シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(5)

着艦

<第三節:オタクたちの肖像>

「お~い、帰って来たぞ~!」甲板の上にいた甲板員が叫んだ。
 風上に向かっていたDDH護衛艦「あまぎ」の速度がグン!と上がって、海面が切り裂かれて行く。
 夕暮れの東の空から、誘導ヘリ「やたがらす」に先導された機影の群れが近づいて来た。
「風向き南南西、風速6ノット、着艦条件よ~し。降下されたし」
 甲板員は、手旗信号で着艦準備完了の合図を送った。
「ゼロ戦 鷹部隊着艦します」
 高度を下げたゼロ戦隊が、次々と滑るようにあまぎの甲板に舞い降りて来た。
 そして最後に、空母までゼロ戦隊をエスコートして来たやたがらすが、ゆっくりと甲板に着艦した
 ただちに整備員たちが駆け出して来てゼロ戦の側に寄った。だが、ゼロ戦の風防はまったく開く気配がない。
 ヘリのドアを開けたやたがらすの搭乗員たちは、すでに機体から降りて来て、ヘルメットを脱いで歩き始めていた。
 なのに、なぜゼロ戦からは誰も降りて来ないのだろうか?

 その時、艦橋のドアがゆっくり開いて、頭に日の丸の鉢巻を巻き、太平洋戦争当時の飛行服を来た一団が姿を現した。
 お互いに何やらガヤガヤ喋りながら歩いて来た者たちは、およそ飛行士には似つかわしくない連中だった。

「お~い、わての熊鷹大丈夫やったか~?」小太りした若い男が、そう整備員に声を掛けた。
「あたしの綾鷹ちゃん。怪我してな~い?」搭乗員の服装をした女性が心配そうに尋ねた。
「熊鷹は異常な~し…擦り傷一つありません」整備員はそう答えた
「綾鷹は、ちょっと爆煙を被ったのか?塗装が剥げてますね~」別の整備員が言った。
「あら、やだ~!ちゃんとお化粧直ししといてね~」女性は笑いながら言った。

 彼らこそがゼロ戦の搭乗員…いや、オペレーターだったのだ。すると目の前にあるゼロ戦は一体…?
 整備員がやおら立ったままで風防を開けた…本来なら、梯子を使わなければゼロ戦のコクピットには届かないはずだが?
 開いたコクピットには、ぎっしりとコンピューター機器が並んでいた。このゼロ戦には最初から誰も乗っていなかったのだ。

 全長4.7メートル。翼長5.8メートル。高さは、成人女子の平均身長より低い1.52メートル。
 それは第二次大戦中、太平洋を所狭しと暴れ回ったあの零式艦上戦闘機の、1/2サイズのミニチュア無人戦闘機だった。
 イスラム蛮国の兵士たちが戸惑ったのも無理はない。相手が小さい上に、ちょこまかと動き回られたのだ。
 しかも、500キロ以上の速度で飛ばれては、近接戦闘では撃ち落とそうにも照準の合わせようがない。
 それは日本が開発した「零式無人艦上攻撃機 NA-22型」レシプロ機では世界最高の性能を誇る無人攻撃機だった。
 スピードや運動性能に優れ、ミサイルや爆弾から魚雷まで、多彩な兵装が可能な究極の無人機なのだった。
 その開発にまつわる話は、また後ほどする事にしようと思う。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<驚愕の事実!イスラム国は自衛隊一個師団にすら勝てない>
近代戦は兵士の数では無く、軍の装備と火力によって勝敗が決定します。
もし、自衛隊一個師団(7000名)が近代装備と圧倒的な火力をもってISILと交戦すれば、問題無く圧勝します。
(▼) 圧倒的な近代装備と火力を有する「陸上自衛隊」の実力をご覧下さい。



試算によると、仮に中国軍が20万の陸上自衛隊と戦うには、その5倍に当る100万の兵を必要とすると言われています。
しかし現実には、100万の軍隊を日本に上陸させる海上輸送力は中国には無く、漁船を総動員しても不可能な数字です。
よって現在は、日本と中国が本気で戦争する事はあり得ません。テロでも無い限り日本は平和です(笑)
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(6)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(4)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


成程! そういうことだったのですね。
だからゼロ戦だったのか。
クール!
#1450[2015/02/10 08:40]  椿  URL 

こんにちは^^

平均身長より低い私です。1.52メートル……う~ん、どうでしょう(笑)。
自衛隊一個師団にすら勝てないという情報とこの前の5年後の図を重ねて考えたら
つい笑ってしまいました。本当に子供がクレヨンで描いた空想の絵みたいですね。
子供が描く分にはかわいいですが、大人が描いてもピカソにはなれないのに。
しかし、アニメの小柄な女の子も身長調べてみると
1.52メートルはそれと同じかやや小さいorz
#1451[2015/02/10 10:33]  西條すみれ  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 成程! そういうことだったのですね。
> だからゼロ戦だったのか。
> クール!

すわっ!甦った亡霊か?…いいぇ、最新装備のゼロ戦型無人機でした。
これなら、操作するオペレーターもヤル気満々になるでしょうね~
ゲーム好きな方はやってみませんか?「只今、ゼロ戦オペレーター募集中!男女問わず。時給高額 ~海上自衛隊~」なんてね(笑)
#1452[2015/02/10 15:01]  sado jo  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

山椒は小粒でもピリリ!と辛いが、ISILは図体デカいだけのでくの坊だった(笑)
自衛隊「富士総合火力展示演習」映画のスタッフだった頃、研究の為見に行きました。
但し、観客席に限りがあって、チケットが入手困難な「プラチナチケット」です。
一般人が、リアルに実弾が飛び交う様を目の前で見れるのは、ココだけですから♪
野砲と戦車の破壊力には驚きます。人間が塵になりそう…当りたくは無いですね(笑)
#1453[2015/02/10 15:23]  sado jo  URL 

ゲームに強いオタクたちが、無人機を操って楽しんでいるというわけですね。
戦争もゲーム感覚で。
未来的です。
#1454[2015/02/10 21:32]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> ゲームに強いオタクたちが、無人機を操って楽しんでいるというわけですね。
> 戦争もゲーム感覚で。未来的です。

実は、小説 「ビーストハンター」 を書く切っ掛けになったのがソレでした。
「ゲーム感覚で人が殺される時代。人の命が軽い存在になった時代。なぜ?」
だから、今回の事件は「ビーストハンター」の原点にもなるものです。
互いに人を簡単に殺す…人間は、人類は何処へ行こうとしてるんでしょうか?
#1455[2015/02/11 00:01]  sado jo  URL 

無人攻撃機だったんですね~。
それにしてもミサイルを搭載しての対空戦闘から、
爆弾での対地、魚雷での対艦戦闘まで出来るなんて凄いですね~^^
#1456[2015/02/11 20:00]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 無人攻撃機だったんですね~。
> それにしてもミサイルを搭載しての対空戦闘から、
> 爆弾での対地、魚雷での対艦戦闘まで出来るなんて凄いですね~^^

今、米国が無人機のジェット化を進めてますが、将来はマルチロール型無人戦闘機が主流になるんでしょうね。
もう、パイロットでは無く、ゲーマーが空中戦をやる時代になるかもです^^
ゲームオタクの皆様、腕を磨いて下さい。将来の就職先は決まりです♪
「無人機を操作してイスラム国へ爆撃ゲームに行こう」ある意味恐い(笑)
#1457[2015/02/11 20:17]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(6)    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(4)