シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(10)

シェフィールド

<第四節:遠来の友>

 イスラム蛮国の補給基地「ハマラ」の攻略に成功した葛城は、艦隊をトルコのイスカンダル湾からシリアに移した。
 トルコと違って、シリア沖に停泊する事は公然たる領海侵犯になる。だが意外な事にシリア政府はこれを黙認した。
 日本は欧米やロシアと違って、中東に領土的な野心はない。来たのをこれ幸いに反体制派を叩くのに利用してやろう。
 狐のように狡猾なシリアのアルド大統領は、そう考えたのだろう。

 ブゥ~!ブゥ~!ブゥ~!突如、旗艦「ひだか」の艦内に警報が鳴り渡った。
「不審船が接近して来た。全員戦闘位置に着け!」艦長の大内一左がただちに命令を下した。
 DDH空母型護衛艦「あまぎ」と「ひたち」を囲んで警護していた七隻の護衛艦の砲塔が一斉に洋上に向けられた。
 一瞬ピリピリとした緊張が走った。ミサイルや魚雷を撃たれたらひとたまりもないからだ。

 現代の艦隊は、過剰なまでに警備を厳重にしている。それもそのはず、現代の軍艦には昔のような分厚い鉄の装甲がない。
 大砲を撃ち合った昔の海戦と違い、兵器の破壊力が格段に増した近代戦では、どんな分厚い装甲をしても役には立たない。
 鉄の装甲は船が重くなるだけで無駄である。従って、現代の軍艦はミサイルや魚雷を一発喰らったら、たちまち沈没する。
 それは、1900年のフォークランド紛争で、イギリスの駆逐艦がたった一発の対艦ミサイルで撃沈されたのを見ても分かる。
 その代わり、レーダーなどの電子機器を中心とした防御システムと、強大な破壊力を持つミサイルなどの兵器を備えている。
 だから、3000トンにも満たない駆逐艦でも、第二次大戦当時の何万トンもの戦艦や空母を、一撃で葬り去る能力があるのだ。
 昔と今では船も戦い方もすべてが違う。近代戦とは、コンピューターとミサイルを駆使した電子戦なのである。
 現在アメリカが誇る「空母打撃群(旧機動部隊)」と呼ばれる艦隊編成もその近代戦に基づいて構成されている。
 航空能力を持つ空母、対ミサイル防御能力を持つイージス艦、対潜駆逐能力を持つフリゲート艦を組合せてできている。
 ただ、長距離弾道ミサイルが存在する現代では、かっての機動部隊のように陸上攻撃能力が充分あるとは言いがたい。
 むしろ、敵に対する示威行動と、素早く洋上を移動して敵の出鼻を挫く戦略的防衛がその大きな役割だろう。
 ちなみに歴史上、空母を中心とした艦隊を運用した経験を持つのは、アメリカとイギリス、そして日本だけである。
 その経験を生かすなら、四方を海に囲まれた日本の防衛には、やはり空母打撃群を用いるのがうってつけであろう。

「小さいな」双眼鏡を向けて洋上を見ていた葛城は言った。
「魚雷艇か、ミサイル艇でしょうか?」同じ様にして双眼鏡を覗き込んでいた艦長が言った。
「かもしれん。攻撃してくるつもりかな?」
「照準合わせっ!撃ち方よ~い!」艦長の大内一左の指示がとんだ。
 イージス艦「ひだか」のMod4 62口径速射砲がグ~ッ!と動いて、不審船に照準を合わせた。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(11)    →ロシア人に警告する
*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1589[2015/03/06 07:34]     

Re: y様 COありがとうございます^^

先日、レイテ沖海戦で撃沈された「戦艦武蔵」の船体が発見されたそうです。
たった二年の寿命だった巨大戦艦は、最大で40Cmの鋼鉄の装甲をしてたとか…
それでも、今のミサイル兵器の前には、ガラス同様でまったく歯が立ちません。
今の軍艦はブリキの船と言われる位軽いですよ…但し、原子炉を積んだ軍艦は分厚い鉛の防護をしますから重いです。

> 目には目をでの、両目を失明させた刑で手術で目を失明させる刑
ですか?人間の精神は、4000年前のハンムラビ王の時代から一向に進化していません。
「人を殺したら死刑」が原則ですから、21世紀の人類も大して差は無いと思います。
4000年前同様に戦争もしますし(笑)いつになったら野蛮から抜け出せるんだろう?
#1590[2015/03/06 12:20]  sado jo  URL 

なるほど、あまりにも破壊力が強くなると、重さよりもこちらもまけない破壊力をもったミサイルを積み、レーダーで正確に命中させる方を選んだほうが賢いということになるんですね。
勉強になります。
#1593[2015/03/06 20:57]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

火縄銃が出来たので、騎士の鉄鎧が無駄になった。みたいなもんです(笑)
私の街にも造船所があって、自衛隊の最新型潜水艦を作ってるそうですが、
最新の魚雷は「戦艦大和」を一発で沈められるとか…何だか夢が無いですね~
兵器産業で食ってる人もいるので…とは思いますが、軍拡競争は無益な気が><
#1594[2015/03/06 21:47]  sado jo  URL 

不審船が何故近づいて来たのか、
目的が気になるところですね(`・ω・´;)
攻撃が目的なのか、それとも別の目的が?
続き楽しみに待ってます^^
#1597[2015/03/07 23:42]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> 不審船が何故近づいて来たのか、
> 目的が気になるところですね(`・ω・´;)
> 攻撃が目的なのか、それとも別の目的が?

一触即発!…って感じですよね~
現代の軍艦はミサイルや魚雷に弱いから、一発喰らったら大変です。
先に撃つか?待つか?今の艦隊司令官って、難しい判断が要求されますね。
#1598[2015/03/08 00:12]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(11)    →ロシア人に警告する