シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

随想/論文集

命ある者と 命なき物

アメリカンスナイパー

クリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」が、全米で大ヒットしたそうです(日本は2月21日封切)
物語は、38歳で160人の敵兵を殺したNavy SEALs「クリス・カイル兵長」のドキュメンタリー手記をドラマ化したものです。
しかし、現実はもっとシビアで、アメリカ軍には27歳で1600人の敵兵?を殺した人物が存在していました。
彼の軍務期間は五年間。休日を除けば、ざっと一日当り一人を殺し続けた勘定になります。
どうしてそんなすごい離れ業が出来たのでしょうか?これからそのお話をして行きたいと思います。

人間は太古の石器時代から、いかに効率よく相手を殺すかを研究し、兵器を開発して来ました。
その無益な研究の末にたどり着いた究極の兵器が、一瞬で大量の人間を殺し、街を焼き払う原子爆弾でした。
しかし、それに飽き足らない人類は、最近さらに恐ろしい悪魔の無人殺人兵器を開発する事に成功しました。
この兵器は、単に敵の兵士の肉体を殺すだけで無く、それを操る味方の兵士の精神(心)をも殺す様に出来ています。
この兵器によって、戦争に勝利した側も多くの精神病質者(サイコパス)を輩出し、ついには社会が病んで滅びるのです。
「銃の乱射」「テロ」「無差別殺人」などの命を軽視した犯罪が(アメリカで)多発するのはなぜでしょうか?

アメリカ軍は味方の犠牲を無くす為、命を持たないロボットで、命を持つ人間の命を奪うと言う決断を下しました。
しかしこれは、彼らが祈りを捧げる神に照らぜば、神の教えに背く、不条理で理不尽極まりない選択に他なりません。
肉体を殺すのと心を殺すのは、どちらが罪が重いでしょうか?今、人類は確実に命を見つめ直す局面に来ています。

戦闘用のロボットが人間を襲う。映画の世界が現実になろうとしています。 (リンク先:NHK クローズアップ現代)

最近、グーグル社が開発した軍用犬型ロボット「SPOT」が話題になっています。
人に蹴られても、よろめきながら健気に踏ん張るSPOTの動画を見た多くの人が、何かの倫理観に目覚めた様です。
「犬が可哀想だ」「いや、相手はロボットだ」「動物虐待だ」「機械は動物では無い」
などと、ネットではあちこちから意見が寄せられているそうです。あなたはどう思われますか?



日本人は「鉄腕アトム」や「ドラえもん」に代表される様に、ロボットも魂あるものとして扱って来ました。
これは古来より「全ての物質は魂を宿す」と言う付喪神(つくもかみ)の観念を持つ日本人ならではの発想です。
案外日本人は、人間と機械のあり方…お互いの関係を一番よく知っているのでは無いでしょうか?

リンク先のMさんが「マザー」と言う小説を書かれてますので、よろしければ参考までにご覧下さい。

<アルパカ星へようこそ>より、短編小説 「マザー」

にほんブログ村 小説ブログへ

 


<病みつつあるアメリカ>
第二次大戦当時のアメリカ兵は、殺した敵兵のポケットから出て来た家族の写真を見て泣いたそうです。
自分が殺した敵兵の死を悼んで泣く…数十年前までは、確かに人間らしいアメリカ人がいたのです。
現在、何千キロ離れた場所から無人機を操って敵を殺した米兵は、果たしてその死を悼むでしょうか?
もし、自分が無人機のオペレーターだったら、こう考えて罪の意識を消そうとするかも知れません。
「な~に、奴はゲームの中のゾンビだ。ゲームをリセットしたら、また生き返って来るさ」と…
テロリストが元々残虐だったのではありません。貴方達がテロリストを残虐にしてしまったのです。
今後の戦争は、命を物の様に扱う過酷な闘争になるでしょう。貴方達がその原因を作っってしまったのです。
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←2012年人類滅亡説は本当だった! ~僅か一週間差で回避された危機~    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(9)

~ Comment ~


こんにちは^^

一番身近なところでは最近ソ○トバンクからペッ○ーなるロボットが開発されましたね。
私としてもこうしたロボットの登場に危機感を感じています。
戦闘用が開発される懸念ももちろんそうですが
労働用が開発されると労働者が減るのではないのかと。今後の未来が考えものですね。
#1547[2015/02/28 07:44]  西條すみれ  URL 

こんにちは!

