シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

2012年人類滅亡説は本当だった! ~僅か一週間差で回避された危機~

太陽フレア

西暦2012年に人類は滅亡する!
三年前、そんなオカルトめいた風評があちこちで出回り、大騒ぎになった事がありました。
元々は、天文学に優れた中米「マヤ文明」の暦が、西暦2012年で途切れていたと言う事からだったらしいのです。
実際、三年前は色んなマスコミでも派手に取り上げられ、ハリウッドでは「2012」などと言う映画まで作られました。
しかし、実際は何事も起る事無く今日を迎えました。まずは、めでたし、めでたしと思いたい所だったのですが…
何と最近になって、空の上では大変な事が起こっていた事実が、NASA(米航空宇宙局)から発表されました。
実は「マヤの予言」は見事に的中していたのです…いや、あわや的中する寸前だったのです。
NASAによると、2012年に恐るべき太陽嵐(フレア)が地球に襲い掛かろうとしていたらしいです。
幸い、地球公転軌道の誤差で直撃を免れましたが、7日と言えば宇宙の距離感覚ではタッチの差と言う事になります。
生活の全てをITに頼っている現代社会において、我々はすんでの所で地球規模の大惨事に見舞われる所だったのです。
経済どころか、交通も全て麻痺し、危うく原子力発電所のメルトダウンや核兵器の誤作動が起り得る事態だったそうです。


2012年 太陽嵐(フレア)で地球滅亡って?

マヤ人がどうしてそれを知っていたのか?は、さて置くとしましょう。
実は地球には、毎日300~500個の隕石が降り注いでいます。また、年に数回は彗星や小惑星が地球の側を通過します。
宇宙では、たくさんの恒星や惑星が、彗星や隕石が、衝突し合って消滅する様子が天体望遠鏡で観測されてもいます。
いつ大惨事が起こってもちっともおかしくは無いのです。宇宙とは元々がその様に出来ているからです。
今日踏まれなかった蟻は、偶然難を逃れただけで、明日誰かが歩けば、瞬時にしてその命を終えます。
宇宙とはそんなもので、我々人類はたまたまの奇跡的な偶然によって生かされているに過ぎません。
その自覚すら無しに、あちこちでのほほんと紛争をやってる人間達は、宇宙の危うさを知らなさ過ぎます。
そんな連中のちっぽけな考えなどは、アッ!という間に吹き飛ぶ日がすぐそこまで来ているかも知れないのです。
我々は、すでに戦場よりも危険な場所に生を受け、偶然の幸運で弾に当らずに生き残ってるに過ぎない訳です。
「目を覚ませ馬鹿者共!」 くだらん争いをしている連中にそう言ってやりたい気がします。
明日、我々は生きていないかも知れないのです。明日、人類は滅びるかも知れないのです。
偶然の奇跡に頼って生きるしか無い人類は、もっと自身や他の生命を、地球を大切にしなければなりません。

人類、危機一髪「太陽嵐」あわや! (産経ニュースリンク)

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<相互リンクのお願い>
ブログを辞められたり、休止された方々が多くなって、リンク切れのブログが増えてしまいました。
それぞれの方々の生活事情もあると思いますので、残念ですがこれは致し方ない事だと思います。
よろしければ、相互リンクを希望される方は、その旨コメント等いただければリンクさせていただきます^^
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←ロシア人に警告する    →命ある者と 命なき物

~ Comment ~


こんにちは♪

たった1秒で合わなかった事故などありますよね。
看板が落ちて亡くなられた女性なんてそうですよね(☍﹏⁰)。

そう思うと、普段わたしたちも凄い偶然で
生かされていて、また一瞬で事故にも合い、被害者にも
また加害者にもなりえると言う事ですよね。。。

毎日、隕石がそんな数、飛んできているのですか?
その一つでも、悪いことをしようとしている人の頭に
ガツンって命中すればいいのに૮(꒦ິཅ꒦ິ)
#1561[2015/03/02 07:11]  yume-mi  URL  [Edit]

こんにちは^^

獲物に群がる蟻でもそれを見ていた子供に踏まれるかもしれない。
あるいはどこぞの国のように首をもがれたりして遊ばれるかもしれない。
宇宙という大きな存在からすると確かに人間なんてその程度のちっぽけな存在ですね。
蟻はそうしないと生きられないくても、戦争紛争なんてそれ以下ですが
このままこの悪い流れが止まらないならいっそ滅んだほうが良かったのかもしれない。
生ある限り死は誰にだって等しく訪れますしね。
#1562[2015/03/02 09:16]  西條すみれ  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> たった1秒で合わなかった事故などありますよね。
> そう思うと、普段わたしたちも凄い偶然で 生かされていて、

私の友人は、大勢の人が死んだ「JR尼崎列車事故」で、タッチの差でその列車に乗らずに命が助かりました。天の加護?いや確かに善い人間ですがね(笑)

> 毎日、隕石がそんな数、飛んできているのですか?
> その一つでも、悪いことをしようとしている人の頭にガツンって命中すればいいのに

ははは…隕石がコントロール出来たら、テロリストのISやアルカイダとか、ウクライナで暴れる親ロシア派とか、その黒幕で、野党のリーダーを暗殺するプーチン大統領の頭に当てたいですよね…世界平和の為に♪
#1563[2015/03/02 13:12]  sado jo  URL 

