されていた。
 そんな「あまぎ」と「ひたち」の姉妹艦が、何の目的でシリアの国境に近いイスカンデルンの沖合いに停泊しているのか?
 その理由は一年以上も前にさかのぼる。

<第二節:眠れる獅子は立つ!>

 在位30年を迎えられた天皇陛下は、迎賓館に各国の要人や大使を招かれて晩餐会を催された。
 だが、その晩餐会の最中に思わぬ悲劇が襲い掛かった。
 突然、押し入って来た七人のイスラムテロリストが、カラシニコフを乱射し、手榴弾を投げつけたのだ。
 ただちに駈け付けた皇宮警察によって、三人は射殺されたが、二人は逃亡し、テロリストの二人が自爆した。
 天皇陛下と皇太子殿下はかろうじて難を逃れられたが、各国の代表21人がイスラムテロの犠牲となった。
 世界は、日本の皇室行事に付け入ったイスラムテロリストを激しく非難し、天皇と日本へ弔慰のメッセージを送った。
 しかし、被害を受けた日本はもっと深刻な方向へと動いた。テロで重傷を負われていた皇太子妃殿下が亡くなられたのだ。
 民間より皇室に嫁がれ、明るい笑顔で国民に愛され続けた妃殿下の死は、日本国民に大きな衝撃を与えた。
 責任を問われた宮内庁と警察庁の懸命の捜査から、さらに一層の驚愕の事実が浮かび上がった。
 職員の中にテロリストを手引きした者がいたのだ。事実が判明した時には、すでに容疑者はシリアに出国していた。

 ここに至って国民の怒りは爆発した。シリアを拠点とするイスラム蛮国を討つべし!妃殿下の仇を取るべし!
 政府は集団的自衛権を行使せよ!自衛隊は中東に向けて出撃せよ!
 もう、誰にも止められなかった。反対した一部の人々は、国民から「非国民」呼ばわりされ吊るし上げを食った。
 野党各党も国民感情を恐れた。敢て異を唱えれば、次の選挙ですべての議席を失う事は明白だったからだ。
 圧倒的な国民の支持を背景に、内閣総理大臣「阿藤晋蔵」は自衛隊による集団自衛権の行使を決定した。

 世界各国で、その国の象徴的な存在を標的にし、恐怖を煽って来たイスラムテロリストは、ここに来て重大な誤ちを犯した。
 日本において皇室を標的にした事が、恐怖どころか日本人の民族的感情に火を付けてしまったのだ。
 巷では、在日イスラム教徒が迫害され、モスクが焼き討ちに遭い、多くのイスラム教徒が出国を余儀なくされた。
 自衛隊の戦力行使が避けられぬ状況となった防衛省では、早速、戦略会議が開かれ、一人の人物に白羽の矢が当った。
 葛城忠誠海将。幕僚の中でもさほど目立たず「昼行灯」と呼ばれながら淡々と任務をこなして来た彼は、定年間近であった。
 目に入れても痛くない孫と遊び、家族の団らんを何よりも大事にし、家では蝿やゴキブリを殺すのもためらうような男だった。
「それでよく軍人になれたわね」そう妻が呆れ果てるほど、凡庸で温厚な海将は、しかし、ある一つの特徴を備えていた。
 与えられた任務に忠実…つまり、何の感情も制約も挟まず、冷静に敵に立ち向かえる本物の軍人であった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 


お断りして置きますが、私はいわゆる右翼なる人ではありません…最近は右寄りなファンの方も増えてますが(笑)
架空戦記物を書かれる「荒巻義雄さん」や「かわぐちかいじさん」も、よく右翼的な作家と勘違いされるそうです。
しかし、それならば「機動戦士ガンダム」も「マクロス」も「宇宙戦艦ヤマト」も右翼的な作品の部類に入ってしまいます。
真相は、あの方々も私も、戦争(戦い)の中にドラマチックな要素がたくさんあるから書いてるだけなのです。
戦う男のロマンと、戦う男に惹かれる女性の心理は、とても絵になり、一層ドラマを盛り上げる要素でもあります。
戦争は現実には無い方がいいと思います。ただ日本人が、他国や悪の勢力に黙って屈するのは如何なものでしょうか?
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
もくじ  3kaku_s_L.png ▼ゴジラ奇譚
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←誇大妄想「イスラム帝国」シュミレーション(笑う…しかない)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(2)

~ Comment ~


こんにちは^^

戦う男性のロマンとそれに惹かれる女性。
いいものですね^^
3歩下がっての時代ではないですけど、
尊敬できるっていうのは惹かれる要素であります。
戦争って小さい時は、過去のものだと思い込んでいました。
今も消え去ることなく、存在していて、ドラマや映画の中で見た光景が
いつやってくるのかと思うと恐ろしいです。
#1408[2015/02/03 08:18]  yume-mi  URL  [Edit]

こんにちは^^

本当に近未来というか、後に現実として起こりうる話ですね。
個人的には愛する人が戦争に行ってしまうのは哀しいです。
非国民と言われても戦場へと駆り出されるのは心ない兵器ではなく人間なのですから。
ところで、8人いたテロリストが3人射殺、2人逃亡、2人自爆。あと1人は?(笑)
個人的には神を冒涜する連中は全員跡形もなく消えてほしいんですけどね。
#1409[2015/02/03 10:46]  西條すみれ  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 戦う男性のロマンとそれに惹かれる女性。
> いいものですね^^
> 3歩下がっての時代ではないですけど、
> 尊敬できるっていうのは惹かれる要素であります。