例え機械であっても動いている=生きていると
認識して見てしまうから、蹴られる個所では
やっぱり胸が痛みますね。
じゃすでに息絶えた実際の犬を 蹴っているシーンを見たとしても、
それも凄く苦痛で見れない事を思うと、何か相手に危害を与えていると
思うことが、嫌な残虐な行為に思えるのでしょうか。

機械ロボが出始めたころに、そのうち機械に操られて
人間が全部やられちゃうのではと思っていたけど
実際ありえてきますね(☍﹏⁰)。
#1548[2015/02/28 08:04]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: すみれ様 COありがとうございます^^

> 私としてもこうしたロボットの登場に危機感を感じています。
> 戦闘用が開発される懸念ももちろんそうですが
> 労働用が開発されると労働者が減るのではないのかと。今後の未来が考えものですね。

寧ろ、恐いのは人間もロボットの一種だと考える人達がいることです。
産業革命の頃の資本家は、労働者を機械と同じ様に考えていましたし、
日本軍やドイツ軍の幹部は、兵隊は消耗品だと考えていました。
偉くなればなるほど、そんな考え方を持つ様です。はて?庶民はロボットか?(笑)
#1549[2015/02/28 12:31]  sado jo  URL 

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> 例え機械であっても動いている=生きていると
> 認識して見てしまうから、蹴られる個所では、やっぱり胸が痛みますね。

人間は苦痛を感じますが、機械は苦痛を感じません。
機械は無感情で人を殺しますが、人は怒りや憎しみから人を殺します。
ところが最近、無人攻撃機オペレーターや、川崎の中一殺人犯の様に、無感情で人を殺せる人間が増えて来ています。
I.Tの進化は、確実に人間の精神を蝕んでいます。それが恐いです><
#1550[2015/02/28 12:48]  sado jo  URL 

深い話ですね。
心がどこにあるか。
モノはモノ。
そう割り切れないのがヒトという生き物だと願いたいですがね。
#1551[2015/02/28 15:05]  LandM  URL 

Re: LandM様 COありがとうございます^^

> モノはモノ。
> そう割り切れないのがヒトという生き物だと願いたいですがね。

物には魂がある(付喪神)と言う観念を、日本人がいつから持ったかは不明です。
多分、四季のある豊かな自然と共存して来た民族だからこそ出来たのかも知れません。
日本人は道具を大切にし、作った物も大事にし、それらと一体化しようとします。
刀は武士の心…なんて考え方は、海外のどんな民族も持っていません。
彼らにとっては機械は機械、道具は道具でしかありません(笑)
面白い話ですが、大戦中「ゼロ戦」は日本人の操縦士しか扱えなかったそうです。
ゼロ戦は日本人向きに作られた戦闘機で、飛行機と一体になれてこそ力が発揮出来る。
なので、ロボットを一番有意義に扱えるのは日本人だと思いますね^^
#1552[2015/02/28 17:25]  sado jo  URL 

これまで生きてきた環境、気候や家庭環境なんかの影響は大きいと思う今日この頃です

自分の職場は人数が多いせいか、大半の連中が意思を持たない機械のような奴らです

ITの弊害が生みだした、人の形をした何か得体の知れないもの、って感じです
某ゲームのように襲ってこないだけマシですが

昔のジブリ映画、「天空の城ラピュタ」に出てくる以下のセリフを、最近はその通りだと思うことが多いですね

「人は、大地がなければ生きられない(こんな感じだったと思いますwいかんせん記憶が定かでないので)」
#1553[2015/02/28 17:44]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

確かに、人が人である為の最低限の条件は「心がある」事ですね^^
無人機で1600人を殺した米軍の「ブランドン・ブライアント氏」は任務を続ける内に、自分がゾンビの様になってしまったと語っています。
今も重いPTSD症に苦しんでるそうです。罪悪を感じる心がある証拠だと思います。
しかし、ゲームの様な殺人に適応して、無感覚になってしまう人間もいます。
そんな人間が社会に溢れた時どうなるか?それが今アメリカ社会で起きている事です。
#1554[2015/02/28 18:30]  sado jo  URL 