日常が続いているってそれだけで奇跡ですよね。
宇宙単位で起きていることを考えると、人間が何千年も何ごともなく生きているってことが凄いと思います。
まあ、宇宙にしてみれば何千年くらい、大した時間ではないんでしょうけど(^_^;)
#1564[2015/03/02 13:26]  椿  URL 

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> 獲物に群がる蟻でもそれを見ていた子供に踏まれるかもしれない。
> あるいはどこぞの国のように首をもがれたりして遊ばれるかもしれない。
> 宇宙という大きな存在からすると確かに人間なんてその程度のちっぽけな存在ですね。

宇宙で起きている現象を見る限り、人間が生きてるのは、ほんの偶然の奇跡に思えます。
最も、生物は5回程宇宙の洗礼に遭って絶滅し、僅かな生残りが進化して来たんですがね。
核爆弾など、宇宙の力に比べれば子供のオモチャ…人間などペシャンコに踏まれる蟻同様。
人類がくだらん戦争してそんなに死にたいなら、宇宙がいつでも丸ごと殺してくれます(笑)
#1565[2015/03/02 13:37]  sado jo  URL 

Re: 椿様 COありがとうございます^^

> 日常が続いているってそれだけで奇跡ですよね。
> 宇宙単位で起きていることを考えると、人間が何千年も何ごともなく生きているってことが凄いと思います。

阪神や東北の大震災など比べものにならない規模の宇宙災害!
それに遭わずに生きていられる…人間は奇跡的な幸運をありがたく思うべきです^^
現実には小さなもので数十回、大きな宇宙力による大絶滅は5回確認されています。
その度に種族や、全生命が絶滅の危機に瀕しました。よくぞ生き残ったものです。
それを思うと人の政治的な争いや戦争など、神に逆らう蟻の知恵でしか無いです(笑)
#1566[2015/03/02 13:59]  sado jo  URL 

実はもう太陽フレアでうちらは死んでるねん(´・ω・`)
今いるのは分岐した未来なんだよ!
#1567[2015/03/02 14:06]  しまうさぎ  URL  [Edit]

Re: しまうさぎ様 COありがとうございます^^

> 実はもう太陽フレアでうちらは死んでるねん(´・ω・`)
> 今いるのは分岐した未来なんだよ!

おっしゃる通り「マヤの予言」通り、2012年に人類はすでに滅んでて、太陽フレアで頭が狂った連中が異世界に飛ばされて亡霊になった?と考えれば、今の馬鹿げた世界の有様は納得出来ます(笑)
しかし、亡霊になってまで殺し合いをすると言う人類は神でも救えませんね~><
#1568[2015/03/02 14:39]  sado jo  URL 

そんなピンチに見舞われていたとは…。
怖い。
今後ものほほんとはしていられませんね。
#1569[2015/03/02 20:18]  マウントエレファント  URL  [Edit]

あの時、少しでもタイミングがずれていたら……。
宇宙規模だけではなく、実際の身近な生活でもそんな事がありますが、
本当にちょっとタイミングが違っていたら、
滅亡していてもおかしくないから怖いものですね(><。)
#1570[2015/03/02 20:26]  ツバサ  URL 

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> そんなピンチに見舞われていたとは…怖い。
> 今後ものほほんとはしていられませんね。

宇宙規模の災悪は、人類の小さな力では防ぎようがありません。
我々は地球と言う壊れやすい小船で、嵐の中に漕ぎ出している様なものです。
だけに、今の生を大切にし、共に生きている他の命を尊重しなければなりませんね^^
#1571[2015/03/02 21:18]  sado jo  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> あの時、少しでもタイミングがずれていたら……。
> 宇宙規模だけではなく、実際の身近な生活でもそんな事がありますが、

そもそも産まれて来た事自体が、何百億分の一の確率ですから幸運だと言えます^^
その運の強さが色々作用して、かろうじて生きているのが人間なんでしょうね(笑)
さて、悪業を繰り返す事の多い人類は、いつまでその幸運が続くのでしょうか?
もしや、恐竜は弱肉強食の度が過ぎて、彗星ドッカ~ン!で運が尽きたのかな?(笑)
#1572[2015/03/02 21:31]  sado jo  URL 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1575[2015/03/03 23:10]     

Re: m様 COありがとうございます^^

ノストラダムスの予言は根拠が無いですが、マヤの予言は暦と言う根拠がありました。
どうして、マヤ人は太陽の活動の周期が分かったんでしょうね?
今までに生命は5回の大絶滅を経験してますから、人類もいつかは滅びるのでしょう。
これは地震予知より難しい。明日か?1万年後か?命は大事にしなければなりませんね^^
#1576[2015/03/04 00:24]  sado jo  URL 

確かに真面目な話怖かったですね。
聞いた瞬間は確かに本当に来たらどうしようかと思いました。
フレアで星が滅ぶ。。。そういうのもあっておかしくないですからね。
#1641[2015/03/14 13:50]  LandM  URL 

Re: LandM様 COありがとうございます^^

> 聞いた瞬間は確かに本当に来たらどうしようかと思いました。
> フレアで星が滅ぶ。。。そういうのもあっておかしくないですからね。

地球は、過去にも五回ほど大きな天体と衝突してますからね~
今の人類なる生物は、偶然に災難に見舞われず運よく生き延びてるだけです。
それを思えば、戦争や環境破壊をして自ら地球を壊すのはバカげた行為ですよ。
度々コメントいただいてるし、よろしければリンクいたしましょうか?
#1643[2015/03/14 17:29]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ロシア人に警告する    →命ある者と 命なき物