名作映画はほとんどその構図になってますね~^^
「戦う男」「愛する女」そして「戦争」。何でこんなに絵になるんでしょうか?
戦争は嫌だと言いながら、男は戦うのが好き。女は戦う男が好き。戦場はロマン。
未来永劫に変らぬ人間の業(カルマ)なんでしょうかね~><
#1410[2015/02/03 15:19]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> 本当に近未来というか、後に現実として起こりうる話ですね。
> 個人的には愛する人が戦争に行ってしまうのは哀しいです。
> 非国民と言われても戦場へと駆り出されるのは心ない兵器ではなく人間なのですから。
> ところで、8人いたテロリストが3人射殺、2人逃亡、2人自爆。あと1人は?(笑)

皇室がテロリストの標的になる可能性は大きいです。
国を象徴する存在であり、国民に恐怖を与える宣伝効果は絶大ですからね。
日本が危うい状況下ですから、警察はしっかり警護して差し上げて欲しいです。
誰しも戦争へは行きたく無い…でも、その状況を作るのも、また国民なんですね~><

おぉ!ミステーク(笑)てっきり7人だと思ってました。8と書いてましたか。
#1411[2015/02/03 15:23]  sado jo  URL 

昼行灯と呼ばれた大石内蔵助のような葛城忠誠海将の活躍が楽しみです。
#1412[2015/02/03 20:24]  マウントエレファント  URL  [Edit]

民主主義国家では民意がものを言いますし、
この物語の様に何かの切っ掛けで、
一気に集団的自衛権に支持に傾く可能性もありますもんね~。

与えられた任務に忠実、感情で動くよりも、
個人的には淡々と何かをこなす人の方が怖いような気がします^^;
今後の活躍に期待ですね~。
#1413[2015/02/03 20:48]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 昼行灯と呼ばれた大石内蔵助のような葛城忠誠海将の活躍が楽しみです。

ははは…もう、ネタバレしましたか(笑)
葛城忠誠海将(忠誠と言う名に意味があります)は、大石内蔵助+山本五十六です。
ゼロ戦は赤穂浪士となり、これは忠臣蔵+連合艦隊の仇討ち物語なんですね~^^
大石は見事、吉良イスラム蛮国に討ち入って、殿…いや、姫の仇を討てるでしょうか?
日本人が好きな仇討ち物語「忠臣蔵」を、時事ネタにアレンジしてます。
#1414[2015/02/03 21:48]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 民主主義国家では民意がものを言いますし、
> この物語の様に何かの切っ掛けで、
> 一気に集団的自衛権に支持に傾く可能性もありますもんね~。

皇室(天皇)がテロ被害を受けたとなると、日本人は黙っちゃいませんよね。
日本の世論は、一気に主戦論に傾くのは間違い無いです。

> 与えられた任務に忠実、感情で動くよりも、
> 個人的には淡々と何かをこなす人の方が怖いような気がします^^;

興奮ぜずに黙って敵を撃てる…この手の軍人は確かに恐ろしいです(笑)
#1415[2015/02/03 21:59]  sado jo  URL 

このお話、現実になってもおかしくない内容ですね。
皇室が標的になったらどうなるのか
小説を読ませて頂いてよりリアルに感じました。

戦う男性は女性には分からないロマンがあるのですね^^
#1703[2015/03/24 21:36]  描き姫  URL 

Re: 描き姫様 COありがとうございます^^

イギリス王室もそうですが、各国には標的にしてはならない存在があります。
騎士道や武士道などの道義が生きてた頃は、ちゃんとそれが守られてました。
でも今のテロや戦争は、道議も何も無く民間人も巻き込まれるただの殺戮です><
もはや、戦う男のロマンも何も無いゲスの戦いになってますよ(嘆)
#1706[2015/03/24 22:24]  sado jo  URL 

もしも皇室がテロの攻撃に遭ったら私もブチキレますね。
日本国家と全日本人を攻撃したのと同様ですから。
象徴ですからね。許せないですよ。
でも、そう感情的になるどこかで、戦争はしないで、且つ屈せず、倒したい(解決したい)と願っているんです(;^_^A
へっぴり腰と言われようとも、テロリストの為に血が流れる事が、一番悔しいので…(-_-;)
#2173[2015/07/01 05:28]  ヘタリーナ風鈴  URL 

Re: ヘタリーナ風鈴様 COありがとうございます^^

> もしも皇室がテロの攻撃に遭ったら私もブチキレますね。
> 日本国家と全日本人を攻撃したのと同様ですから。象徴ですからね。許せないですよ。

皇室テロが起きた場合、まず日本人が総決起するのは間違いないですね。
後から後から、カミカゼ志願者が出て、イスラム過激派の首を取りに行くでしょう。
そう思えば、一見大人しく見える日本人は、実はとっても恐い民族だったりして(笑)
#2174[2015/07/01 13:43]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←誇大妄想「イスラム帝国」シュミレーション(笑う…しかない)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(2)