単に敵を殺す事だけを見れば、
無人機やロボットを使って殺すというのは非常に合理的ではありますが、
相手の死を直接感じられないと、人から心というものを奪っていくような気がします。
もちろん、ロボットも介護分野などで使うメリットもあるのですが、
ここのところは難しい問題ですね(><。)
#1555[2015/02/28 22:13]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 単に敵を殺す事だけを見れば、
> 無人機やロボットを使って殺すというのは非常に合理的ではありますが、
> 相手の死を直接感じられないと、人から心というものを奪っていくような気がします。

今問題になってるのは、まさにそこの所です。
アメリカが爆殺ゲームをやるから、お返しに首斬りゲームをやる、と言う感覚。
ネットで人の命をもてあそび、死の感覚を遠ざけて無感覚になろうとしている。
そこには騎士の決闘の如く真剣な命のやり取りは無い!お遊びにしか見えない!
これじゃァ、命をもてあそばれて死んで行った者は、たまらないです。
こんな死に対する無感覚が、世界中に蔓延したらどうなるか?恐ろしい事です><
#1556[2015/03/01 00:13]  sado jo  URL 

ショートショートの紹介をしていただき、ありがとうございました。
ロボットと生活するとなれば、情は移るものです。
そうなると、簡単に廃棄することはできませんよね。
倫理も問われそうです。
難しいことになりそうです。
#1557[2015/03/01 15:52]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> ショートショートの紹介をしていただき、ありがとうございました。
> ロボットと生活するとなれば、情は移るものです。
> そうなると、簡単に廃棄することはできませんよね。

どういたしまして^^
「マザー」は人間とロボットの関係を描いたとても良い作品だと思います。
私は十年前の腕時計を愛用してますが、とてもそれを只の機械だとは思えません。
自分の一部の様なもので、壊れたり失ったら随分淋しい思いをすると思います。
そんな風に愛着を感じる物って、もはや只の物とは言えないと思いますけどね。
#1558[2015/03/01 17:15]  sado jo  URL 

こんばんわ
技術の進歩は便利な反面
危険も増えていると思います。
#1559[2015/03/01 20:18]  ネリム  URL  [Edit]

Re: ネリム様 COありがとうございます^^

> 技術の進歩は便利な反面、危険も増えていると思います。

おっしゃる通りです。それが民間で平和利用されるなら大歓迎ですが…
軍事目的となるとね~>< 次回は無人機ドローンテロの危険について随筆を書きます。
一万円から買える無人ドローン。使い方次第では大変恐ろしい事になります。
#1560[2015/03/01 21:29]  sado jo  URL 

拝見させていただきました☆

とても難しい内容ですね。
考えさせられます。

ロボットも作り手が気持ちを込めて作ってるでしょうから、例えロボットに魂は無くても、作り手の想いは入ってるのではないでしょうか、、?

工場生産で作られたロボットだとしても、元は人によって作られた物。

作り手の想いは宿るのかもしれません、、。


人と人が殺しあったり、機械を使って人の命を奪うそのような内容は心が痛くなります。

#1573[2015/03/03 01:26]  描き姫  URL 

Re: 描き姫様 COありがとうございます^^

> 工場生産で作られたロボットだとしても、元は人によって作られた物。
> 作り手の想いは宿るのかもしれません、、。
> 人と人が殺しあったり、機械を使って人の命を奪うそのような内容は心が痛くなります。

路傍の石仏にも魂が宿る…誰かが心を込めて作ったお地蔵さんを拝むのが日本人です。
昔の女性は着物一枚でも、親から子へ、子から孫へと受け継ぎましたよね~
形は着物でも、受け継ぐのは魂…人の想いを大切にする日本人は、命も尊重します^^
その伝統が失われ、命をただの物の様に扱う兇悪な犯罪が増えてるのは悲しいです><
私の好きな水銀燈嬢を描いていただいた事だし、よろしければリンク致しましょうか?
#1574[2015/03/03 13:21]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←2012年人類滅亡説は本当だった! ~僅か一週間差で回避された危機~    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(9)