シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

未分類

砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(11)

ペシュメルガ

「ちょっと待てっ!どうも普通のクルーザーのようだ」葛城は艦長の大内一左を制止した。
「何か発光信号を出してるようですな」慌てて双眼鏡を覗き直した大内一左も、それを確認した。
「ふむ、ふむ、そうか…どうも防衛省から連絡のあったクルド人のようだな」
「あァ、ペシュメルガのカンダハル…何とか言う将軍ですか?」
「船に白旗を立ててるぞ。間違いない。そのカンダハル・ザイード将軍だろう」
「どうされます?」
「一応、乗船させる。私は下に下りて出迎えるから、後は頼んだよ」
 葛城は大内一左にそう言って艦橋を下りて行った。

 イージス艦「ひだか」に係留された小型のクルーザーから三人の人物が甲板に上がって来た。
 一人は顎鬚をたくわえたいかにも戦士らしい大柄な男。一人はヨーロッパ人と見間違うような若い好青年。
 そしてもう一人は頭にヒジャブを巻いた年の頃17歳くらいの少女だった。
「初めまして、ザイード将軍。私が当艦隊の指揮を執っている葛城です」
 葛城は大柄な男に挨拶をしながら手を差し出した。
 すると、それを聞いた若い青年が、大柄な男に何やら耳打ちした。
「お招きに預かり光栄です、葛城閣下。私はペシュメルガの指揮官、カンダハル・ザイードと申します」
 若い青年はザイードの言葉を日本語に通訳して葛城に伝えた。
「こりゃ、驚いた。あなたは日本語がお出来になるのですな。いや~、通訳は要りませんでしたな」
 葛城は連れて来たクルド語の通訳の隊員を見ながら笑った。
「部下のオマル・シュタルクはトルコの出身でして、国際援助隊の日本の教師に学校で日本語を学びました。それから…」
 と言って、ザイードはシュタルクの後ろに恥ずかしそうに隠れている少女の手を引っ張った。
「娘のスラバニです。連れて来るつもりは無かったんですが、付いて来てしまいまして…」
 ザイードはそう言いながら照れ笑いをした。
「それは、それは、娘さんでしたか。ようこそひだかへ…歓迎しますよ」
「まァ、何と言いますかスラバニとオマルはホレッ…そんな仲でして、連れて来た方が安全でもありますので…」
「よく分かります。お国は戦場ですからなァ…父親として娘の安全を考えるのは当然ですよ」
「いや、お恥ずかしい」
「立ち話もなんですから、取り合えず船の中へご案内しましょう」
 そう言って葛城は部下を連れて先に立って甲板を歩き出した。
「それにしても立派な船ですな~…向こうの二隻の軍艦などはまるで山のように見えます」
「あァ、あまぎとひたちですか。日本では一番大きな護衛艦になります」
 そう言ってザイードと葛城が見やった先には、海に浮かぶ巨城のような二隻のDDH護衛艦の雄姿があった。

~続く~

にほんブログ村 小説ブログへ

 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼地球年代記 ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←父さんが見つけてやっからな ~娘を潜水捜索、宮城・石巻~    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(10)
*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~


こんにちは^^

通訳できる方って憧れます。
日本語って母国だから話せるけど、
~を~は~が~の~も・・・
こういう語尾の最後を?自然に話してはいるけど

きっと日本語を話せないなら、
とても難しい言葉だと感じました(笑)
だけど言葉を伝えるって難しいものですね。まして文章だと余計に
読む方により受け取り方も変わってきますものね。

#1599[2015/03/08 07:36]  yume-mi  URL  [Edit]

Re: yume-mi様 COありがとうございます^^

> きっと日本語を話せないなら、
> とても難しい言葉だと感じました(笑)
> だけど言葉を伝えるって難しいものですね。まして文章だと余計に
> 読む方により受け取り方も変わってきますものね。

日本語は、世界で一番難しい言語体系を持つと言われています。
表現が多岐に渡る為、使い方を一歩間違えると、誤解を生じやすいのです。
小説を書く時いつも悩みます。微妙な表現が出来る代りに、選択肢が多すぎて><
それだけ複雑な言語を使いこなす日本人は、大変頭の良い民族だと思います(笑)
#1600[2015/03/08 11:04]  sado jo  URL 

危うくというとこでしたね。
これからどうなるか楽しみです。
#1601[2015/03/08 16:18]  マウントエレファント  URL  [Edit]

Re: マウントエレファント様 COありがとうございます^^

> 危うくというとこでしたね。
> これからどうなるか楽しみです。

やって来たのはクルド軍(ペシュメルガ)の司令官でした。
中東でISと戦ってるクルド人…ところが日本はトルコとの外交上、クルド人を認めてません。
縁故を頼って避難して来た多くのクルド人を、けんもほろろに追い返してるそうです。
臨機に対応出来ない日本政府><…実は国連調査では、日本の人権は中国・韓国の少し上(笑)
特に女性の人権は、発展途上国並みにランクされてます。エッ?ベスト20にも入らないの?
よく、それで文明国だと言えたもんだなァ(笑)あァ、こっぱずかしい(*≧∀≦)ゞ
さて、我らが葛城海将は、どんな「大岡裁き」の手腕を発揮するんでしょうか?^^
#1602[2015/03/08 18:25]  sado jo  URL 

ああ、ペシュメルガの将軍が乗っていたんですね~。
てっきり敵襲だとばかり思っていました(笑)
それにしても、艦内でどんな話し合いをするんでしょうね?(´・ω・`)?
#1603[2015/03/08 20:13]  ツバサ  URL 

Re: ツバサ様 COありがとうございます^^

> それにしても、艦内でどんな話し合いをするんでしょうね?(´・ω・`)?

国交を結ぶ?…まさか、トルコにさえ弱腰の日本政府がそんな事する訳無い(笑)
でも、内密での共同作戦はありそうですね。どんな作戦でしょうか?
日本の艦隊と、勇敢な少女兵士のいるペシュメルガ…その実力や如何に!ですね^^
#1604[2015/03/08 20:47]  sado jo  URL 

難解な言語というか特殊な?言語は、日本語以外ではヘブライ語ですかね

そう考えると、日本とイスラエルは、いろいろと共通点があるのかもしれません

中東の外交をイスラエル寄りに転換したのは、ある意味必然か?

って思えなくもないですw
#1605[2015/03/08 21:40]  blackout  URL 

Re: blackout様 COありがとうございます^^

> 難解な言語というか特殊な?言語は、日本語以外ではヘブライ語ですかね
> そう考えると、日本とイスラエルは、いろいろと共通点があるのかもしれません

確かに、両方とも世界に二つと無い頭のいい民族ですよね~^^
でも、商売や外交はイスラエルの方が上手いなァ…技術は日本が上♪
もしかして、文学部出身と、理工学部出身になるんでしょうかね?
ダビデがジェリコの砦を叫び声で陥したら、その音波を磁気テープに変換して利用するのが日本人かな?(笑)
#1606[2015/03/08 22:08]  sado jo  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←父さんが見つけてやっからな ~娘を潜水捜索、宮城・石巻~    →砂漠のゼロ戦 - Desert of ZERO -(10)